ノーマン趣味悠々

アクセスカウンタ

zoom RSS 詰めが甘い。 陶芸失敗の巻き 時計も人生も後戻りできない。

<<   作成日時 : 2017/07/09 18:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

大雨の気配で、外はごろごろぴかぴか。まるで私の心を読んだような荒れ模様のお天気です。 今週はこの鶴首の本焼きが上がってきます。 
画像


この作品は、手回し轆轤で紐作りで作ったもので、作陶開始から、削りを終えて化粧土、そして飛びカンナで仕上げるまで、2時間半程の作品です。 鶴首の作品に挑戦し始めて、この高さのものは、3本目。 毎回毎回、課題を克服しながら、これに合わせて、一輪挿しを20本ほど作って、膨らませ方やフォルムなどを研究した結果でした。 やっと、自信の持てる作品が出来たのに、これが本焼きです。
画像
大き目の花瓶が2点、一輪挿しが5点の7件。 

やっちゃいました。 皆が何が気にくわないのと言いますけど、中央の鶴首です。気持ち的には、心の清い真っ白な鶴が、嫁に来てくれると言う感じだったんです。 こんな作品になってしまいました。 何を血迷ったのか、織部を首の部分に掛けてしまいました。 これはないやろ。 上が重たくなりすぎて、すらりと伸びた鶴の首が短くなって、重たく見えます。 素直に、全体を3号石灰で仕上げるべきでした。 ”Back to the past”みたいな、タイムスリップは出来んもんですかね。 いままで、さんざん苦労してきた経過と、素焼きまでにかなりの期待をしていただけにこの落差は大きい。 

心の中は、大雨。 そして頭の中は、ゴロピカの状態で暴風雨警戒の状態です。 陶芸で失敗したことがある人はたぶんこの気持ちを察して頂けるのではないかと思います。
画像


何故、織部を掛けようとしたのか、まったく覚えていないのです。 多分、前回作った織部の鶴首のイメージが残っていたのでしょう。 この作品は、黒化粧土をすだれ状にして、織部を掛けたもので、写真では良く分かりませんが、織部の下で、黒化粧土と、飛びカンナの後の白い下地の色が微妙な景色を醸し出してます。 

でも、この花瓶の丸の組み合わせの部分が、上手く行ってないし。 胴のふくらみを付けた方がもっと綺麗な鶴首になると思った次第です。 このスレンダーな作品も悪くはないのですが。
画像


話を、元に戻して。 織部のかかっている下数センチに、薄くグラデーションが掛かることを期待していたんですが、それであれば、織部でない方が良かった。 色彩的にも、濃い緑と、石灰透明の茶、そして、白く点描された飛びカンナ。。これやはり、合わないですよね。 いつも施釉の度に失敗して、嘆いているあほな素人陶芸家ですね。 90%を成功して、あと一歩で、駄作にしてしまう。この詰めの甘さ、何時までたって学習ができないようです。 自分自身に腹立つな。 これで鶴首は卒業の予定だったのか、これで卒業書をふいにしてしまった。

     梅雨あらし 白き花嫁 いずこにか

今日は沢山の、ブログ気持ち玉のガッツを頂けそうです。 いつもアクセスして頂いている読者は、私の心の動きがよく読み取れるようですね。 お手柔らかにお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
確かに少しもったいない。でもその気持ちよくわかります。せっかく鶴首を私なりに頑張って、また先生の手もお借りして作ったのに釉薬で残念な結果ばかりです。
でも俳句はいい感じ🎵 そのうち白き花嫁も帰ってくるでしょう💮
Yokko
2017/07/09 19:22
明日が有るさ、明日が有る。歌の文句通り。ガッツ・・・
柴犬ゆうた
2017/07/10 07:39
そうかな〜?? い〜のち〜みじかしい。。、恋せよ乙女〜 ってような歌もあるしね。。焦らず、肩はらず、陶芸に恋して行こう。。
ノーマン
2017/07/10 07:50
らしくない事言って。良くぞこんな歌みつけてきましたね。「ゴンドラの唄」ですよ。陶芸に恋なんか出来ません。情はかけれますが・・・
柴犬ゆうた
2017/07/10 18:32
嘘っそう!! ゆうたさん 陶芸と大恋愛かと思ってました。 痴呆がはじまったかな? 芸術は、作者のあり様なるものが出て、それで人を如何に感動させるかだって。。だれが言ったの?ノーマンです。
ルーシー・リーさん。これは腕じゃないよね。作品を通じて、ルーシーを見ているんだと思うけどな。。作品に少しの愛を。。
ノーマン
2017/07/10 20:12
作品に少しの愛を。。これが情なんですよ。
柴犬ゆうた
2017/07/10 21:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
詰めが甘い。 陶芸失敗の巻き 時計も人生も後戻りできない。 ノーマン趣味悠々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる