染付作品 2020年春 ギャラリー 鎬大皿本焼き

京都の窯元で本焼き待ちになっていた沢山の作品が出来上がって来ました。

IMG_4724.JPG

もっとも期待していた作品の一つがこれ、呉須描きの段階ではいい出来だと思っていたんですが、呉須の発色や濃淡だけは焼いて見ない事には分からない。呉須描きでちょうどいいのは逆に呉須の発色が薄くなって、出来上がってみれで、コントラスト不足のボケた作品になったりしますので。でもいい感じで仕上がりました。

軽くいれて見た、空の黄色と船の色が結構淡く、しかも、しっかりと控えめに発色してくれました。

やっぱり、磁器の発色は違う。



青白磁鎬大皿


こちらも期待の大物。作品の大きさは、330mm。前の大物は、上絵付で失敗してましたから、もう一回、上絵付をするか、それとも、鎬の質を高めて、シンプルな青白磁で仕上げるか?

IMG_4778.JPG

結局は、青白磁のみで仕上げて見ました。青白磁は月白とも言います。三号石灰透明釉に僅かな弁柄を入れることで、淡いブルーになります。弁柄の量で、青磁になったりします。

写真では、この月白(げっぱく)の色の良さは分かりませんが、シンプルないい作品になってます。

今年は、枚方の工芸展はコロナの影響で中止かも知れませんが、もし開催されたら、出展作品の候補にしたいと思います。でも、鎬が79点位で僅かに削り跡が目立つところがあります。でも、これ自信作。



YouTube動画


上の作品は一部です。いい作品が他にもあります。是非、下のYouTube動画を見て下さい。

小皿の平皿が焼成で、縁が垂れたものがあります。少しであれば、立体感があっていいと思いますが、この真っ平な平皿は今後の課題です。轆轤師さんからは、高台脇を少し厚く、そして焼成での垂を見越して、周りを持ち上げた形にすれば良いとアドバイスされました。

この小皿面白い。飾り皿として展開をしていくつもりです。

それでは!

ノーマン陶芸悠々 YouTubeビデオ ”陶箱の鋳込み”

今日も寒い日。これで自宅で自粛する人も増えて、コロナ対策には有効でしょう。でも、まだまだ安心はできませんね。

IMG_4708.JPG

私たち陶芸好きに取っては、自宅陶芸のチャンスですね。昨日は、お皿を10個作りました。約11cmの小皿です。

そして、今はその削りの最中です。こうして、並べてみると形や大きさも結構そろっていて、”ノーマン窯”でもやっているようでうれしい。

削りは約20個程完了してますが、削って乾燥して見るにつれ、まずいところが目立って来ます。

第一に大きさが11mm~11.5㎜までバラツキがあります。あれほど、トンボで測定しているのに。

それから、ヘラの当たりが弱くて、おまけに中心には臍(へこみ)があるものがあります。これは、ヘラの角が中心部に当たって、削れてしまって凹むのがその原因です。なんとかヘラの当たりを完璧にしようと思っても一度へこますと、ほぼ修正は不可能なんです。基本中の基本ですが、これが簡単ではない。まだまだ、プロの道は遠そうです。練習あるのみ。。



YouTubeビデオ”陶箱の鋳込み”


先日のブログにアップした陶箱の鋳込みの作業風景を動画にしました。約10分の動画ですので、時間があれば見て下さい。一般の陶芸教室の方には身近な技法とは言えませんが、こんな形のものでも鋳込みと言う技法で沢山作れるのを知っておいてください。(沢山の英語の間違いやスペルミスもありますが、見れば分かるし、いいか?)

全体の中で、鋳込みの作業はごく一部で。原形のデザインから始まって、石膏型作り、鋳込み、削り仕上げ、そしてその後に続く、装飾など、実に広範囲の技能が必要になります。

装飾は、レリーフにして見ようかなと思います。

レリーフには、ウェッジウッドのような貼り付けと削りがありますが、削りのレリーフをやって見たいと思います。

こんな風に陶芸と言うのは広げれば広げる程次から次へと新たな技術が必要になって来ます。

鋳込みはこれで、6作目、7作目は何に枝葉かな?

