ノーマン趣味悠々

アクセスカウンタ

zoom RSS 端午の節句 たたらでつくる兜 | 初心者〜ベテランまで、簡単しかも、綺麗な作品が短時間で作れます

<<   作成日時 : 2018/03/27 20:00   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

端午の節句兜作り本焼き完了


画像

2月末に作陶を始めた、端午の節句用の日本兜の本焼きがやっと完了しました。 今回の作品は下絵具で時間を掛けて装飾をしてますので、そこに1週間の時間がかかります。 でも、時間を掛けると言うのは逆に時間があり過ぎて余計な事もすると言う事なんです。


着色は液体の下絵具を使いました。 この下絵具は釉薬を掛けると結構綺麗な発色をします。


画像

こちらの作品も技法は同じでたたら作りです。 上の作品が、楽寿荘の陶芸教室で作った初作、そしてこちらが二つ目の作品になります


鍬形の着色が違ってます。 上は黄色(金色にしたかった)、下が、無着色の半磁土の色です。 出来上がり次第で、漆を塗って金粉で仕上げても良いと思ったからです。 今のところは、このままでも良いかと思います。





画像

4方向からのコラージュです。 少し、照明が悪かった写真もあります。 兜のイメージが良くつかめると思います。




ここまでの着色は必要ないですね。 話は変わりますが、桜の花がさいて、端午の節句まで約一ヵ月。 そろそろ作り始めないと間に合いませんよ。 



画像


端午の節句兜作り


画像

節句って、季節の変わり目を表す日だそうで、元々、中国から伝えられたものなんですね。 中国では、偶数は凶で、奇数が吉だそうです。 ですから、全ての節句は奇数日になっているんですね。

全ての、節句を知っている人は知識人ですね。 もうすぐ、二つ目の節句が来ます。 一つ目は何〜んだ。 1月7日です。 二つ目は、3月3日、そして、三つ目の節句が端午の節句。 菖蒲の日なんです。

桃の節句の用のお雛様は何とか間に合いました。 陶芸教室では、すでに次の節句に向かっての作品作りです。

四つ目が7月7日、最後が9月9日です。


たたらで作る兜


画像

自宅でこんな作品をつくりました。 今月の楽寿荘陶芸教室のテーマ作品なんですが、たたら作りです。


たたらは5mm。 粘土は1kgからのスタートですが、実際は500グラム程度で作った作品です。 今回は半磁土で作りました。 この方が施釉したあとでも透明感があり綺麗な仕上がりになります。


陶芸教室で、一つ作ってますので、2時間程度で作れました。 たたら作りでの作品は如何に効率的に作るかで、この為には、出来るだけ組み立てをする前に各部品の装飾をするようにすると、短時間で出来ます。

例えば、鍬形の装飾、そしてしころ、又、しころを開いた吹き返しの部分なども、たたら板の状態で、装飾を仕上げた方が、効率的にしかも綺麗に仕上がります。 言い方は悪いですが、如何に手を抜いて作るかがポイントですね。


詳細はYouTube動画を見て下さい。



兜の名称


画像

兜の名称などは、知っていなくてもどうでもいいことですが、興味のある方は覚えましょう。


でも漢字が難しいものあります。 総角=あげまき、鍬形の下の部分は獅噛=シガミ、眉庇=まびさしなどなど


YouTube動画 |つくり方は下の動画を見て下さい。 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
やはり2作目は、だいぶグレードアップして、迫力がありますね🌷
鍬形覚えました〜
Yokko
2018/02/23 21:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
端午の節句 たたらでつくる兜 | 初心者〜ベテランまで、簡単しかも、綺麗な作品が短時間で作れます ノーマン趣味悠々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる