テーマ:染付

日本昔話 絵付け ワイドリムお皿本焼き

昨日は南アフリカから、そして今日はロスアンジェルスの息子達から電話があり、コロナは大丈夫かとの心配の電話です。海外では、日本が思っている以上のコロナの爆発を懸念しているそうです。東京でも大阪でも、満員電車の通勤そして、相変わらず夜の繁華街は飲んべ~達で、少なくなったとは言え沢山の人が、集まってます。日本は大丈夫だよと言うと、そんな訳はな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

さくらの季節、陶芸の絵付け。日本の芸術・文化の発信のための絵付けを目指して。

近所の桜も開花し始めて、日本全国で花見のシーズンが到来してます。でも、今のコロナの問題で、不要不急の外出は自粛するように求められても、花金の日は飲みに出る若い男女が多いみたいですね。長い間、アメリカで生活していたけど、会社の同僚や友達などと定期的に飲みにくくような生活はなかったですね。僅か二日間の土日の外出自粛なのに、どうして飲みに行く…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

今日も陶芸日和。 染付陶箱、ワイドリム、花入の染付

今日は! 下の2作は最新の陶箱。鋳込みの陶箱に染め付けをしてます。一点は、全面に蔦の染め付けを。染付はやっぱりいいね! シンプルな藍呉須だけでの表現なんだけど、上手く描けて。いつも絵付け師しんに骨書きとだみのメリハリをつけるように言われてるけどね。今までの課題は、骨書きの濃さのバラツキ、そして、骨書きの線の重なりで出る釉薬のはじき。そし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コロナの影響が。陶芸 陶箱の絵付け

今週はゴルフ開幕で久々のゴルフの予定だったんですが、新コロナウィルスの流行で、自重することになりキャンセルです。健康であれば、いつでもゴルフは出来ますので、この方が良かったと思います。関西のあるゴルフ場で感染者がプレイしていたとか、又、ライブハウスに行った人がゴルフに来るかも分からないと言うことで、参加者の総意で中止の運びとなりました。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

楽しい絵付け、だれでも、プロの絵付師まがいの絵付けが出来る裏技で、素晴らしい陶芸作品を!

今日も雨。そんな日は、毎度のことながら絵付けの日です。こんな絵付けはどうでしょう? 背の非常に高いタンブラーの染付です。この作品には添え付けは余りしないのですが、意を決して。。山水画を描いて見ました。我が家には、私の母が描いた水墨画があって、これの模写をして見ました。掛け軸になっていて、床の間の無い、我が家のマンションのリビングルームに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸 染付の技術 蓋物の鋳込み型製作

昨日も沢山の素焼きが出来上がって来ました。このところ絵付けを頑張ったので、大分素焼きが減ったと思ったら、又増えたって感じ。週3日も通って轆轤を回したり、鋳込んだりしてるんだから当然でしょうけど。花入が2個、タンブラーが2本、蕎麦猪口3個、平皿6枚。こちらの作品は染付で仕上げてみたいと思ってます。平皿、見事にスタッキングが出来てます。でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は雨。陶芸絵付け日和 鳥獣戯画、大皿 龍の絵付け

今日は朝から、軽い雨で外出せずに家でリラックス。ヤフーのニュースでも流れてましたが、新コロナウィルスの影響で、外出しない人も多いようです。私も、余り人混みには出かけたくないので、絵付けや、キーボードの練習をすることにしました。絵付けの方は、磁器製のパスタ皿の素焼きも持って帰って来たんですが、取り敢えず、陶土のものを優先して絵付けをします…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

陶芸 ワイドリムパスタ皿の染付、タンブラー本焼き

京都高山寺に伝わる鳥獣人物戯画はご存じでしょうか? 墨画の絵巻物で、国法で鳥獣戯画とも呼ばれるものです。内容は動物や人物を戯画的に描いたもので、特にウサギ・カエル・サルなどが擬人化されて描かれた甲巻が非常に有名だそうです。左の写真は、その内の一部の写しでしょう。この窯元の陶芸教室で一時、この鳥獣戯画の絵付けをするのが流行ったそうです。実…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

陶芸は化学か、職人さんの技は凄い。絵付け、3日目 楕円皿

今日は寒かったのか暖かかったのか良く分からない日でした。朝から、キーボードに向かって、ピアノ演奏の練習。このキーボード。いろんな練習パターンがあって、今日もLEDを点滅させての練習です。曲目は、Yokkoさんも好きだと言う”琵琶湖周航歌”、”我は海の子” それから演歌の”思い出酒”。そして、何故か”蛍の光”、”埴生の宿”などなど。埴生の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

冬の雨の日の過ごし方 久々の染付の絵付け

今日は朝から雨、毎日の天候が日替わり、確実に春へ近づいているようですね。近所の公園の早咲きの梅はそのピンクの花をすっかり落としてしまいました。そして窯元へ行く途中の道には、こんな椿の花が咲きます。いつもこんなにして写真を撮って、いつの日かこの椿の絵付けをしたい思います。この椿は小ぶりの割には沢山の花を付けます。花びらは6枚、しべは細く黄…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

陶芸 磁器土でつくる大鉢の製作と染付 日本陶芸の伝統の呉須による蔦、龍、花柄の下絵付け

夏休みでも、やっぱり陶芸が気になる。 今日は京都まで車で出かけて、絵付け作品と45cmの大皿を窯元に持って行って来ました。休みでも、やっぱり熱心な人たちがいます。4人の人が来てました。 休みの間でも作業場は生徒は使えるようになってます。ただし、無償ではなく有償。 一日1000円の費用が掛かります。 当然材料代は別ですけど。そして今日の本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノーマン陶芸放浪記 大鉢とビアータンブラーの染付

おはようございます!このブログ記事下書きの段階で公開されたようで失礼しました。改修前は下書きをして保存にしても、公開と言うボタンを押さない限りは公開されなかったのに、新しいアプリでは、保存したら、即公開になる設定になっているようです。本当に迷惑な話で、デフォルトで、保存=下書きにすべきなのに。 記事を書く途中で下書き保存を必ずしますので…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

陶芸放浪記 染付本焼き 蓋物

 この無料ブログ運営会社のビッグローブがブログの大幅メンテをやってます。 改修と言うか、最悪の改悪。 システムはバグだらけ。バグは、余り使わない機能で、たまにはエラーが出たりするものです。これひどい。 表示されるカレンダーで、土曜日が表示されない、サムネール写真が記事によっては表示されないなどなど。 このメンテは一ヵ月前くらいに予定され…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more