アクセスカウンタ

ノーマン趣味悠々

プロフィール

ブログ名
ノーマン趣味悠々
ブログ紹介
 今日も生かされてる太陽の光を浴びると、その有難さに感謝!! ゴルフ、陶芸、ギターを中心に、その他、水泳、ジム、デッサン、水彩画、油彩、彫刻(彫塑)など。
 陶芸はもう何年やっているのか、毎年毎年数百点の作品をつくり、未だに失敗の連続と新たな発見。 陶芸は奥が深いし楽しい。
 おっさんバンドデビューも近いギター。 音楽は良いね! ギターの音色が、気分を最高にしてくれます。
 音楽の才能はないけど、毎日弾いていれば努力は嘘をつかない。昭和の歌謡曲を中心に、たまにはカントリーも。 下手だけど音楽って楽しい。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ノーマン陶芸放浪記 ぐいのみ 赤絵付け プロとの差
ノーマン陶芸放浪記 ぐいのみ 赤絵付け プロとの差 昨日に引き続き、上絵付の話です。今日は、やる気まんまんで京都まで。 でも、京都って近いようで遠いですね。 家を出発したのが8時10分過ぎ。 到着が9時半過ぎ。 やはり今日も一時間半もかかったしまった。まずは施釉の仕上げから、昨日施釉した作品30点ほどを仕上げます。 陶芸教室での施釉は今から考えると結構、手抜きです。 百円ショップでも、ホームセンターで売られているものでも、釉薬の縮や、流れ、掛けなどはありませんね。 何故だろう。 当然、施釉の技術力の差はあります。 でも、一番大きいのは、プロとアマ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/01/16 20:58
ノーマン陶芸放浪記 油滴天目ぐいのみと上絵付
ノーマン陶芸放浪記 油滴天目ぐいのみと上絵付 今日は陶芸スクール新年二日目でした。 長い、年末年始の休みの為か、皆、まだまだエンジンがかからないようです。 やっぱり、京都は寒い。 毎日窯元に着くのは私が最初。 着いたら、鍵を開けて準備。 今日なんか、石油ストーブの灯油が全部空っぽ。エアコンを入れても寒い。 と言う事で、重い灯油を運んできて、補給。 ”なんでおれが、こんなことせなけりゃいかんの”と思いながら、でも、せっせと。。。ストーブ4基に着火。 灯油に手をかざして、灯油の色いいな。 ホンワカにあったかい。 でも、土は冷たいから、今日は作陶... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2019/01/15 21:39
ノーマン陶芸放浪記 たたらで作る山小屋(YouTube新作ビデオ)
ノーマン陶芸放浪記 たたらで作る山小屋(YouTube新作ビデオ) 今日は。 もう11日で正月かと思ったら、直ぐに成人の日で、3連休だって。タイトルには全く関係のない話ですが、久々に息子たちが海外から帰国して、家族での年越しでした。彼らと正月の休みを過ごしていると世の中が確実に変わって行くのを実感できます。 帰って来る時、二人ともにパソコン、スマホ、ゲーム機などを持って帰ってきます。一人はパソコンで仕事をしながら、パソコンの動画をテレビに映して見てます。 最近は多くのサービスプロバイダーが動画配信をしてます。 例えば、WOWWOW、 Netflix、そして、私も... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2019/01/11 19:43
ノーマン陶芸放浪記 たたら作り”K住宅”
ノーマン陶芸放浪記 たたら作り”K住宅” 今晩は、昨日から家作りに励んでます。 もちろん、本物の家ではありません。一昨日から、お歳暮のビールセットの空き箱を使って模型作成。 ビールの段ボールは、厚さや硬さがピッタリで、模型作りにピッタリ。 こんな感じで沢山の模型を作りました。 これって面白い。 作っているうちに沢山作ったのですが、こうして作る事によって、自分の作ろうとしている作品の出来不出来が良く分かりますね。 箱の文様が自然に外壁の色みたいになって面白い。 このたたら作りの家は、南部生涯学習センターの陶芸教室のKさんに教わった... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/01/05 23:36
ノーマン陶芸放浪記 続馬上カップ絵付け