今のところは、波目の三角形の一輪挿しを作ろうかと思ってます。これであれば、原形作りは30分もあればできますから。何度を△にまとめて、底を含め、4面を波目用しっぴきで削るだけですから。。


それでは、Have a nice day!

たたらで作る一輪挿し 波目文様の裏技 Youtube動画

最近は、天候の変化が激しい。強風で美しかった桜も散ってしまいました。そして、面倒な花粉の季節もやっと終わり、本来であれば、一年の季節の中で最高の時期なのに、コロナの季節が吹き荒れている。困ったもんだ。

IMG_4707.JPG

南アフリカの息子から、上の写真が送られていました。私は初めてみる写真ですが、日本政府のマスクの配布を皮肉ったイラストのようです。これでは、安倍さんが苦労して買いだめして、484億もの費用をかけて配布される”アベノマスク”のイメージが台無しになるのではと思います。

海外では、日本政府のコロナ対応について酷評されているそうです。”日本の事より、アフリカが心配だよ”と言うと”大丈夫、アフリカはいつも感染症がはびこっているから、皆慣れているし、都市封鎖もすでに始まっている”と言ってました。

私自身も、政府のコロナ対応に対しては納得は出来ませんが、心の隅では、日本は大丈夫、政府が何とかしてくれるし、国民は頑張れると言う思いがあります。

杞憂に終わればいいのですが。。。。やっぱり、日本人ってあまいのかな?



このコロナ当別休暇の間に、今まで作りたかった作品を沢山作ってます。抹茶茶碗、ぐい吞み、小皿、豆皿、そして、たたらの一輪挿しまで。約40点ほどの作品が発砲スチロールの箱で、削り待ちになってます。”どうしよう? これだけの大量の作品。連休明けには、京都は再開するのだろうか?”

IMG_4704.JPG

こんな作品なんだけど、台形、曲がり、長方形の小ぶりな作品です。この波目文様が焼き上がると結構目立って一味も二味も違った雰囲気になります。この波目文様の作り方は知っている人も多いと思います。

でも、この波目を付けてこれを消さず作業するのは結構大変なんですよ。でも、大丈夫。このビデオを見れば、やり方が分かります。

カーテンの開け閉めに使う”カーテンロット”と言う、金属のコイルを伸ばして使これを十います。表面のビニールに切れ目を入れ引っ張れば、中のばねが出て来ます。このばねは、十分伸ばさないと径が3mm以上ありますので、伸ばして2mm以下にします。


そして、10mm厚のたたらで部品を作り、このしっぴきで、半分に切ります。5mmのたたら板を敷いて、重石を載せて切ります。これで、一枚のたたらから、二枚の側面の部品が出来ると言う訳です。後は、貼り付けの作業をするのみです。

久々の動画編集です。暫く動画をアップしてない間に、2700人以上のチャンネル登録者に増えてました。


海外からのいろんなコメントが来ます。英語で解説してくれとか、BGMの音楽が良くないとか。そういえば、JVCのカメラの画質も悪いし、もう少し、ビデオの方も改善して行かないと、登録している人に申し訳ない。

コロナへの対策を万全に。シニアに取っては、ヤバイ病気です。

シニア オジサンの料理教室 ”大学いも”

今日は、寒い春の日如何お過ごしでしょうか? 私の家内はこのところ食欲不振で余り食べません。ゴルフの練習に行くついでに近くのスパーマーケットの”コノミヤ”に寄って、焼き芋を買います。寒い間は焼きいもを売ってます。美味しんだけど、芋の割には高額で、一本289円もするんです。

以前に徳島の金時芋を使って、家で焼きいもを作って見ようと、濡れた新聞紙に包んで、アルミフォイルで2重にしてフライパンで焼いたり、オーブントースターで焼いて見ました。でも、あの美味しい石焼風の焼きいもは作れない。

では、その替わりになる大学芋でも作るか、これだたら、食べるだろう。それが今日のテーマです。

通常は、油で皮つきの芋を乱切りにして揚げるようですが、健康に悪い油ものは食べたくない。

そこでクックパッドで、検索したら、”油で揚げない、大学芋の作り方”が載ってました。


そのレシピ―は、材料は、芋200g、砂糖大さじ3杯、酢、醤油、水、それぞれ、小さじ4分の1.オリーブオイル 大さじ 1 これだけ。


1.芋は皮つきで乱切り。水にさらし、キッチンペーパで拭く。

IMG_4697.JPG

2.大き目のフライパンに砂糖、酢、醤油、オリーブオイル、水を入れ、ここで火を入れる。中火。


IMG_4698.JPG

3.溶け始めたら、芋を入れ絡め、蓋をして弱火で2分。


4.蓋を取って、芋をひっくり返し、蓋をして更に2分。


5.爪楊枝を刺して、中が煮えているようであれば、蓋を取り、中火にして水分を飛ばす。


6.煮えていないようであれば、蓋をして更に2分

IMG_4699.JPG

7.5.か6.で完成。黒ゴマを振って全体に密を絡め、完成

IMG_4701.JPG

揚げてないのであの金色にはならないし、黒ゴマがなかったから白ごまでやったから、見た目は悪い。でも、これとっても素朴で旨い。

IMG_4696.JPG

実は、スーパーマーケットで、こんなものを売っていたので買って来てました。この調理方法では、これは要りません。

砂糖は、大さじ2杯にしてました。これ位が適当でした。

芋は、徳島の金時芋ですが、少し小さかったため3本、重さは330グラム。

クックパッドに”食べ始めたらやめられない”と書いてましたが、こんなに簡単に上手く行くとはね。

だれか、電子レンジを使って美味しい焼きいもを作る方法を教えて下さい。

電子レンジで焼いて、フライパンで焼いてみる方法はもう一つでした。

ころなで退屈オジサンの料理でした。

奇才 曽我蕭白 鷹図 32cm大皿の染付

いつだったか、大坂美術館でボストン美術館の所蔵の展示会が開催されました。このボストン美術館には、欧米最大の日本美術を所有してます。その収蔵作品は十万点以上と言われてます。

IMG_4695.JPG

展示会の作品の詳細は忘れてますが、長谷川等伯の”龍虎図屏風”と曽我蕭白の”雲龍図は未だにその強烈なイメージが頭に残ってます。

IMG_4694.JPG

曾我蕭白(そが しょうはく)は、江戸時代中期の絵師。高い水墨画の技術を誇る一方、観る者を驚かせる強烈な画風で奇想の絵師と評される。展示してあった、上の写真の屏風図は迫力満点でした。

IMG_4691.JPG

こちらも同じ曽我蕭白の絵で、”鷹図”。

この作品は、蕭白が水墨画で見せる奔放で、ドラマチックな筆致とは対照的に、繊細な着色表現にも卓越していたことを裏付ける。蕭白は羽毛の輪郭を明確にするための余白を残して黒線で羽を形作りながら、色彩の濃淡を調節して鷹の体躯を描き出した。
と解説に書かれています。

確かに、鷹の細部にわたるまで、細かな線で描かれています。

正直言って、どこを評して奇才なのか分かりません。狩野派もこのような絵が沢山あるし、曽我派と言うのが、今回この本をみて初めて知ったほどです。

IMG_4693.JPG

この難しいであろう鷹図を、32cmの大皿に染付して見ることにしました。削りの後で乾燥させたら、作品が少し曲がってしまって、一度は廃棄しようと思ったものですが、捨てるには勿体ないと思って、家に持ち帰ったものです。実用的な大皿では、高台のがたつきが少しあります。

でも、今回のコロナ対策での自宅自粛で時間がありますし、染付をして飾り皿にすれば、歪は分からないだろうと思い直しました。

呉須一色で、この大作が表現できるか自信はなかったんですが、上の写真のようになってます。

鷹の背景の部分は空白にしてます。描くとすると、ごく薄い地だみになりますので、筆跡が残る可能性がありますので、無い方がいいのかなと思います。鷹が留まっている岩は、少しアレンジしてます。蕭白のような表現はようしません。

この染め付けの鷹図、呉須は本焼きで薄くなりますので、今のままでは、濃淡のコントラストが薄い作品になる可能性があります。このままにするか、さらに濃いだみを塗り重ねるか迷うところです。

それから、縁の1cm幅の部分には装飾を入れたいと思います。さて何にするか?

