テーマ:旅行

丹波焼 最古の登り窯| 丹波立杭焼きの郷巡り

皆さんは、登り窯を見た事ありますか? 私は穴窯さえも見たことがありませんでした。 私が知っている窯は、電気釜や、灯油窯ですから、陶芸イコール電気釜の感覚がつよいんですね。 ・・・・ちょっと恥ずかしい。 当然テレビでは見たことはあります。 でも、 自分の陶芸と登り窯って結びつかいないんです。 ましてや、こんな窯見た事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丹波焼の郷 |弥生の美 ー土器に宿る造形と意匠ー 兵庫陶芸美術館

 世界で最初に陶器が出来たところはどこでしょう? それは、日本です。 陶芸の技術は中国や韓国などの大陸から伝わったと思ってますが、さにあらず。 最も、人類はアフリカで生まれて全世界に広がりましたから、その意味では、大陸から伝わったと言っても間違いはないでしょうが。。  小学校か中学校の歴史で縄文土器や弥生土器などについて、勉強をし…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

丹波焼の郷 窯元路歩き|立杭 陶の郷 日本遺産 登窯

こんにちは!兵庫県の丹波の郷に陶芸の勉強に行って来ました。 枚方から車で一時間程の距離ですから、大変近くて行こうと思ったら、いつでも行けるところです。 この地域は、丹波焼と立杭焼きで有名で、日本の六古窯のひとつですね。 六古窯は、瀬戸、常滑、信楽、備前、越前。。そして、丹波焼。 立杭は丹波の一地域の地名で、西の和田寺山、東に虚…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

世界遺産 宇治 平等院

久々に近くて遠い、宇治の平等院に行って来ました。 家内がここが好きで、海外から来たお客さんたちに奨めている場所の一つです。 ここは、平成24年から改修が始まって、26年の4月から、観覧が出来るようになりました。 下の写真にあるように改修の前後では、まったく違った景色になります。 これが改修の後、今回訪問して撮影した写真です。 何や…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

南アフリカ旅行  これだけは知っておきたい初めて旅のヒント

南アフリカ旅行へのちょっとしたヒント(大事な)です。 パスポート・ビザ:南アフリカ出国時から、30日以上の残存有効期間があること。 又、2ページ以上の余白査証欄が必要ビザは、90日いないの滞在であれば不要       入国書類・税関:入国カードなし。 税関申告書類必要。(ガイドブックには要らないとありますが) 飛行機内で必要な書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南アフリカ旅行 ドラケンスバーグ(世界遺産)

南アフリカ旅行もいよいよ佳境に入ってきました。 今回は、3000m級の山々と断崖、深い谷が連なるドラケンスバーグです。 ドラケンスバーグはアフリカーンスで 『Dragon=竜』、ズール語で、『槍の壁』を意味するように、景観から竜、自然の城壁とも言える勇壮な姿は見る者を圧倒します。    レソト(Lesotho)と言う国があるのを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南アフリカ旅行 グレーター・セント・ルシア湿地公園

南アフリカで、最初に世界遺産に認定された地域です(もしかしたら、アフリカで最初?)。  正式な名称はiSimangaliso Wetland Park(イシマンガリソ湿地公園)と言い、以前はセントルシア Wetlandと言われていたそうです。KwaZulu-Natal(クワズール)の東海岸沿い、ダーバンから北方275kmにあります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南アフリカ旅行 サファリ シュルシュルウエーImfolozi ズールランド

 南アフリカには、鳥獣類の保護地区が沢山あります。 英語ではGame Reserveと言います。 自然保護区で、今回はズールランドにあるサファリーです。  まずはズールランドですが、かつてキング・シャカが築いた強大な軍事王国を築いたズール族の暮らす土地です。 スールランドは、南アフリカ北東岸のインド洋に面した一帯で、北にモザンピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南アフリカ旅行 ズールーランド (ズールダンス)

南アフリカ旅行 第2弾   今回はダーバンから外れてアフリカらしい話題に、アフリカの最大の部族のZuluについて書きます。 前回のブログのように、ダーバンの新国際空港はキング・シャカ国際空港と言います。 キングシャカはZulu族の偉大なる王様だけではなく、黒人の英雄と言うことです。  1816年にシャカはズール一族の王位につき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南アフリカ旅行 ダーバン

