テーマ:鋳込み

陶芸 鋳込み型 & 作品諸々

今日は鋳込みの話を。 電動轆轤や手びねりで作る作品は丸い作品です。これは、これなりに素晴らしい技術なんですが、陶芸のもう一つの要素の造形と言う点では、たたら作りなどの方がいろいろと面白い作品が出来ますね。そして磁器土をたたらにして貼り合わせるのは難しいですね。磁器土の場合は土の様な貼り合わせは、しっかりと擦り合わせをしないと難しくなりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸 染付の技術 蓋物の鋳込み型製作

昨日も沢山の素焼きが出来上がって来ました。このところ絵付けを頑張ったので、大分素焼きが減ったと思ったら、又増えたって感じ。週3日も通って轆轤を回したり、鋳込んだりしてるんだから当然でしょうけど。花入が2個、タンブラーが2本、蕎麦猪口3個、平皿6枚。こちらの作品は染付で仕上げてみたいと思ってます。平皿、見事にスタッキングが出来てます。でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶箱の鋳込みと陶箱石膏型の原形の製作

こんにちは、今日も暖かったですね。でも、最近の天気は猫の目天気と言うようです。高気圧と低気圧が短時間に交互に日本列島を通過して行きます。一番、嫌いなのが、その気圧中国大陸を通って来るんです。今のコロナウィルスも、そして、黄砂や、PM2.5等々、汚染された空気が飛来します。やめてほしい。中国のお陰で、世界の経済も、日本の経済も崩壊の危機に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノーマン陶芸奮闘シリーズ 磁器土は難しい。鋳込みの同時進行大量生産。

冬らしいお天気になってきましたね。今日は京都の方は雪の予報でしたが、行って見ると雪は全くないし、降りもしなかったです。でも、嵐山の方から来たクラスメートの車にはまだ雪を被っていた。もう今日は2月の中旬、明日からは本格的な花粉の飛散らしいです。嫌ですね。今日は左の写真のような作品を作りました。午前中は、昨日購入した磁器土を使っての平皿の製…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

白磁テッセン絵付け丸花瓶

今日も朝から忙しかった。朝一番には、期待の上絵付花瓶チェック。それから、残りの絵付け皿の削り。タンブラーの施釉それから、鋳込みの作業。こんな風に兎に角忙しい一日でした。 テッセン上絵付丸花瓶 期待の作品です。さて結果は。????スカーレットの喜美子が2回目の焼成を失敗してしまった。そして八郎との関係が少し雲行きが怪しくなってきた。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遊び惚けの正月休み  カシオ 光ナビゲーション・キーボード

長い長い年末年始の休み。陶芸もこの際、一斉手を付けず。 毎日毎日がゴルフDay!地球の温暖化なんか嘘など言っている某国の大統領。ホワイトハウスも豪華な邸宅も、当然空調設備がフル稼働しているから、地球の温度の変化なんかわからないんだろうね。でも、庶民の私たちには、地球の温暖化の影響を毎日感じるよね。例年のこの頃であれば、零度近い日も多く、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お握り形花入 石膏鋳込み型の鋳込みテスト

今日は! 先日から取り組んでいる石膏鋳込み型製作。原形作りに始まって。底型、前後の型取りと三分割の型が完成して、窯の近くにおいて乾燥させました。今回はそのテスト鋳込みです。さて結果は? 花入鋳込み 上の写真の石膏型を窯の近くに置いて約一週間。石膏の乾燥も相当にすすみ、テストが可能になる程度になりました。石膏型を左の写真のように、一つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花入 鋳込み石膏型の製作 底の石膏型の鍵つけ

今年も後残すところ僅か。京都の陶芸スクールも12月24日で終了。来年は、1月20日からのスタートになります。それにしても一年の経つのが早い事。年を重ねてくると、時間が経つのが早く感じるそうです。子供の時は時間が長く感じるとのことです。その理由が、子供達は毎日毎日が新発見の連続だからそうです。ちなみに昨日や一昨日なにをやったか考えるとなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more