テーマ:陶芸

ノーマン陶芸放浪記 磁器丸壺の装飾

今日は、日本バレーのイラン戦、そして、ラグビーのスコットランド戦がいよいよ始まります。テレビを2画面にして、両方の戦いを観戦中です。惜しいな日本がペナルティーキックを外しました。 0-7でスコットランドリード。そして日本トライで、5点。やりました。松島幸太郎のトライ。。いいぞ、勝てる。バレーも、日本が1セット先取、そして2セット目もリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノーマン陶芸放浪記 白磁鎬文様大鉢

枚方工芸展も終了しましたね。見に行こうと思ってたんですが、今週末は展示会は終わっていました。最近はこんな勘違いみたいな事が多くなって、少し歳を取り過ぎたかな?本音はそんなことはないと思っているんですが。。ゴルフの飛距離もビックリするくらい飛んで、まだいけると思ってます。陶芸の方は、窯元の方が体験で作られた商品の焼成に忙しくて、最近は酸化…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ノーマン陶芸放浪記 白磁牡丹彫文丸壺 彫りの装飾

暫くぶりです。ビッグローブがやっと気持ち玉の機能を追加しました。以前の様に気持ち玉のチェックお願いします。先週は、陶芸スクールでいろんな事が、最大のトピックは筒上げ、信楽の白で、何と36cmの高さが出ました。長年の課題であった難関の突破です。うれしくてうれしくて、皆に出来た出来たと。。これで、40cmでも出来るのでは。。自信満々に磁器土…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

墨はじき 素焼き完了 なせばなる、ほぼ完璧な仕上がり。絵付けの裏技公開

期待の墨はじきの素焼きが出来上がりました。藍呉須のバックに、くっきりと線描きされた文様が浮かび上がりました。想像以上の出来です。これで、あれば、本焼きの仕上がりは見えている。この技術は使えそう。 墨はじきのテクニック 超簡単。墨はじきのテクニック。習字用の墨汁を準備します。多分、家には1本くらいあるでしょう?墨汁の原液で、自分の好き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今右衛門と墨はじき 墨はじき作品の試行

今右衛門は、有田の三右衛門の一人であると言うのは以前のブログに書きました。正式には、今泉今右衛門で、現在は十四代目になるそうです。1600年代に有田泉山で陶石が発見され、日本で初めて磁器が焼かれます。その後、中国より、赤絵の技法(色絵)の技法が伝わり、初代今右衛門は赤絵付けの仕事をしていたそうです。十七世紀後半、有田皿山の窯元は百五十軒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白磁渦巻き彫文丸壺の製作

南アフリカがニュージーランドに敗れました。南アフリカの長男の嫁さんが、がっくり。”まだ、決勝で対戦するから、もう一度チャンスがあるよ”とLineで送ると”でも、負けて悲しい”と英語で書いて来ました。英語しか分からないのであたり前ですが。ラグビーは南アフリカの国技見たいなもんで、皆さん大好き見たい。たかがラグビーされどラグビー。。昨日の作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々の楽寿荘陶芸教室作品 岩石ライク花瓶

ラグビーワールドカップが始まりました。マスコミに洗脳されて、私も昨日の日本―ロシア戦から見ています。ロシア―に大勝して勝ち点4とボーナス点で5点。格下のチームとは言え好発進です。それにしても、日本のチーム外国人が多いですね。人口減の日本の将来を象徴しているように思えますね。 日本に住んでいる外国人も多くて、外人さんは珍しくもなんともない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

電動轆轤 大物作りの基本筒上げ

昨日に続いて、筒上げの話です。 今日は絶対やってやるとの強い意気込みでスクールへ。これが出来なきゃ、磁器土での大物つくりは無理。 同じ人間がやっているのだから、やれない訳はない。絶対出来る。これが、轆轤師さんが作った筒上げ。約3kgの粘土で、約、32cmの高さでした。それを切り糸で縦に半分に切ったものです。 少し乾燥が進み、今では約30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱり大事にしたい染付の技術と作品 プロが教えてくれない呉須購入ルート 海外でも名の通った超一流のメーカーの仕入…

今日の陶芸は不調でした。あれだけ、YouTubeで筒上げの研究をして、二三のポイントを掴んで、今日こそはとの思いで、意気込んで京都に行ったんだけど、上手く行かなかった。朝一番に、10kgの信楽の白を注文。そして、それを三分割。一分割、約、3kg強の重さ。まずは、轆轤師さんにサンプルの作成をお願いした。それは、懇切丁寧に手順を1つずつ説明…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ノーマン陶芸放浪記 鍋島青磁 本物は違うな!

江戸時代に佐賀藩(鍋島藩)は、有田で制作していた献上用の焼き物を、大川内山の移転させます。製作技法が他に漏れないように大川内山(伊万里から、バスで20分程)。ここで焼かれた献上品は「鍋島」と世ぼれ、その精緻な造形と優雅な作風は、近世陶磁器の最高峰と言われるそうです。この伊万里鍋島焼は、大きく三つに大別されます。①色鍋島②鍋島染付③鍋島青…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノーマン陶芸放浪記 タンブラー絵付けのいろいろ

今週は連休で、自宅で絵付けをします。鋳込みのタンブラー4個を持ち帰り絵付けをしました絵付けは結構集中力と根気みたいなものが必要で、自宅でゆっくりして気分が向いた時にやります。この方がいい絵付けが出来るし、高い授業料を払っている分スクールでしかできないものをやりたい。4種類の絵付けをやって見ました。 有田 色絵の作品 こちらのタンブラ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

陶芸 マグカップ製作 プロの職人の技に学ぶ ”弘法筆を選ばず” 陶芸のプロは筆を選ぶ

この夏休みの間にもう一度基礎をやり直そうと、マグカップを作る事にした。窯元から、白粘土10kgを購入して持ち帰って。基礎って何をしようと言うのか?陶芸の基本と言うのは、”湯呑に始まって湯呑で終わる”と言われますよね。今目指している陶芸は結局これではないかと思います。陶芸スクールに入ってまずやった事はこの湯呑作り。まず、図面を書いて、粘土…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超尺皿の大物絵付け、九州佐賀、長崎窯元巡り計画

今日は朝から、早朝ゴルフの練習。 同級生三人で、朝7時頃まで練習をして、そして、それから、ハーフのラウンド練習。やっぱり、暑いハーフでアクエリアス2本を飲み干してしまった。この暑さいつまで続くんでしょうね? ハーフが終わると少しふらふら。陶芸スクールも休みで、久々にお墓詣りに行こうかと思ってます。 実家は福岡県の大川市で佐賀県は、筑後川…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

陶芸 久々の中鉢製作 イッチン描きと着色の技法 白化粧土での下地のだみによる下絵具の発色を補色する技法

暑い日が続いてます。陶芸スクールの方は夏休みと言う事で長い休みに入ってます。暑い日の陶芸はどうするのと言う事なんですけど、我が家の工房はベランダ。 暑い日は短時間でも、熱中症になりそう。こんな日には陶芸なんかしないで、ゴルフやカラオケ、ギターなどを楽しんだらいいんでしょうけど、陶芸をやらないと何か落ち着かない。 陶芸がすっかり生活のリズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々の山コースのゴルフラウンド 二十数年の課題が克服できたのか? 青磁大鉢の紹介

久々にゴルフのラウンドに行ってきました。今年3回目のゴルフラウンドです。いつもゴルフの練習は河原のコースでハーフのラウンドをやります。 ゴルフは18ホールでスコアーを競うものですが、練習は9ホールのみです。昨日も9ホールのラウンドで、35のイーブンパー(1バーディー、1ボギー、他全てパー)。河原ではいつも大体これ位のスコアーで、特に今週…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

陶芸はやはり難しい。 タンブラーの本焼きはどうなった?

期待をしている作品にタンブラーがあります。そうです。磁土の泥漿で鋳込んだあの作品。型作りから、鋳込み、削り、そして絵付け、ここまでは相当力を入れた作品です。NHKの朝ドラ”夏空”を見ながら、”俺も作品に魂を入れなくちゃ”と心の中で思いながら、作っているんですが。。さて本焼きはどうなったか? 本焼き3点 こんな感じで仕上がりました。呉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸 磁器土でつくる大鉢の製作と染付 日本陶芸の伝統の呉須による蔦、龍、花柄の下絵付け

夏休みでも、やっぱり陶芸が気になる。 今日は京都まで車で出かけて、絵付け作品と45cmの大皿を窯元に持って行って来ました。休みでも、やっぱり熱心な人たちがいます。4人の人が来てました。 休みの間でも作業場は生徒は使えるようになってます。ただし、無償ではなく有償。 一日1000円の費用が掛かります。 当然材料代は別ですけど。そして今日の本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノーマン陶芸放浪記 大鉢とビアータンブラーの染付

おはようございます!このブログ記事下書きの段階で公開されたようで失礼しました。改修前は下書きをして保存にしても、公開と言うボタンを押さない限りは公開されなかったのに、新しいアプリでは、保存したら、即公開になる設定になっているようです。本当に迷惑な話で、デフォルトで、保存=下書きにすべきなのに。 記事を書く途中で下書き保存を必ずしますので…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

陶芸放浪記 染付本焼き 蓋物

 この無料ブログ運営会社のビッグローブがブログの大幅メンテをやってます。 改修と言うか、最悪の改悪。 システムはバグだらけ。バグは、余り使わない機能で、たまにはエラーが出たりするものです。これひどい。 表示されるカレンダーで、土曜日が表示されない、サムネール写真が記事によっては表示されないなどなど。 このメンテは一ヵ月前くらいに予定され…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ノーマン陶芸放浪記 陶人形の作り方 YouTube新作

今日は。 いい天気でしたね。今、読んでいる本があります。 ”クリティカルシンキング”と言う、洋書の翻訳本です。 まだ、序文を読んだところなんですが、こころは独自の世界なのだ。その中では天国も地獄に、地獄も天国になりうるこんな出だしで始まります。 簡単に言えば、自分の思考の質によって、周りが変わってくると言うような内容見たいです。この本も…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ノーマン陶芸放浪記 14面マルチファイス花瓶絵付け完了