ノーマン陶芸放浪記 続馬上カップ絵付け 前回のミニ馬上カップの絵付けの続きです。 このブログはギャラリーの表示をしてくれませんので、写真をアップして、コメントを書くのが大変です。 ですから、一部を掲載しますね。馬上カップは、前回のブログに書いたいろいろの種類の呉須で絵付けをしてますので、本焼きが完了したら、発色を紹介しましょう。そして、12色の色下絵具も購入しましたので、左の写真のように、御猪口サイズの作品に子供用の絵付けをして見ました。 後、数個ありますが、今年の干支の猪、子豚、そして、兎の餅つきを書いて見ました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2019/01/05 11:38
ノーマン陶芸放浪記 ミニ馬上カップ 絵付け
ノーマン陶芸放浪記 ミニ馬上カップ 絵付け 皆さん明けましておめでとうございます。 良き新年をお迎えになられたことと思います。左の写真は、ミニ馬上カップの絵付けです。 いろいろな呉須を購入して色味サンプルを兼ねて、小さな馬上カップを作って絵付けをやってます。 絵付けの柄は、正月にちなんで、松竹梅です。 この馬上カップは、成形をして削ってます。 粘土は信楽の白。 絵付けをしたいため、白化粧土をずぶ掛けをしてます。 白化粧土の目的は説明をするまでもありませんが、信楽の白ではベースの色が磁器土のようには真っ白になってくれません。 刷毛塗り... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2019/01/03 00:58
ノーマン陶芸放浪記 染付作品、下絵具と技法
ノーマン陶芸放浪記 染付作品、下絵具と技法 今晩は! 今日は昨日に引き続き、下絵の作品の紹介をしましょう。磁器のタンブラーです。釉薬は石灰透明。 この釉薬は結構難しくて、綺麗な施釉をしないとそこがそのまま残ってしまいます。 この作品は釉薬ハサミは使えないので、手で持ってずぶ掛けです。 そうなると、どうしても指痕が残ってしまいますから、この修正が必要になります。 指の跡の部分に筆で少し濃ゆい釉薬を塗ります。 そして、完全に乾燥させて、剣先などのカンナで、少しづつ削り落として行きます。 これが、濡れていると、塗った部分が、ポロリと外れる事が... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2018/12/20 19:18
ノーマン陶芸放浪記 飛かんな装飾、絵付けタンブラー
ノーマン陶芸放浪記 飛かんな装飾、絵付けタンブラー 今週は暖かい。 でも、ゴルフには風が強すぎる。 でも、おじさんは元気で北風の中ゴルフ頑張ってます。Yokkoさんから要望を頂きましたので、先日の黒粘土の鉢の飛鉋の文様の写真を添付します。 もう皆さんは良くご存じの通り、飛びカンナ文様には点描と線描があります。 これは、点描です。 陶芸スクールでは、飛びカンナも自作します。 少し薄い、帯び鉄を曲げて、やすりで刃を付けるだけです。 大事なポイントは、帯び鉄の柔らかさで、手で曲げて弾力があれば良いでしょう。 刃を付けたら、ひらがなの”つ”の形に曲げ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2018/12/19 21:21
ノーマン陶芸放浪記 今年最後の本焼き
ノーマン陶芸放浪記 今年最後の本焼き 今晩は! やっと終わりました。 陶芸スクールが。 そして、本焼き、素焼きも。どれから行こうかな?やっぱり、オーソドックスに私の気に入った作品から。 8寸の輪花鉢から。 これで、5個目位の鉢ですが、これもいいなと思います。 今までの染付と違って少し控えめな、そして自分をしっかり主張している作品だと思います。窯元が使っている黒粘土で、この土が一番高額で、10kgで1400円、ちなみに信楽の白で800円、磁器土は8kgで、1200円。釉薬は土灰。 ですから、透明釉で仕上がってます。 内側は装飾なし。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2018/12/17 21:46
ノーマン陶芸放浪記 手作りへら
ノーマン陶芸放浪記 手作りへら 今晩は! 今日は、もう16日。 後2週間で新年。 歳を取ると一年が早いと言いますが、真にその通り早いですね。この一年間、主に陶芸スクールの活動を中心にブログを書いて来ましたが、少しは役に立っているんでしょうかね。?楽寿荘の陶芸教室に行って時々思う事があるんですが、それは”勿体ない”と言う事。 何が勿体ないのか。 それは、このブログに書いてあることを少し実践してくれたら、今より数段進歩した作品が作れるようになるのに。。という事です。手びねりと言う制約はありますが、それでも、いい作品はやり方によっ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2018/12/16 20:48
ノーマン陶芸放浪記 陶芸の山登り
ノーマン陶芸放浪記 陶芸の山登り 先日は陶芸スクールのメンバーで、今年にの打ち上げ。 一次会は、工房の一角で。 そして、二次会は祇園の居酒屋で、男性8名で。。ちゃんこ鍋を囲みながら、飲み放題。 なんでも酒屋さんのお店だそうで、大吟醸が、いろいろあって、50番から100番まで。この番号の違いは、コメの精米の程度を表す数字だそうで、驚いたことにその精米の程度で、お酒の味が全く違います。 それとちゃんこの味がとっても良かった。鍋物になると、鍋奉行みたいな人が必ず数人はいます。 具は、野菜から入れるとか、魚から入れるとか、でも、ちゃんこ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2018/12/13 21:56
ノーマン陶芸放浪記 ここまで来た絵付けの技術 輪花本焼き
ノーマン陶芸放浪記 ここまで来た絵付けの技術 輪花本焼き 先日絵付けをした輪花 大鉢の本焼きが完了しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/12/10 20:15
ノーマン陶芸放浪記 楽寿荘 陶芸教室
ノーマン陶芸放浪記 楽寿荘 陶芸教室 今日は久々の楽寿荘陶芸教室。 でも、何となく気分が重い。 余り、この教室で作りたいものがなくなって来て、何を作ろうかと迷ってしまう。 分厚く、重たい作品は作りたくないし。 電動轆轤で、毎週二けたの作品を作っている身に取って辛い。だいたいは、手びねりではなく、たたら作りの作品を作るようにしてます。 陶芸教室と陶芸スクールでは、何かの違いを出さないとやっている意味がない。 その点、たたら作りは、轆轤作りにない、異形の作品が作れますので、これでしばらくはやって見ようかと思います。 左の作品が、たたら作... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/12/08 21:50
ノーマン陶芸放浪記 馬上カップ
ノーマン陶芸放浪記 馬上カップ 今日は、馬上カップを紹介しましょう。 馬上盃とか、馬上杯と言われるはこの器は、馬に乗ったままでお酒を飲むときに、飲みやすい形ということで、中国内陸/モンゴルあたりの騎馬民族から伝わったとされるものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/12/06 21:30
ノーマン陶芸放浪記 京焼き風絵付け”桜”
ノーマン陶芸放浪記 京焼き風絵付け”桜” 絵付けがちょっと苦手なあなたに京風絵付けを紹介します。この作品は、以前のブログで紹介したと思ってますが、本焼きが完了しました。 少し大き目の蓋物ですが、素地は半磁土。 信楽の白でも問題ありません。 電動轆轤で作陶してます。ご承知のように、トンボ、だんご、へらを自製して。蓋と本体には、桜の絵付けをしました。蓋の摘まみは削りだしです。 少し、大き目の真ん丸のもので、この作品にピッタリだと思います。摘まみの頭の部分にも、一枚の桜の花びらが。。さくらの花はポイントさえつかめば、だれでもかけるモチーフで... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2018/12/05 20:28
ノーマン陶芸放浪記 14面マルチファイス花瓶絵付け完了
ノーマン陶芸放浪記 14面マルチファイス花瓶絵付け完了 角瓶描きの絵付けを完了しました。左上から、麻の葉、七宝、海青波の三つのパターンで仕上げています。  麻の葉は、三角形の組み合わせ、そして、七宝と海青波は、丸の組み合わせですね。 この中で何が一番難しいでしょう? それは、海青波です。 私にとってはと言う事なんですが、菁波は、半丸の組み合わせなんですが、同芯の円を、骨書き用の筆で描くのは非常に難しいし、丸が丸にならない。 でも、今回の進化は、だみです。 波の一番上は、だみしません。 ですから、間はスペースは白抜きになります。 これで、全体が引き締... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

2018/12/03 07:37
ノーマン陶芸放浪記 ”おらは妥協しない”
ノーマン陶芸放浪記 ”おらは妥協しない” 昨日で、今週の陶芸スクールは終わり、しんどかったな! いつも枚方バイパスを通って、京都まで行くんだけど、通常は1時間15分。 最近は交通事故が多くて、一昨日なんか、帰りに2時間もかかってしまった。 その交通量の多いバイパスを通るとくたくたの毎日。 電車に変えた方がいいかなと思いつつも、膝が痛いし、当面は車。窯元に大量の返品があったみたい。 綺麗な絵付けの抹茶茶碗見たいなのが、沢山あるなと思っていたら、なんとそれが、B級品の返品だって。皆で何が悪いんかなと言いながら、見ても余り分からない。 中には... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/29 23:08
ノーマン陶芸放浪記 大鉢の装飾
ノーマン陶芸放浪記 大鉢の装飾 もうすぐ12月。 今年も僅か一ヵ月を残すだけの時期になって来ました。 今年の目標は達成されましあでしょうか?今年、意を決して臨んだ京都陶芸スクールも早いもので半年。 最近は、ほぼ目標として来た作品が続々と出来て来てます。この作品も前回に続いて、大鉢です。 この鉢は、今年の私の目標を総括するような作品です。 主なスペックを紹介しましょう。  直径 23cm、高さ 9cm  100%磁器土。重量は約700グラム。 これだけの大物の作品で、しかも磁器で、僅か700グラムの作品が出来るとは思いもしま... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/27 23:54
ノーマン陶芸放浪記 ここまで来た陶芸 尺鉢本焼き完了
ノーマン陶芸放浪記 ここまで来た陶芸 尺鉢本焼き完了 急に冬の気候になって来ました。 昨日は、ゴルフの予定だったんですが、朝起きたら、天気予報通り、雨。 まいったな。 ゴルフの長年の課題が解決したので、今回は良いスコアーが出そうな気配があったのに。 ゴルフ場には行くにはいったんですが、皆さんの総意でキャンセル。家に帰って来て、することがないので、ベランダで、どんぶりの型と、お酒の盃の型を作っていたら、風邪をひいてしまったようです。 これなら、雨の中でもゴルフをやっておけば良かった。 左の作品を見て下さい。 実物を見ないことには、この作品の迫力は伝... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2018/11/23 17:31
ノーマン陶芸放浪記 蓋物 & 絵付け
ノーマン陶芸放浪記 蓋物 & 絵付け 久々に蓋物の製作です。 轆轤師さんと相談をしながら、構想を練って作図。そして出来上がったのが左の写真。 以前にもブログに書いたかも知れませんが、蓋は、少しはみ出した、そして、”き”は蓋の内側にしか付けません。 ”き”と本体には、結構遊びがあって、きっちりとしたものにはしません。これには理由があって、一つは、余りキチキチしたものだと、焼成などの変形で蓋が入らなくなる。 又、複数使いをした時、蓋が入れ替わった時に合わなくなる可能性がある。 そこで大事なのが、遊びの幅なんですが、遊びがあって、蓋がずれ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/13 06:38

続きを見る

トップへ

月別リンク

ノーマン趣味悠々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる