飾り皿本焼き フェニックス、広重五十三次 神奈川沖、龍

今日は、心地よい北風の一日で皿も真っ青。人間湿度が40~60%位であれば快適と感じるようです。でも、明日からは又、梅雨が復活するそうです。今日は、染付の作品3点を紹介します。

IMG_4865.JPG

最初の作品は、ギリシャ神話に出て来るフェニックス。火の鳥ともいわれる架空の鳥です。あの”ハリー、ポッターでも出て来ました。

死んでも蘇ることで永遠の時を生きるといわれる伝説上の鳥で、
寿命を迎えると、自ら薪から燃え上がる炎に飛び込んで死ぬが、再び蘇るとされています。以前に小皿に呉須で染付をしてましたが、今回は色呉須で少し着色をして見ました。

15cmの磁器皿で、色呉須が上手く発色してくれました。

次の作品も以前にも描いた広重の模写です。


IMG_4866.JPG

初めて描いた作品は、少し遠近感がなかったし、この絵付けであれば、ほしい人もいるのではないかと思います。

他の五十三次の絵は細かすぎて、この小皿には不向きかと思います。

そんな状況で描いたものですが、富士山を少し薄く描き過ぎたようです。それから、高く伸びた荒波の裏の部分をもう少し濃く強調すべきだったかなと思います。おしいい。。

呉須は焼き上がるまで、発色の程度が分かりません。そこが水彩画や、油絵などとの難しさの違いです。

次の作品は、最近得意になって来た龍です。


IMG_4867.JPG

前回の作品との違いは呉須です。今回は青呉須と言うものを使って見ました。

本焼き前の状態では、少し青味が強すぎるかなと思いましたが、こうして本焼きを見ると、結構、迫力のある作品になりました。


前回のトトロのメイちゃんの失敗の経験もありますので、今週末には、呉須、色呉須、下絵具を使って色見サンプルを作る予定です。

それでは。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

Yokko
2020年06月17日 23:58
Awesome❗