ノーマン趣味悠々

アクセスカウンタ

zoom RSS ノーマン陶芸放浪記 ”おらは妥協しない”

<<   作成日時 : 2018/11/29 23:08   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日で、今週の陶芸スクールは終わり、しんどかったな! いつも枚方バイパスを通って、京都まで行くんだけど、通常は1時間15分。 最近は交通事故が多くて、一昨日なんか、帰りに2時間もかかってしまった。 

その交通量の多いバイパスを通るとくたくたの毎日。 電車に変えた方がいいかなと思いつつも、膝が痛いし、当面は車。

窯元に大量の返品があったみたい。 綺麗な絵付けの抹茶茶碗見たいなのが、沢山あるなと思っていたら、なんとそれが、B級品の返品だって。

皆で何が悪いんかなと言いながら、見ても余り分からない。 中には黒い点があるものがあるけど、これは、鉄分が入りこんがものだそうです。 砂粒1つ位の黒点。 これで、4500円の商品がB級品。

そして、もう一つ大きな欠点がありました。 綺麗な椿の下絵付けをした、カラフルな京風の作品なんですが。。。昼間、一人で綺麗いだなと思って見ていたら、葉っぱの色が何となく黒い。 もう少し緑いろだったらいいのになと思っていたら。 それがピンポンでした。 還元焼成された商品なんですが、葉っぱが少し黒く焼きあがったとのことです。 これは初めてだそうす。 先ほど、釉薬の本を見ていたら、還元が行き過ぎると炭化して黒くなると書いてありました。 もしかしたら、それかも知れません。

この商品はB級品としてツーリストに半額ほどで販売されるそうです。

それほど、プロの世界は厳しいんですよ。

画像

話は変わりますが、今日から家で絵付けです。 前回失敗した14面花器をもう一度作ってやり直し。 左の写真です。 鉛筆での下書きです。 

前回の失敗は、鉛筆書きの時から、余り出来がよくないなと思いながら、染付をやってしまいました。


やはり、それが結果に出る。 折角作ったものが、お釈迦です。 青海波は、不揃い。 又、だみも全面をやってしまった。 これが決定的。 そして、七宝は、丸がまるでないし。 骨書きの線色く極端に濃淡の斑があったりして。。

今回は絶対にその繰り返しをしないと強く自分自身に誓って、鉛筆描きは、ほぼ100%の出来です。 暫く、置いといて、時間をおいて見直しをします。 その次は、呉須での絵付けと言う難関が待ってます。

画像

そして、こちらの大鉢が並行して進めている絵付けです。

この作品も大きくて、直径30cmの作品です。 縁を、5分割の輪花にしてます。 作陶や削りまでは、上手く行った作品で。 青磁などの、単一の釉薬で仕上げるか、絵付けをするか悩んだんですが、絵付けを選択しました。

絵付け師さんと相談をして、この輪花の形を活かして、5枚の花弁に見立てて、夫々に違った植物を描くことことにしました。

こちらも、内側の下絵は完了。 牡丹、椿、ユリ、などです。 

内側底部には、紅葉の絵付けをしたいと思います。

今迷っているのは、全て、呉須のみで仕上げるか、それとも、下絵具を花びらの部分は軽く塗るかです。

先日の大鉢は、朝顔の色が悪かった。 でも、原因ははっきりしているので、今回は、軽く着色すれば、きっと上手く行くと思ってます。

これだけの大物ですから、失敗は絶対に許されない。 

今回ばかりは、自分自身との安易な妥協は止めたいと思ってます。 気持ち的には、この作品に10万円程の値付けが出来るようなものに仕上げたい。


画像

あくまでも気持ちなんですが、プロと言うのはこれ位の気持ちを込めて作品を作っていると思います。 結局、その作品を選ぶかどうかは、買う方にある訳ですから、そこには妥協の余地はまったくありません。

私の口癖で、”ま〜いいか”と言うのがありますが、これが陶芸に関しては良くない。 前述の如く、鉄分が一粒入ってもアウト。 重たくてもアウト。 線が滲んでもアウト。 

厳しいですが、客の目線で見ることが大事だと考える今日この頃です。



打売れるか、売れないかは別として、展示会に出せるレベルの作品に近づけるようにしていきたいと思います。



それでは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ノーマン陶芸放浪記 ”おらは妥協しない” ノーマン趣味悠々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる