ノーマン趣味悠々

アクセスカウンタ

zoom RSS ノーマン陶芸放浪記 大人のお絵描き

<<   作成日時 : 2018/08/10 06:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

台風風のお陰で、少し温度が下がり、曇りの日が続いてますので、昨日から自宅で電動轆轤を回して、豆皿を沢山作ってます。 10cm程の豆皿なんですが、だんご、へら、トンボを自分で図面を書いてつくりました。 いつもであれば、轆轤師さんに作りたい作品のスケッチを見せて、道具の図面を書いて貰います。


お皿と言うのは結構な手間がかかります。 手間な割には報われないと言う人もいます。

作陶は10枚ほどつくるのに、約1時間程で出来上がります。 課題のおなじものをつくると言う点ではもう一つですが、道具を作る方が半日程掛かって大変。 

画像

左の写真のものなんですが、削りを終えてイッチンで絵付けをしました。 同じものをつくると言う点では50点かな。 そして、2番目の課題の削りは9皿で4時間位かかります。 湿台での削りは難しいもので、今回は特に大変でした。 新聞をかけて丸一日放置していたら、カチカチに硬くなりました。 通常の輪カンナ(掻きベラ)では、半乾きで削りますが、私たちは硬いもので削ります。でも、硬すぎてもだめです。

今回の豆皿は、肉厚数ミリに仕上げます。 となると、描きベラで削る時の硬さでは、作品が変形してしまいます。 おまけに湿台に載せて削りますので、ある程度硬くないと上手く削れません。でも、今回は硬すぎた。 これだけ硬いと鉄カンナではなく、永久カンナと言う”超鋼カンナ”を使います。 通常は磁器の削りに使うものですが、これであれば硬いものもサクサクと削れます・



湿台での削りはある程度熟練してないと、なかなか難しい技法です。

数ミリの仕上げになると、轆轤盤面に紐で固定してでは出来ません。 削って厚みを触って、又、削り、そして、又、外して。この繰り返し。 轆轤師さんであれば、数回で、思いの物を作って行きますが、素人はそうは行きません。



この為には、湿台の芯だし。 そして、作品を載せての芯だしが出来る事。 次に難しのが作品を高速で回る湿台の上で指で押さえてずれないようにする必要があります。 高台、胴、高台内、高台周りなどの部分部分で、カンナの持ち方、指の使い方が違ってきます。 その内にビデオで、やり方を紹介します。


画像

前置きが長くなりました。 削りは70点ほどの出来です。 今日の本題です。 一枚目の写真ように、9枚のお皿全てにイッチンで文様を書いて見ました。 本当は桜の花を描く予定だったんですが、糊筒を持って帰るのを忘れました。 その代用品で。

右の写真のようなものを使います。 100円ショップで買って来た、花の液体肥料の空の容器を残しておいたものです。 ソフトプラスチックで、絞れます。 先端は購入した時は閉じてあり、自分で適当な大きさに切るようになってます。先端をサンドペーパーで削って小さな穴を開けます。(出来るだけ小さく。)

写真の右下の白いものは、ホームセンターで買った注射器の容器見たいなものです。

注射器の針を取ったようなもので、これはとっても優れものです。 先日、カインズで買いました。 化粧土を吸い込ませて、他の容器に移すのに使います。 作業が、簡単に綺麗に出来ます。 スプーンなどにすくって移すと、小さな口の容器には入れるのが難しく、周りを汚したりします。

次の大事なポイントです。 化粧土は、マヨネーズの硬さにしましょう。 化粧土は沈殿しますので、上水を取って沈殿したものを取り出し、乳鉢で良く擦ります。 良く擦り、硬さを均一にします。 

これで絵描きの準備が出来ました。 あとは、注射器で容器に移し、描きます。 その時、スポンジを濡らして準備します。 スポンジに化粧土を絞って出して見て、綺麗な線が描ければ、絵付けをします。このスポンジが大事で、先端を常に綺麗にして使います。 時には柔らかい粘土が詰まったりしますので、スポンジでこの汚れやつまりを綺麗にします。 流石に口金をつかった時のような細い線は描けませんが、この写真程度には描けます。 


画像

横から家内が”文字を書いて”と言うので、”風”の文字を書いたら止まらなくなって、いろんな文字を書きました。忘れた来たイッチンがあれば、桜の花を書いて下絵具で桜の花を描く予定だったのですが、こんな風なお絵描きになってしまいました。 でも、これもありですよね。


下絵具で、着色もして見ました。 先日の丸花瓶の色付けを見せたら、絵具が濃すぎるのではないかと言われました。 絵具をかなり薄めに塗ってあります。 又、この絵具は素焼きのものにして、石灰透明などを掛けて本焼きするものですので、色が飛んでしまう可能性もあると思うのですが、テストです。 一寸やり過ぎた感がありますがさてどうなるか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
私もカラー泥ペンでイッチン描きに挑戦しましたが、線を描くのが難しい❗ ドットを描くのが楽しかった🌷
Yokko
2018/08/10 22:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
ノーマン陶芸放浪記 大人のお絵描き ノーマン趣味悠々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる