たたらで作るお皿 レース文様 & イッチン描きの作品

自宅自粛、大変お疲れ様です。やはり私たちは日本人だなと思いますね。自宅自粛と言われるだけで、ほとんどの国民が不要不急の外出を避けて、その効果が出て感染者がドラスチックに下がり始めました。

私が知っている海外ではこうは行かない。ロックダウンと言った強制的な方法を取らないと秩序が保たれないところが多いですから。

今日は自宅でも出来る陶芸をYoutube動画にして見ました。

粘土さえあれば、家庭にある道具だけで、自分好みのお皿が作れるでしょう。

レース文様など必要ないですね。そこらにあるカーテンや凹凸のある端切れを使えば、後は、麺棒見たいな丸い棒と片栗粉があれば大丈夫。

百均に行って、道具や器などを買って来ても時間つぶしになります。

京都の窯元はやはり、休校になってしまった。昨日は、往復3時間程も掛けてすべての作品を素焼きに出して来ました。毎度思うんですが、何とか陶芸のペースダウンをしないと大変な事になりそう。ところ狭しと置いてあった箱が消えて少しスッキリしました。