 南アフリカの旅行から、帰国しました。行く前の想像とは違い、素晴らしい経験なりました。  今回はダーバン編です。  ダーバンは、南アフリカでヨハネスブルグ、ケープタウンに次ぐ3番目の都市です。 又、ダーバン港(ナタール港)はアフリカ最大の港町、世界でも9番目。  空港は、キング・シャカ国際空港と言います。 この空港はダーバン市街地…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

南アフリカ旅行 事前準備編 (南アフリカ ダーバン)

 南アフリカへ3月末から、4月初めまで約10日間ほど旅行の予定です。 ダーバンの夏は10月から、3月位まで、 冬は5月頃から。。。良いシーズンかと。。日本と真逆の気候です。  初めての、南アフリカへの旅行ですので、これから、準備と旅行の為の情報の収集をして行きます。  飛行ルートですが、日本⇒中近東⇒南アフリカ そして、 日本…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

陶芸 (練り込み)

新年明けましておめでとうございます。 本年も健康で輝かしき年でありますようお祈りいたしております。 ベニスビーチ Photographed by Julian T. (次男)クインシー(ボストン)  綺麗な太陽 世界中、どこに行っても同じはずが、中近東では灼熱の鬼の太陽。。見方、環境で同じものも違って見える。。。これ不思議…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

陶芸(干支 お猿) Three Wise Monkey

 前回作ったお猿の評判が良く、陶芸教室の生徒さんから褒められました。 お世辞とは良く分かっているのですが、皆から、有名な例のお猿さんを作ってとの要望があり、又又、調子に乗って作って見ました。  褒められれば豚でも木に登ると言いますが、まさにこれです。。。。 この様なフィギャーは風船にして作るのですが、陶芸仲間から、石膏で作った、丸の風…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

陶芸(2015.4.25), ゴルフ

今週は後半はお天気が良く、長袖ではちょっと暑くなって来ました。  南部生涯学習センター陶芸教室の抽選結果が届きました。 見事『落選』でした。 木曜日の午後のクラスですが 定員20名の応募に対して29名の応募があり、27位との事。 単なる抽選の結果ですがやっぱりいい気分はしません。 と言ってたら、事務局から電話があり、土曜日の夜のコー…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

平成27年お正月

 明けましておめでとうございます。 今年も皆様にとって健康で良い年になることを祈っております。 正月から、予期せぬ大雪で周りの景色が真っ白になり、心身ともにリフレッシュされた感じで今年も良い年になりそうです。 この写真は南アフリカから正月のため、帰国している長男が取ったものです。なぜか白黒写真です。 自分なら、カラーで取るのです…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

回顧録 (ザイール、コンゴ民主共和国)

 飛行機で、日本を立ってから、23時間もかかりました。 スイスのチューリッヒを経由して、サウジアラビアのジェッダへ降りて、そして、キンシャサへ。 キンシャサはザイールの首都です。 人口約900万人を抱えるアフリカ有数の大都市です。今はコンゴ民主共和国と言います。  飛行場に到着すると、飛行場以外は真っ暗で何も見えません。そこに、4人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

油彩(ギリシャ、 サントリーニ島)

 多くの方がギリシャへ行ったことがあると思います。  あの、アテネの丘にそびえるアクロポリスもいいですね。 長い間の風雨にさらされながら、今でもあの形が保存されていて、アクロポリスの柱を触ると、本当に歴史を感じるのです。  アクロポリスとは、小高い丘の事らしいです。アクロポリスは「高いところ、城市」を意味し、防壁で固められた自然の丘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅行

10年ぶりにNYへ行ってきました。ちょうどクリスマスシーズンで飛行機が込み合い予約が取れず、2~3日の旅行のつもりでしたが、結局は9日間の旅行になってしまいました。 法律みたいなものも結構変わっていて、今後アメリカへ旅行される人のために参考情報です。 EATA(電子渡航申請システム アメリカへビザなしで入国するにはESTAと言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more