ノーマン趣味悠々

アクセスカウンタ

zoom RSS ノーマン陶芸放浪記 型紙 干支作り 

<<   作成日時 : 2018/09/09 19:11  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

今日は陶芸教室で配布された猪の型紙をつかって、来年の干支を作ってみました。

画像

型紙の図面をハサミできって部品をつくります。 大きくは本体の部分と、後は耳や牙などの数点の部品です。 言わば、大人の切り絵みたいなもので、何の技術もいらないものです。



そして作った作品がこれ。 粘土は赤粘土でとありましたが、手持ちの粘土がなく信楽の白で作って見ました。


5mmのたたらに型を貼り、粘土を針などで切ります。

後はどべで貼り付けて行くだけです。


画像

今は白粘土が黒くなってますので、ネズミみたいに見えますが、乾燥してくれば、もっと違った雰囲気になりますので、それは差し引いて見て下さい。



白粘土ですから、下絵具で着色して、最終的にはうり坊みたいに仕上がったらいいと思ってます。 それを考えると、牙と目は化粧土で仕上げておいた方がよいと思い、白化粧土と黒化粧土で着色してあります。 猪の怖さの雰囲気を出したく、牙は少し大きめにして見ました。



それなりに可愛く出来ていいんですが、これってどうなんだろう。 形は型紙で決まってますので、時間的には30分もあればできますね。そして、結果はそれなりに仕上がります。



でも、これって月に一度の陶芸教室で3000円も払って、4時間程も掛けてつくるものなんだろうか? これであれば昨年の干支のように、自分でモチーフを探して作った方が満足感や達成感がず〜っとあるように思えるのですが。。。

陶芸入門者や、子供、老人ホールなどでやるような題材にしか思えません。



基本的には、動物ですから、犬と変わらない。 と言うことで、少々不完全燃焼です。 でも、こんな作り方もある事と、猪の特徴を掴む意味では勉強になりました。 今年の末に向けて、その内に自分なりの干支作りをやって見たいと思います。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
みんなメインのお皿等を作って、余った時間に猪を作ってましたよ。猪だけで4時間はもちません。猪だけを作った人は4頭出来たそうです。
ノーマンさんの亥を楽しみにしてます🌷
Yokko
2018/09/09 19:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
ノーマン陶芸放浪記 型紙 干支作り  ノーマン趣味悠々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる