ノーマン陶芸放浪記 陶人形 野良の帰り

過ぎたるは及ばざるが如しと言いますが、そんな大事件が起きました。 今日久々に、ゴルフの練習ラウンドに行ったんですが、何と腰痛になってしまった。 実は、この一週間ほど腰に痛みを感じて、それに耐えて陶芸とゴルフの練習をしてきたんですが、良くなっているのかなと思っていたんですが、ゴルフのスウィングをすると、腰に痛みを感じて全くゴルフのスウィングが出来ません。

これには思い当たるふしがあって、①は、大分以前に釉薬を作った時に、重たいポットミルの容器を中腰で持ったら、ピリピリと腰に電気が走った。 ②そして次の理由が京都へ行くのに電車を使い出した事。 京都に行かない日は、ほとんどが車ですから、歩数にしたら、1700歩程度。 それが京都へ行くと、1万歩にもなりますから、しかも、そう決めたら毎日。 それも自分なりには速足で。 歩くと、右脚から、臀部にかけて軽い痛みを感じていたんです。 急にやり過ぎた。 そして、毎日、電動轆轤に向かって、20作ほど作りますから、前かがみの悪い姿勢になってしまう。 これでは、腰はもたないでしょうね。 おまけに、京都に行かないときは毎日200球位ボール打ちますから、腰が悲鳴を上げるはずです。 

陶芸仲間からは、”富さん やり過ぎ”とか、”集中し過ぎだ”とか、”あれもこれもやり過ぎ”などと言われます。 

でも、この性格変わらないですね。 たまには亀になろうかな。。でも。 多分出来ない。



陶人形作陶はぼ完了

画像画像

余り、講釈はしませんが、初めての本格的な陶人形にしては、満足の行く出来です。 写真では、上から撮ってますので、8頭身には見えませんが、間違いなく8頭身のすらりとした人形に仕上がりました。

なんと言ってものこの作り方であれば、誰でも出来そう。 その中でも優れものは、ラップに巻いた割りばしです。 乾燥が始まったら本当に簡単に取れるのか心配でしたが、杞憂に終わりました。 底のラップを取ると、割りばしが見えますから、プライヤーで引っ張ってやれば、ぽろぽろと取れます。 流石にラップは土と引っ着いてますので、取れにくいですが、全ての割りばしを取り終わった後で、ねじるようにしてやれば、案外簡単に取れました。今は中は完全に空洞になってます。


画像画像

少し、左腕が長いかなと思います。 そして両腕にもう少し粘土の紐を巻いて、衣服にの皺を出してやった方がナチュラルに見えるかと思います。

後は、こんなスリムな人形ですので、直ぐに倒れて破損してしまう危険性がありますので、台を作り、そこから突起を出してやって、これで支えるようにしたいと思います。その意味でも、中を空洞にしたのは正解でした。 台から、穴の径で、突起を出してやれば間違いなく、安定した人形になり、転倒の可能性が低くなります。

ところで花は、チューリップではなく、バラにしました。 

”野良の帰り、バラを摘む少女”とでもしておきましょう。




今はビニール袋で、乾燥を遅らせてます。 これも作陶のヒントです。 ゆっくり時間を掛けてつくる時は、こうして乾燥を遅らせます。 

陶芸大好きなあなたにとっては、大変面白い作品だと思います。 是非チャレンジしてください。 その内、2弾、3弾と作って行きます。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

Yokko
2019年03月08日 23:22
陶人形良いですね🌷 リヤドロ風の優雅な人形好きです👒
いつかメーキング動画が見たいです。

この記事へのトラックバック