南アフリカ旅行 サファリ シュルシュルウエーImfolozi ズールランド

 南アフリカには、鳥獣類の保護地区が沢山あります。 英語ではGame Reserveと言います。 自然保護区で、今回はズールランドにあるサファリーです。

 まずはズールランドですが、かつてキング・シャカが築いた強大な軍事王国を築いたズール族の暮らす土地です。
スールランドは、南アフリカ北東岸のインド洋に面した一帯で、北にモザンピークとくワージーランドとの国境から、マ南はトゥゲラリバー、西はベラヘイドまでの広大な地域です。 簡単に言えばダーバンから北部の国境までの広大な地域で、地図を見るだけでも、ズールランドに6か所位の動物保護区、自然保護区、国立公園などがあります。


シュシュルウェ-Imfolozi公園(動物保護区 Hluhluwe Game Reserve)
 ダーバンから車で3時間程の所にある動物保護区です。 朝の3時にダーバンを出発して、約3時間かかります。 高速道路を120km程で飛ばして行くのですが、どこまで行ってもアフリカ大陸の美しい山並みや自然が続きます。

 この公園はもっとも古い自然保護区で、シュルシュルウェとUmfoloziウンフォロージのGame Reserveの二つの動物保護区からなっています。総面積は960平方k㎡に及びます。 南アフリカでも大きい自然保護区で、ズールランドの動物保護区で唯一BIG5が生息します。 Africa旅行のTop25の16位です。

BIG Fiveとは: 
 ゲームハンティングで、狩猟が難しい動物を言います。 大きいという意味ではありません。 そして、ハンターにとって危険度の高い動物です。 バッファローなども非常に獰猛で、ライフルでうっても、その強い皮膚で弾が跳ね返るそうです。 確か象のハンティングは専用の弾が必要かと聞いた事があります。
Big Fiveです。
  • アフリカライオン African Lion

  • アフリカゾウ African Elephnt

  • ケープバッファロー Cape Buffalo

  • アフリカヒョウ African Leopard

  • ホワイト/ブラックサイWhite/Black Rynoceros


  •  シロサイはこの公園が一番の頭数がいるそうです。さいの角が高く売れ、どんなに取り締まっても密猟者が絶えず大きな問題になっているようで、バイヤーは言わずと知れた中国人達です。 ここでも中国人の評判の悪いこと。
     最近の研究では、医学的には何の効用もないとの事で、人間であれば、爪に近い成分とか。。

    その他、インパラ、ジャッカル、ミーアキャット、ハゲワシ等々多くの動物が多く見られます。 動物園で見るより、自然の中で見る野生の動物は大迫力です。

     そうれでは、You Tubeでサファリーツアーをご覧ください。


     そろそろ、アフリカへ行きたくなって来ましたか。 次回は、世界遺産『セントルシアのウェットランド』です。

    ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!

    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

    →ログインへ

    なるほど(納得、参考になった、ヘー)
    驚いた
    面白い
    ナイス
    ガッツ(がんばれ!)
    かわいい

    気持玉数 : 2

    なるほど(納得、参考になった、ヘー)
    驚いた

    この記事へのコメント

    この記事へのトラックバック