ノーマン趣味悠々

アクセスカウンタ

zoom RSS 瑞光窯 京都陶芸スクール 初日|さてどうなる?

<<   作成日時 : 2018/04/02 22:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

今日は、待ちに待った京都陶芸スクール初日。 徒歩で、京阪光善寺の駅まで。 バッグの中には、陶芸道具が一式。 重たい。 毎日、車の生活から、現役時代に戻って15分の道のり。 いい天気。 こころも日本晴れ。

それから、京都七条駅まで。丹波橋まで特急で。 車内には、沢山の新社会人らしい若者が。 多分、つい先日まで大学生だったんだろうなと思いながら眺めてました。 皆リクルートスーツ

相手は、サングラスにPen States大学の帽子を被った変なおじさんがちらちら見てるなと思ったかも知れません。 ”大丈夫だよ。人畜無害のこの歳で、陶芸スクールのピカピカの一年生で、あんたらと気持ちは変わらん

丹波橋に電車が止まると、車内アナウンスで、”次は三条に止まります。” と言っている。 ”あれ、七条って、三条の前だったか、後ろだったか?”一瞬、パニックってそして慌てて、飛び降りて次の普通に乗った。 やっぱり、七条は三条の前だった。 ボケたかな?

七条の駅に着くと、何と、8時半前。 学校が始まる前の一時間も前。 多分そこから、歩いて20分位しかかからないだろう。”と言うことで、駅前のマクドナルドに入って時間を潰すことにしました。 客は日本人と外人さんが半分半分。 それも若い大学生が多い。ユニフォームに、”Freak 37th, Kyoto Uni."て書いてあります。 へ〜京大生なんだ。 でも、こいつら、英語の意味わかってるのかな。 Freakだって。 これを見た途端思った事がある。 ”京大生ってこんなあほ顔だったんだ。 

外人さんたちは、お国のマックの朝食をパクパク。 ”毎日の日本食に飽きました”と顔に書いてある。 京都美術博物館の前に、高級ホテルのHyatt Regncyがあるし、そこから来たかどうかは分からないけど、間違いなく観光客。。それにしてもアメリカ人って品がないなと思いながら。 その人たちがアメリカ人かどうかも分からず。 これもドナルド・トランプの影響か? アメリカ人の傲慢さだけが目に付く。


見るもの聞きもの全て新鮮で珍しい。 だって、毎日、ゴルフ場と陶芸、ギターなどなど。 こんな同じルーチンを繰り返している、私に取って全て新鮮。 そこには、何にも刺激のない、決まった生活しかない。 

そこから、三十三間堂の横を通って歩いて東山へ。 初めて来たときは探すのに2時間もかかった。 道に迷わず行けるか少し不安。もっともその時は、東福寺から。”感”に頼って行ったから、加齢で感が悪くなっているのに。

東山のくねくねした狭い路地を歩くこと20分ほど。 この登りの坂道きつい。 休憩をしながらゆっくり、ゆっくりと、 迷う事なく、無事ついた。 スクールの始まりの40分も前に。 それにしても、窯元の周り静か。。人もいないし、店などもない。 このあたり、京都でももっとも過疎化が進んでいる地域と陶芸スクールの女性の方が言ってました。


スタートの時間になっても生徒は私ともう一人。 話を聞くと、大体皆は10時ころ来るんだって。 おまけに、月曜日は生徒が少なく、火曜日が多いって。 話を聞くと、5年以上スクールを継続している人は、火曜日の週一と言う制度があるらしい。 おまけに、今日は春休み明けと言うことで特に少なそう。

私の年金の一ヵ月分以上の年間学費を払い手続き完了。 これだけでも、南部陶芸教室の30倍のコスト。 おまけに、入学金、そして、エアコンの費用。 そして、本焼きの費用まで取られる。 なんじゃこりゃ。。最初から分かっていたことだけど、プロの技術が習得できればそれでいい。


取り敢えず、信楽の白を10kg。 880円。 初めての生徒なのに余り面倒見てくれない。 何をしたらいいのかよく分からないので、取り敢えず菊練りを。 多分、先生は横目で見て、どの程度の技量か見ている。

なにを作ったらいいかと聞いたら、汲み出をつくったらと言われる。 汲み出しって何。 後から分かった事。湯呑茶碗らしい。 そして”本当は道具つくりからやるんだけど”と先生が言っている。 何の事。 ”道具は持ってますよ。” と言ったら、”今日はそこにある道具を使ってやって下さい。”だって。?

ちょっとサンプルを作って下さいと言うと、綺麗な湯呑が出来た。 それも、トンボで縦横の大きさをきっちり決め、成型は、だんごとへらを使って。 湯呑をつくるのにそんなもん使った事がない。

なるほど、そう言う事か。。。窯元の作品は、全てそのように作られるんだ。 だから、10個の茶碗が同じ大きさで同じ形をしている。

そして、だんごとへらとトンボは作品ごとに作るそうです。 マジ?

そして、借りたサンプル道具で、成型をして見た。 なんと、これ難しい。 湯呑をある程度作って、内側に団子を当てて、その通りの形状に仕上げます。 当然、トンボを当てながら、大きさ、高さを合わせる。 先生が作ったものを見ながら形を合わせようとすると、薄くなり過ぎて、芯がぶれてしまう。 内側の半分にだんごをあてて、左手の中指と薬指で、土を外から小手に押し付けてやって、上へ上へと伸ばして行きます。 部分的に力をいれると壁がへなへなと芯を失ってしまいます。

10個の湯呑を作ったけど外観は一つも同じものがない。 ”が〜ん”ショック。 俺ってこんなに陶芸へただったの。

”やっと道具からつくるんだけど”の意味が分かった。 精神的な疲れと、集中力がこれ以上続かない。

昼から、先生が交代さるたこともあって、道具をつくることにしました。 窯元で道具用の木材を売っていると言う事で分けて貰いました。 10mm X 120 X 500mmの板で、1000円。 高け〜と心の中で思いつつも

陶芸スクールには、作品ごとにトンボ、団子、こての図面と寸法があります。 トンボは竹をなたで割って作ります。トンボは直径が10.5mm 高さが6.3mm 最初作ったものは、6.5mmでアウト。

小手は図面とおり、1000円で買った板で作ります。 図面を近くの道具屋さんでコピーして貰って。 はさみで切って、木に枠線を引き、のこで切り落として。 仕上げはやすりで。 おれ大工の勉強に来てね〜よと思いながら。 これ時間かかる。 多分小手をつくるだけで、丸一日はかかると思います。・・・・・なるほどこれが職人技なんだ。。2mm狂っていてもいいじゃんとか、大体大きさや、形があっていたらいいじゃん・・・だめだめなんです。・・・厳しい!!

 

今日の先生二人は何と絵付け師さんでした。 明日は、32年の経験を持つロクロ師さんです。 どうなるか想像も出来ない。・・・まず作った道具に対してダメ出しが出るでしょう。 それは当然の事のようです。 プロの職人は作品を作って、自分の手に合うように少しづつ調整をしていくそうです。 だから、職人自ら道具を手作りするそうです。 何故なら、個人個人で、小手の当て方や使い方が違うからだそうです。 

昼からの絵付師さんの説明、丁寧で分かりやすい。 小手の持ち方がこうだっからこうなる。 だからこうしなさい。 今、失敗したのは、こうだからこうなった。 午前の人は、説明をしてデモをやったら、他の生徒のところへ。 そんなもん出来る訳がない。 以前に感じていたことだけど、この人の生徒は伸びんやろうな。 何故? 魚の釣り方を教えるのではなく、魚を上げてる。 最初のイメージがあってる見たい。 クラスの先輩達もそんな事を間接的に言ってました。 そして明日の轆轤師さんはスパーマンだって。 



と言った感じの船出でした。 自分が思っていた環境に出会ったようです。 少し言い訳を。 そこに居た先輩の話を聞くと、3ヵ月のつもりで始めたのが5年になるそうです。 土練りで3ヵ月。 土殺しなど相当時間がかかったようで、いまだに、汲み出しは同じものは作れないと言ってました。 謙遜もあると思いますが。

私の作品を見て、同じもの一つもないねとか、もう一人の先輩は、自分も100個作ったら、2個くらい同じものができるかなと言ってました。 

初日から、轆轤を回して作品がつくれるだけでも立派と思います。 トンボ、だんご、小手を使う新しい技法が身に付けば、プロに少しでも近づけると思います。 もうすでに、昨日と今日の私は陶芸にたいする考えが違います。 後は、頭でっかちにならず、如何に素直に先生達の技を盗めるかにかかってます。 

いつも思うことですが、職人も人間。 同じ人間なら俺だって出来る。 これが、時々傲慢や慢心になりますけど。リーチ先生で出てくる亀乃介に言われた、いつかは師匠を超えてやると言うような気持ちがないと、独創性のある作品は出来ない。 いつかは、追い抜いてやると言う気持ちが涌いて来ました。

もう一つ言い訳。 作陶時の大きさ形は、外観で見たらだめです。 と言うか、小手を使って成型をしていると言う事は、内側の形状が同じであればいいと言うことです。 午後の絵付師さんはそのように言ってました。 腰は別にずん胴でもよい。それは削りで合わせれば良いと言ってました。 全体に私の作品は薄くつくる過ぎるようです。 その為、腰が上の土の重みで潰れるそうです。 そして、更に、薄くつくるのは、だんごや小手で内部の形状が同じに作れるようになったら、薄くつくるように。 最初は少し肉厚にして、小手、だんごになれたら、薄くしましょうと言ってました。 納得。


文字だらけですが、その内にYouTube動画や写真で紹介して行きます。 今日の作品は全て潰して来ました。 明日練り直して、ワンポイントでも前進したいと思ってます。

きっとリーチ先生も天から励ましてくれているでしょう。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
電動轆轤ですか? だんごとはなんですか? また暇な時にお答え下さい。 自分が思っていた環境に出会えて良かったですね🌷 今日のブログは、新鮮な内容で読みごたえがありました。 
Yokko
2018/04/02 22:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
瑞光窯 京都陶芸スクール 初日|さてどうなる? ノーマン趣味悠々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる