諦めない。きっと出来る!

久々にブログの記事を書きます。皆さんお元気?

東京都では相変わらず、50人以上の新規感染者が出てます。大阪でも、京都でも感染者が少しずつ増えて来たんではないかと思います。

最近では、車も人もほとんど以前の状態に戻ったように思えます。

日本全体のコロナの脅威に対する警戒感が相当薄れたように思います。

それにしても、最近は、若者を中心に夜の世界での感染者が増えて来ているそうです。

ここらは、政府や専門家委員会の情報の発信が間違っていたのが現実になって現れて来ました。

日本政府はコロナの封じ込めはとっくに諦めたんでしょう。最近のマスコミや流される情報で、”Withコロナ”とか、”コロナと共存”などの表現がまかり通ってます。

キャバクラや昼カラオケで、多くの感染者が発生しているのに、クラスターとは言えないとか、緊急事態ではない。おまけに、クラスターが発生した店名の公表さえもしない。

これでは、感染が広がらないのがむしろ不思議な位。

万全の対策をしてもクラスターが発生したら仕方がない。でも、ここでその後のクラスターの広がりを如何に抑えるかにかかっている。

感染経路不明者の率が多くなっている。中には本当に不明な人もいるだろうけど、夜の世界で遊びまわった結果の感染であれば、多分、その事実は伏せたいと思うのではないかと思う。不明ではなく、多分、言えないのでないかと思いますね。

それが、歌舞伎町で発生した大量の感染者。だれも、店の名前を憶えていないだって。そんな事あり得ない。

遊び回ったところが、ヤバイ公表出来ない場所なんでしょうね。あの、中国であれば、歌舞伎町を即刻封鎖して、全ての夜の店の従業員のPRC検査をするだろうけど、日本はそれをやる動きもないし、意図的にやらないのではないかと勘繰りたくなる。安倍政権と東京都の関連者は、こんな状況でも”日本モデルの成功”を信じたいのだろうと思います。



継続は力なり。。。


こんな嫌な話題は止めて、ちょっといい話。

IMG_4892.JPG

今日はこんな作品が出来たよ。何と2年数か月もかかった。写真が少し暗くて、ちょっと陰気だけど。本当は後ろに花火が打ちあがっていてもいいくらい。

4kgの赤粘土で、43cmの筒上げが出来ました。これすごいよ。どんなに頑張っても30cmプラスしか上がらなかったのに。そして、何度、涙を流したことか(心の中で)

Youtubeでありとあらゆる動画を見て真似して見たり、もちろん、轆轤師さんに何度もデモをやって貰ったりしたりしても、それでも出来ない。

コロナの自粛で暫く、筒上げをしなかったのが、先週、少ない量の余り土でやって見たら、何かをつかんだ。”これだ”。そして、今から考えるといろんなビデオでも常に言っているし、轆轤師さんにも言われた事。

それは、外と内側の指を如何に合わせるかと言う事。

IMG_4891.JPG

簡単な事だった。でも、本当はここから。その内外から挟んだ土を挟んだままゆっくりと底から、上まで緩めることなく継続した一定の力でゆっくりと持ち上げる。

こうして解決して見ると、”簡単””やっぱり””なんでこれが分からんかったんやろ”となる。

そして、この技術をマスターで、2番目の写真のようなどんな筒物でも出来るようになる。

均等な厚みで上から下まで上がっているので、後は成型のみ。削り仕上げが終わるとバランスの良い作品が。自由自在。

長くなるから、この話はこれで終わりますけど、ゴルフでもなんでも同じ。

でもクラスメートでもすぐに諦める人がいる。私はこの反対。”人が出来ることは、自分も絶対に出来るようになる”と、自分に言い聞かせる。

絶対に諦めない。そして、出来るその日を信じて、継続。

あきらめたら、失敗。

成功の秘訣。継続、努力、そして、掴んだコツは一生もの。

これで、ノーマンの陶芸の世界がもう一つ広がりそうです。でも長い長い、2年でした。筒上げを見よう見まねで始めてたのがその数年前からだから、5~6年もかかった。やっと。その日が。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント