染め付け大皿本焼き 日焼けした、”トトロのメイちゃん”

今晩は! 今日は沢山の本焼きが上がって来ました。その内の一部を紹介します。

IMG_4853.JPG

コロナの巣ごもりの期間に作った作品の中で最も期待したうちの一つがこの大皿です。

本焼きで直径32cmの尺皿です。 釉薬は青白磁。

この作品は磁器ですが、削りが終わって、室内の乾燥棚に放置していたら、高台が少し曲がってがたつきが出ていました。室内で急速に乾燥したのと、棚板が少し曲がっていたのが原因のようです。

やはりこれだけの大物になると、急な乾燥は歪を起こしやすいですね。窯元では、大きなガラス板の上に伏せる形で置いて乾燥させるようです。

これ以外はそれほど大きな問題はなく、呉須で鷹の絵柄を描きました。

そして、半分は祈るような気持ちで、本焼きで元に戻る事を祈ってましたが、何と、見事、高台にがたつきもなく焼き上がって来ました。

釉薬は青白磁のずぶ掛けと、コンプレッサーでの吹き掛けで仕上げました。

青白磁は青磁と白磁の中間の色調がでます。青白磁と言ったり、影青(いんちん)ともいうそうです。

透光性があり柔らかな色合いが出ます。でも、写真では残念ながらその良さは伝わりません。

裏表に点のような釉薬の縮がありましたので、もう一回再焼成に出してます。


IMG_4862.JPG

こちらも期待と不安混じりの絵付けでた。

トトロのメイちゃん。絵付けは大変上手く行っていたのですが、下絵具の肌色を今まで使った事がありません。はたしてどう発色するのでしょう。

結果は写真の通り、メイちゃんが、ハーフのような子。又は、夏の日焼けをしたようになってしまいました。

この肌色の下絵具は、ボトルに入った液体で、説明書に還元なのか、酸化焼成なのかの表示がありません。絵付け師さんの話では、酸化焼成用の絵具ではないかと言う事です。

やはり、テスト用の色見サンプルを事前に作るべきでした。

いつも失敗してからの反省ですが、これでも結構可愛くて良しとしましょう。

他の作品は後日紹介します。お楽しみに!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント