ノーマン陶芸放浪記 大鉢の作陶 & 白雪姫本焼き

今日は朝4時に起きてしまった。 ふと目を覚ますと、空は少し明るくなって来てる。 目覚まし時計の5時半には、まだまだ時間があるのに。

昨日は沢山の本焼きが出来て来て、その鑑賞で一杯で、ブログも更新できなかったし起きるか。

昨日は又脚が痛み出した。 休みの日はそれほど痛くなかったのに、陶芸を一日やっていると脚の痛みが強くなる。 やっぱり、陶芸が原因なのかな?


半磁器 大鉢の作陶

画像

そういえば、その日は休み明けの陶芸初日で張り切って出かけて、左の写真のような大鉢を作ってました。

近くの粘土工場に、半磁器を20kg注文して居たんだった。 陶芸スクールの先輩が、日本伝統工芸展かなにかの出典の為、大きな鉢を作っていたから、いつか機会があれば、自分も作って見ようと思ってたんです。 この人の作品は、8kgの信楽の粘土。 

8kgを半分に分けて、4kg2本の筒上げ。 それを、積み上げて作ってました。 大半の仕事は、この窯元のプロの轆轤師さんが作ってましたけどね。 これだけの粘土になるとやはり土が上に持ち上がらない。 だから半分に分けてやって見たい。 後で、その作業を見ていたんだけど、幅40cm位の大鉢が安定して回転をしている。 やっぱりプロは違うな。 

でもこの轆轤師さんであれば、8kgの粘土を別に二つに分けなくても出来ると思い。 つい、それを声に出して言ってしまった。

その日はそれで終わったんですが、数週間後に、今度は8kgで同じ作品を作ったんだって。 ”それならそう言ってよ” 見たかったな。

轆轤師さんのプライドを傷つけてしまったかな。 これは私の推測ですが、一つ目は、8kgで一体成型。 分割なし。 それと最初の作品は、予定の作品より、少し高さが足りなかった。 実は生徒さんがやった菊練りで、空気が残っていた見たい。 このため、上部を数センチ切り落としていた。

これが、職人のプライドなんでしょうかね。

写真も撮ったけど、無断掲載になるのでお見せ出来ません。 日本伝統工芸展などで良く見る、どでかい作品が出来てました。

この人、日本伝統工芸 近畿展の常連さん。 でも、ちょっと複雑だな。 それくらいの人であれば、自分でつくったらいいのにと思いますけどね。 これは多分サンプルで、出展作品は自分で作っておられると思いますけど。

そして、陶芸アマチュアのノーマンの作品が上の写真。 5kgの半磁器。 この作品は染付をやろうと思ってます。 本当は磁器土の方がいいですけど、磁器土はやっぱりハードルが高い。 ですから、リハーサルの意味で、半磁器で粘土を少し減らして5kgで。 トンボ、だんご、へらも作ってません。 一本目は失敗。 30cm以上の筒上げをしてそこから広げて行く予定でしたが、上手く上がったと思ったけど、仕上げをしようと触れば触るほど、背が低くなっていく。 そこで潰して。 もう一本。 感が相当鈍っている。

そして、これは二本目。 少し形状に難があるけど、まずまずかな。 削りで結構いいものになりそうです。 そして、今日は2本目を作って来ました。 この写真のものは、真っ直ぐに25cm位の筒上げをして、徐々に広げて行ったんですが、厚みが少し足りない。 今日のものはある程度上がったら、最終の形状に近い形に最初から、挽いて行きます。 斜め上に伸ばして行く感じで。 結構バランスの取れた作品になったと思います。 アマチュアで自分だけで作ったにしてはいい出来です。 当然ながら、大きな展示会に出せるレベルではありませんけど。 枚方の工芸展位かな。((笑)

白雪姫本焼き

長い事待たされていた白雪姫の本焼きが上がって来ました。 最近は還元焼成の作品や、窯元の商品が随分少なくなっているようで、以前ほど還元焼成が行われず、もっぱら酸化焼成です。 このため、還元焼成に出しても、なかなか焼いて貰えません。

これが、陶人形3作目でしたね。評価のほどは皆さんにお任せしますが、随分以前に作ったものですね。 

画像画像

もう少しいい出来かなと期待をしていたんですけどね。

一番気になっていた、腕はやっぱり失敗でした。 一つは長さ。 腕が長すぎた。 それと、腕の形状。 ゴムバンドが垂れ下がったような形をして、そこには、筋肉も骨もない。 これ大失敗。

特に、右手。 恥ずかしくて、写真は載せませんが完璧に失敗してます。 分かっていた話ですが。

家内に言ったら、本当に変だねだって。 おまけに”腕を折って、新しいの付けたら”と言ってました。 なんと残酷な。 少々不細工だからと言って可愛い娘の腕は折れない。 

次に作品は間違いなく改善されている。 今、手元に素焼きが上がって来てますので、明日着色をして、本焼きに出す予定です。 ゆうたの色は決まってますが、少女の服の色をどうするか迷ってます。 この白雪姫の青は良くなかった。 白雪姫だったか、白系かピンク系の方が良かったかなと思ってます。

さてどうなるか? 昼下がりの配色が良いかなと思ってます。


明日は、40作ほどの染付作品の施釉と、”ゆうたとお散歩”の着色と施釉を予定してます。 それと、大鉢の削り。 毎日毎日、本当に忙しい。 燃え尽き症候群になるかもね。 でも、燃え尽きるまで頑張ろう。 今日、夢演歌と言うCDのセットが届きました。 車の中で、昭和の演歌の練習をしながら、京都へ行きます。
Have a nice day!!

"ノーマン陶芸放浪記 大鉢の作陶 & 白雪姫本焼き" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント