テーマ:絵付け

下絵具を綺麗に発色させる裏技 抹茶茶碗の装飾の下地

今日は、陶芸の下絵付けで絵具の発色が余り良くないと言う事で悩んだことありませんか。こちらは窯元の商品の絵付け。土ものでほんわりと温か味があり、そして、染付られた花の色は綺麗に発色してます。こんな色の発色をさせようとすると、どうしても、下色絵具で濃く塗ってしまいます。一方、磁器物の色絵具の発色はとっても綺麗に発色します。これが今日のポイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸スクール再開

皆さんお元気でしょうか? コロナの緊急事態宣言も解除されて、陶芸スクールも6月初めより再開です。何よりも、関西地区の新感染者が、ほぼ0の日々が続いていて何よりです。でも、昨日の日曜日はどこに出かけても車や人で一杯。東京では、夜の接待の感染者が沢山発生しており、関西でも飲み屋の自粛が緩和され、その内に大きな第2波が発生しないと良いですけど…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

久々の還元焼成の作品 白磁桜下絵丸壺 & 蕎麦猪口下絵付け本焼き

今晩は! 今日は令和元年最後の満月"Cold Moon"の日だそうです。インターネットの記事によれば、毎月の満月には英文の名前がついているそうです。そして、今年の漢字が発表されました。誰でも予想した”令”だそうです。興味のある方は、ヤフーNewsに載ってますので読んで下さい。この作品は先日の展示会にも出展したもので、石灰透明に一部釉薬の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more