角瓶描きの絵付けを完了しました。左上から、麻の葉、七宝、海青波の三つのパターンで仕上げています。  麻の葉は、三角形の組み合わせ、そして、七宝と海青波は、丸の組み合わせですね。 この中で何が一番難しいでしょう? それは、海青波です。 私にとってはと言う事なんですが、菁波は、半丸の組み合わせなんですが、同芯の円を、骨書き用の筆で描くのは…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ノーマン陶芸放浪記 大鉢の装飾

もうすぐ12月。 今年も僅か一ヵ月を残すだけの時期になって来ました。 今年の目標は達成されましあでしょうか?今年、意を決して臨んだ京都陶芸スクールも早いもので半年。 最近は、ほぼ目標として来た作品が続々と出来て来てます。この作品も前回に続いて、大鉢です。 この鉢は、今年の私の目標を総括するような作品です。 主なスペックを紹介しましょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノーマン陶芸放浪記 ここまで来た陶芸 尺鉢本焼き完了

急に冬の気候になって来ました。 昨日は、ゴルフの予定だったんですが、朝起きたら、天気予報通り、雨。 まいったな。 ゴルフの長年の課題が解決したので、今回は良いスコアーが出そうな気配があったのに。 ゴルフ場には行くにはいったんですが、皆さんの総意でキャンセル。家に帰って来て、することがないので、ベランダで、どんぶりの型と、お酒の盃の型を作…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ノーマン陶芸放浪記 14面花器 小紋の染付

今晩は! 今日は新しい作品の紹介をしましょう。 以前に作った14面花器ですが、染付をしたくて暫くほっていたんですが、意を決して染付をしました。 それがその作品です。これが染付を放置していた理由なんです。14面に小紋の染付をして見ました。日本には、昔からいろいろな伝統的な文様があり、染付の職人さんは簡単に呉須で描きますが結構むずかしいです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノーマン陶芸放浪記 陶芸の釉薬 油滴天目釉

油滴天目釉は、窯変釉とともに天目釉のなかでも最高のものとされています。油滴天目ってどうやって出来るのだろうと思う人は沢山いるでそうね。 水に油が浮いているように、漆黒の釉薬に銀白色の結晶が一面に現れた釉薬です。大西政太郎さんの著書によると、こんな感じが油滴として現れます。 長石分の多い基礎釉に鉄分を加えたものを厚く掛けて焼成します。1…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ノーマン陶芸放浪記 ここまで来たノーマンの一珍書き

いいお天気ですね。 最高のゴルフの練習日で、100球打って来ました。 いろいろな課題が嘘のようにクリアできる。これで強いゴルファーに成れそう。 やったるで。。左の写真2枚は、7寸皿です。 さくらの花を、内側そして下側に書いています。 素焼きの作品に磁器土のどべでイッチン描き。 硬さの調整が結構上手く行き、部分的にはイッチンの剥がれもあり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ノーマン陶芸放浪記 大物磁器鉢の製作

世界バレーボールの決勝ラウンドで、イタリアに惜敗しましたね。 残念。 それにしても、中田監督になってから、女子バレーは強くなりましたね。 一部の古いメンバーも残ってますが、若い強い選手が増えてます。 これで、セルビアにも負けて決勝ラウンドは2敗。 予選ラウンドでは、世界ランク一位のセルビアに勝ったのに。 日本の世界ランキングは、4位か、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ノーマン陶芸放浪記 失敗は成功の元 誰言った?

湿台(しった)を削りで使う人は余りいないと思いますが、窯元の削りは湿台でやります。 私は、自宅に自作の湿台を沢山もっているんですが、これって前から難しすぎて。 でも、窯元では、30cm位の鶴首から、汲出し茶碗まで、全て湿台で削ります。その理由は、一度削りの技術が身に付くと、沢山の作品が短時間にそして、質の良い仕上げが出来るからだと思いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生活に潤いを与える陶芸作品! 二重竹籠本焼き完了 あなたに絶対おすすめの陶芸作品 図面も添付

このブログの上を見て、タイトルが変わって来ているのにお気づきでしょうか? 堅苦しい、パット見ても分からないブログタイトルを変更して見ました。 横文字が入っていると日本人にはやはり合いませんね。 そして、Norman Tomitaと言うのは、ブログのタイトルとしては何の意味もありませんから。 これはプレバトの夏井先生から学んだもので、意…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2018年 お正月 Happy New Year! "Year of the Glory"

 明けましておめでとうございます。 今年初めてのブログです。 皆さん、良いお正月をお迎えになられたでしょうか。  ゆうたさんから、新年のメッセージにこんな写真が添付されてました。 余った粘土を掌でで捻って作ったそうです。 干支ゆうたには、兄弟が出来てたんだ。。(ゆうたさん無断掲載です。。) 黒バックに干支ゆうたがとっても映えますね。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more