大物染付花瓶の焼成

今回の本焼きの作品の最後になります。 でっか~い花瓶です。余りにも大きすぎて、窯元の焼成室に2ヵ月以上も放置されてました。 少し嫌味を込めて、”長期焼成待ちで~す。”のメモを目立つように貼っておいたら、先日の還元焼成でやっと焼いてくれました。直径30cm以上の丸い花瓶で、土は信楽の白で。先般からの筒上げで散々苦労して、やっと満足の出来る…
コメント:2

続きを読むread more

あなたの絵付けの好みは? 染付、下色絵具、上絵付け?

陶芸を長年経験していると、作陶の技術にもう少しプラスアルファーの世界を。やっぱり絵付けかな。持ちに待った待望の大物作品が出来上がってきました。36cmの大皿と32cmのお皿2点です。左の写真がその大物なんですが、その大きさを実感してもらうために、以前に作った15cmの広重の飾り皿を間に入れて見ました。左の大皿は写真では見えませんが、お皿…
コメント:2

続きを読むread more

一輪挿し、抹茶茶碗製作

今日は朝から雨が降ったり止んだり。最近はゴルフに頑張り過ぎて疲労気味ですので、今日は自宅で陶芸の日です。その前に、一輪挿しの本焼きの紹介です。久々に色釉を使って見ました。この作品は、黒天目に、白マットの吹きつけの二重掛け。もう少し、黒味のある作品が出来ると思っていたんですが、少し光沢の強い金属的な作品になりました。そして、口縁や、胴体の…
コメント:0

続きを読むread more

絶好調、ゴルフゲーム。青白磁花入 本焼き

熱いですね。熱いですよ。私のゴルフがVery Hotです。昨日は、9ホールで三つのバーディー。一昨日の4バーディーが自分自身でも信じられないので、確かめに9ホールの練習に行ってきました。No1.のPar5のホールを3番をウッドで2オン。イーグル外しのバーディー。それからは、調子が良いものの中々バーディーが出ない。そして、8番ホールのパー…
コメント:0

続きを読むread more

努力は嘘をつかない。あなたもきっとプロのレベルに。

暑い! 暑すぎる。今日は早朝からゴルフに出かけて来ました。毎度のことで9ホールのハーフの練習ラウンドです。兎に角この時期は熱中症になり易く、温度の低い早朝にラウンドをします。ゴルフも真剣に練習を重ねてますが、今日は何と、最初の5ホールで4つのバーディーが取れました。最初の勢いでは、5ホール全てバーディーが取れそうだった。僅か1cm程、ラ…
コメント:0

続きを読むread more

やっぱり難しいな! 上絵付

今日の真夏日、やっぱり巣ごもりの方がよさそう。先日の抹茶茶碗の上絵付ももう一つ気に入らない。画材が赤粘土に土灰釉と言う事で全体がグレイと言う事もあるのかなと思ってます。そこで、今日は真っ白な磁器土の15cmの丸皿に上絵付をして見ます。作品は2点。上の桜の絵付け。そうしてもう一点がテッセンの絵付けです。絵具は有田の絵具店から取り寄せた絵具…
コメント:0

続きを読むread more

上絵付 抹茶茶碗

暫くブログの更新を休んでました。京都の陶芸スクールはコロナで休校かと思えば、何ともう夏休みです。こんな感じで陶芸の方も気が入らない状態で、ブログも更新も暫く休んでいました。こんな抹茶茶碗が出来上がりました。少し大き目の茶碗です。土は赤で、釉薬は土灰です。以前にも抹茶茶碗は沢山作っているけど、久々の作品なんですが、少しど派手な絵付けになり…
コメント:2

続きを読むread more

筒型花入(Tall flower vase)の 製作と装飾 

今日はのっぽの花瓶の紹介です。以前のブログで紹介した写真の削り作業が終わりました。元々は42cm程に筒上げした作品で、これだけ背が高いと削りの作業も半端ではありません。どうやって削るんだろうと思いますよね。湿台を使います。下から10cm位の高さに来る湿台を探して逆さに(口を下に)縦ます。そして、芯を出して、垂直にします。そして高台の底を…
コメント:0

続きを読むread more

下絵具を綺麗に発色させる裏技 抹茶茶碗の装飾の下地

今日は、陶芸の下絵付けで絵具の発色が余り良くないと言う事で悩んだことありませんか。こちらは窯元の商品の絵付け。土ものでほんわりと温か味があり、そして、染付られた花の色は綺麗に発色してます。こんな色の発色をさせようとすると、どうしても、下色絵具で濃く塗ってしまいます。一方、磁器物の色絵具の発色はとっても綺麗に発色します。これが今日のポイン…
コメント:0

続きを読むread more