陶箱の装飾 レリーフ調の仕上げ

近畿圏のコロナ緊急事態宣言が解除されました。ワ~イと喜んだらいいのか? 今日もゴルフの練習に行ったけど、気持ちの性かゴルフ場でもすっかり、全面解除の雰囲気、ここまで緩むとコロナの再発が心配ですね。

コロナの問題が完全に収束した感じ。

まだ確認はしてませんが、京都の陶芸スクールも多分来週からは再開か?

これだけ休むと半分気持ちはうれしいいけど、あと半分は少し気分がブルー。毎日、往復3時間位もかけての車の運転も少しおっくう。少し贅沢と言うか我がままかも知れませんけどね。

陶芸好きな皆さんも陶芸教室もいずれかは再開されるんでしょうね。やっぱり、嬉しいでしょうね。

IMG_4815.JPG

以前、Youtubeのチャンネル登録者から、”レリーフも挑戦してください”と言ったコメントがありました。確か、私の染付の作品を見た人からだったと思いますけど。

レリーフ? 一体何だろう?と思っていて以前に調べて見ていたんですが、簡単に言えば、ウェッジウッドのあの装飾技法を思い起こして貰えばいいでしょう。

ウェッジウッドのレリーフは、ジャスパーウェアーの一つの装飾方法なんですが、日本語で言えば、貼花だそうで、磁器の上に別の型で作ったいろんなモチーフを貼り付けたものなんです。

英語ではreliefと書きます。日本語では浮彫細工と言うそうで、素材を少し掘り込んだだけのほぼ平らなローレリーフ(浅浮き彫り)と、彫刻と同じくらいの立体感があるハイレリーフ(高浮き彫り)に分かれるそうです。

日本の鎌倉彫りなどは、ハイレリーフなんでしょうね。

そんな感じなんです。そうなんだ。であれば、以前から、花瓶などで、随分レリーフは作って来てます。そして、今日は、陶箱にそのレリーフ装飾をして見ます。これで、13個目の陶箱で、10個は全てレリーフの装飾をして素焼きが完了しているはずです。

IMG_4822.JPG

いつものローレリーフであれば、上の花瓶の様に仕上がります。磁器に花の文様を彫り込んだものに、月白(青白磁)の釉薬を掛けて本焼き。淡い青磁の濃淡で、彫り込んだ文様がくっきりと浮かび上がります。


IMG_4818.JPG

こんなモチーフをインターネットで探して鉛筆で下描きをして、彫り込んで行きます。鉛筆で描いた部分を錐の先見たいな鋭利なものでガリガリと線彫りして行きます。彫刻刀を使ってもいいけど、錐が作業が早くて効率的。この方が”きりがいい”。 下手なオヤジギャグですけど。

そして、次はその線彫りの重なっている部分や凹んでいる部分を中心から削って行きます。この作業はL字のカンナを使えば綺麗に出来ますよ。

言葉での説明は難しいけど、例えば、葉っぱが2枚重なっているとしたら、重なっている部分の境界線を削れば、上の葉っぱと下の葉っぱに立体感が出て来ます。

下の葉っぱ全体を削る必要はありません。そんな人はいないと思うけど、だんだんに削って行ったら穴を空けちゃいますよ。

この場合は中央の花芯から、花びらの重なりを削って行き、最終的には周辺まで重なりを削って行きます。

IMG_4816.JPG

上の写真は別の作品。これは、鉛筆描きを線彫りしただけの作品です。これもありだと思います。線彫りされた部分に釉薬が溜まり、濃くなりますので、これで描かれた文様がくっきりと浮かび上がって来ます。

IMG_4817.JPG

こちらの作品を見て下さい。線彫りをした上に重なりを彫ってます。上の線彫りだけのものと、少し、重なりを彫ってローレリーフ調に仕上げたものは迫力が違うとはおもいませんか?

IMG_4820.JPG

そして、この3点は脚を付けて見ました。すでに素焼きのものは脚は付けてません。ですから、畳付きの底は無釉での仕上げになります。こちらは、3つの脚を付けることで、底ににも施釉も装飾も出来ます。


これは私のこの作品に対する思いなんですが、用途の一つとして、装飾品の小物を入れるジュエリーボックスとしても使えると思います。内側には、赤の毛氈を貼ってやれば、高級な宝飾箱になると思います。

如何でしょう?

今日はレリーフ装飾についての提案でした。

最後にこの陶箱は磁器です。磁器の大きなメリットは、磁器は細かな石の集まりですので、超硬カンナを使えば、サクサクと削り作業が出来ます。

陶土の作品では、鉄カンナなどで削る時に少しひっかかる感じが出ると思いますが、丁寧な作業で克服は出来ると思います。

それでは.
Have a nice day!