上の写真は、お皿を40cm用スタンドに立ててます。これだけで、雰囲気がぐ~っと変わりませんか、12cm程のお皿用であれば、2個入りで100均に打ってます。このスタンドは、ホームセンターで、800円程です。飾り皿を作ったら、こんなディスプレイをして見よう。

では。

アマゾンプライム ビデオ ”感染列島”

雨の風の強い、寒い日曜日、自宅での自粛で気持ちも滅入っちゃいますね。

こんな時には映画など如何でしょう。最近はインテ―ネットのスピードが速くなって、家に光回線などのインターネット接続が可能であれば、映画で数時間過ごすことも可能です。

最近はNet
Flexなどの映画配信のプロバイダーも増えて来た。そして、アマゾンでも。

アマゾンプライム会員になっている人は多いと思います。プライム会員であれば、無料の映画も沢山見れますよ。

会員になるには、アマゾンへの登録と月々500円が必要になります。

Wowowでも無料映画が配信されているはずです。私は会員ですが、こちらは使った事はありません。

感染列島.png

今日のテレビで、どこかの医師会の偉いさんが医療崩壊を知るには、”感染列島”と言う映画を見たら参考になりますと言ってました。

そこで、アマゾンプライムビデオで、”感染列島”と入力したら、やっぱり配信されてました。

この映画は2009年頃の映画で、Sarsの流行の時に作られたようです。

2時間ほどの日本の映画で、相当誇張された映画ですが、医療崩壊、都市封鎖などの状況が分かる映画です。

内容的には、コロナが蔓延し始めた今の状況では、強烈なものでショックを受けるかも知れません。これはあくまでも映画のフィクションの話です。

現在は映画は家で見る時代です。一度、お試しされたら如何でしょう。映画館で見るよりも安くて、効率的です。

ほかにも、沢山の映画が無料で配信されてます。見る時は、プライム会員特典と言うのが表示されていることを確認して見て下さい。


会費は登録したカードに毎月請求されます。会員は結構多いようで、アマゾンから商品を購入した場合、送料無料もあります。でも、このアマゾンの名乗る詐欺もありますので気を付けて下さい。一度私のスマホに”アマゾンの費用が未払いになってます。連絡がない場合は訴訟になります”見たいなメールも入った事があります。これは、詐欺グループが無差別に携帯にメッセージを送信しているのでしょう。こんなものは即刻削除。

お待たせ。新作の陶箱を鋳込んじゃお。鋳込ってやっぱり、いろんなノーハウが。

これはな~んだ? 家内がこれを見て”それ何?”って聞くんです。これを見ただけでは多分何になるのか見当もつかないでしょうね。

それは原形を型どった鋳込みの作品だからです。

PIC_0768.JPG

このブログのタイトルを見たら何を作るのかは言葉では分かるでしょう。

正直、原形を粘土で作って、鋳込み用の石膏型を作るのにどうしてこんな形にしないといけないのか未だに明確に分かりません。プロの型師が言うんだから、これしかないのかと思います。

IMG_4601.JPG

こちらが鋳込み型。型は本体と蓋用にそれぞれ2枚づつで4枚です。下の型には勘合の為の”気”が付いてます。

IMG_4685.JPG

最初の写真の左が本体、そして右が蓋です。

上の煙突見たいな部分は鋳込み口で、この部分は3番目の写真にある剣先カンナで切り落とします。作品は磁器で、半乾きの状態で、力を加えても変形しない硬さになってます。磁器土ですから、完全に乾燥させてもこの作業は出来ますが少し柔らかい方がやり易いので、半乾きでやります。

蓋物ですから、本体でも、蓋でも少しでも歪むと勘合が出来なくなりますので、鋳込まれたものが、変形をしないように、上の鋳込み口の煙突みたいなものを作るそうです。これで、鋳込まれた作品を固定するような感じと思って頂いたら分かり易いかも。ある程度乾燥が進めば、当然不要です。

上の写真が切り離した不要な部分。これは廃棄。そして沢山の削りくずがありますが、こちらは、本体と蓋をカンナで削ったものです。

IMG_4687.JPG

仕上げはそんなに難しくない。本体は、外側から5mm厚で仕上げます。コンパスを6~7㎜に広げ、コンパスの針を外、鉛筆の部分を削る部分に当て、ゆっくりと一周します。鉛筆跡が付きますので、この線までを削ります。簡単に言えば、最終の肉厚を5mmとしてます。少し、広めにガイドラインを入れたのは、削り過ぎて失敗をしないようにです。


IMG_4684.JPG

蓋には”気が付いてます。蓋の外から、5mm位のところに。そして、気の厚みは5mmに。別に3mmでも磁器ですから焼き上がれば強くなりますので、いいのですが、まだ、完全に乾燥してませんので今の段階では5mmの気にしてます。


IMG_4686.JPG

そして出来上がったのが上の写真。ほぼ目論見通りに、予想以上の出来となりました。

その内にビデオをアップします。

”教え魔”て善、悪? それとも、おせっかい?お邪魔虫?

なんじゃこら! 昼過ぎなのに、河原の練習場はおじさん達で一杯。昼過ぎはいつもがらんとしてるのに。そして、横の空きスペースでは、子供たちがボール蹴り、別のグループは、中学生みたいな群れがかたまって歩いている。コンビニの前には、いつものように子供がたむろして何かを食べている。

IMG_4683.JPG

緊急事態宣言があり、昨日の大阪の感染者は92名と真に東京を猛追しているのに。

大阪人はタフなのか、あほなのか?

でも、そのあほな連中の一人が自分なんだけどね。昨日の自粛で、やはり外が恋しい。てなことで、ゴルフの練習で。閉まっているかなと思っていたら、営業している。クラブハウスのレストランや、風呂は停止。でも、練習やラウンドはOKだって。

自粛のグループに入っていると思っていたら、東京都のリストを見たら対象外になっていた。でも、ラウンドは止め。どこのだれか分からない人と組み合わせられるのは危険。練習も始めてマスクをして、練習の後、カインズに行ったら、マスクを売ってました。黒のマスクで、389円。ビックらポン! アベノマスクが今日から郵送されるとなると、マスクが現れた。それも、非常に高額。アベノマスクみたいな、低級なマスクであれば、昨年までは一箱50枚入りで、480円位で売っていたのに。この際とばかりにコロナ価格と付けて登場。手洗いの消毒液なども1000円位に跳ね上がっているし、そして、いつもだと、300円位の消毒用のエタノールは、全く手に入らない。

横の万代や近所のスーパーマーケット行くと、消毒用のアルコールがおいてある。これは有難いけど、気持ちは少し複雑。こんな形で、自分達に必要なアルコールは潤沢な在庫をしてるんだろうね。買い占め買い占めと言うけど、医療機関、公的な機関、そして多くの企業が必要以上のものを買いだめしてるんじゃないのと邪推して見たくなる。当たり前かも知れないかも知れないけど、卸業者やメーカーは、大口の顧客を優先するだろうからね。医療機関は最優先されるべきと言う事は分かるけど、必要以上の在庫をしているのであれば、市場の放出して、日本全国民が消毒が出来るようにしてほしいね。この方がアベノマスクよりよっぽど高価がある。

マスクは手作りできても、アルコールは作れない。

花王のホームページを見ると、キッチンハイターを使って消毒液をつくる方法が書いてある。キャップ一杯のキッチンハイターを2リットルの水で薄めるだけ。ただし、人の肌には使えないそうですよ。

私はいつも外出するたびに、玄関先や靴裏にこのホームメイドの消毒液を散布します。そして、手洗いやうがいも。


私は”教え魔” それとも”お邪魔虫”

最近ゴルフ場へ行くと教えてほしいと寄ってくる常連さんみたいな人が増えて来た。

ゴルフだけは、長年の間、プロについたり、本を読んだり、毎日毎日試行錯誤でやって来たから、知識は半端じゃない。

いつも教えるのは基本。ゴルフで基本が出来ていない人が実に多いんです。その基本と言うのは、アドレス、そして、ゴルフスウィングの基本的な部分。

ゴルフは、3回やったら、初心者に教えるようになる。何も分かってないのに。そして、少し上手くなってくるとその傾向が益々強くなってくる。これを口の悪い人は”教え魔”と言う。

最近はその傾向が強くなって来た。下手な人を見るとここを直したら、直ぐに上手くなるのになと思うと、アドバイスしたくなる。

なんでもそうだけど、人の欠点ってよく分かるんだよね。自分の欠点は見えないけど。

でもこれって悪い事なのかな?善なのか、お邪魔虫の悪なのか? 最近思うんだけど、結局は”相手がどう思うかなんだろうね”。

人は大体、三つのグループに分別出来るね。これをゴルフに当てはめれば、”本当に教えてほしい人””教えてほしくない人””どちらでもない人”

そして、学習能力の”ある人””ない人””学習したくない人”

大体、こんな感じで考えて行くとその対応も分かる。


昨日練習場で久々に会社の2年程の先輩に会った。なんでも、いつも行くゴルフの練習場がコロナ自粛で休業だって。

女性連れで初心者の様。久しぶりですねと話をしていたら、”この人に教えてくれない。”と言うんで”自分で教えたらいいのでは”と言うと、”よう教えん”だって。暫く、横で練習をして、この二人を見ていたら、教えている事がほとんど的外れ。これじゃだめだな。”基本から教えたら”と言ったら”教え方が分からん”と言うので”ゴルフは手で打つもんじゃなくて、体の回転だよ。横の動きは回転、そして、クラブと腕は縦の動き”と言うとキョトンとしている。心の中で”このおっさん”やっぱりわかっとらん”と思いながら。これで、結局は、その余り若くない人を教えることになってしまった。又、やってしまった。それから3時間も教えることに。

手打ちから、体の回転で打つ方法をいろんなドリルを使って教えたら、綺麗なスウィングになって来た。そしたら、この初心者”ドライバーを打ちたい”だって。”あほか?短いクラブを打てんのに長いクラブがうてるかよ”と思いながらもそこはぐっと押さえて、それから又、ドライバーのレッスン。そして、アプローチまで。

これが大人の欠点ですね。すぐに結果を求めようとする。少し、上達をしたら、もっと高度なことをやって、直ぐにも結果を出したい。

自分の事に当てはめれば、ピアノの練習で、右手だけであれば、ほとんどの曲が90点以上になって来ました。そしたら、ショパンのノクターンを練習し始めるんだから。基本的な右手の動きもマスターしてないのに、そして左手のコードはまだ押さえられないのに。

kaguyahime.png

話は変わり。今日の朝ドラ『エール』。主人公が学芸会で、竹取物語のかぐや姫を演じます。その中で、主人公が亡くなった父を思いながら”おぼろ月”を歌う場面がありました。このシーン感動的でしたね。そしていい曲です。

話はそこで終わりではなく、早速、キーボードでおぼろ月の演奏。これは、日本の名曲の一つとして内蔵されてます。

でも簡単な曲の右手の演奏でも上手く弾けない。次が左手の和音。この中に登場する和音はC、F、G7. Am, D7, Dm7のコードだから、両手でもそれなりに弾ける

やっぱり、いきなり高度なクラッシックの演奏はないか。と少し反省をしているところです。

今、BSで空港ピアノで綺麗な女性がゆっくりした曲を演奏してます。いい感じ。こんな感じで弾けるようになりたい。

でも焦りは禁物。その反面、絶対に出来るようになるとの思いもあります。反復練習。”継続は力なり””努力は嘘をつかない”と今日も自分自身に言い聞かせながら、窓から注ぎこむ強い太陽光線を浴びながら、生命力が涌いてくる、自粛3日目です。

IMG_4682.JPG
今日も綺麗なスーパームーン。”月光でも弾けるようになりたいな。どこか、親切なピアノ教え魔の女神でも現れないかな。

それでは。

とみやんの初めてのアップルパイ作り & ノーマンのハチャメチャ キーボード奮闘記

朝から、ショパンのノクターン 作品9の2の練習。この曲はアンダンテで比較的にゆっくりした曲。でも、楽譜がなんと4ページもある。演奏して楽しむのが目的だから、内蔵曲通りの速さで弾く必要はないと思うけど、かっこいい曲だから、それなりには弾いて見たい。

左手は無理だから、右手から。フレーズの練習です。

この曲は33フレーズになってます。フェーズと言うのは楽節のことだよ。フェーズ1から。まずは、お手本を聞いてリズムをつかみます。そして、ステップアップレッスンを押すと、LEDが点滅してキーのガイドが始まります。後は、LEDの点滅に合わせて、正しい指で演奏をします。最初はゆっくりと、指の音声ガイドに合わせて指使いを覚えます。

指使いを覚えたら、今度は正しいリズムで弾きます。弾き終わると採点がありますので、85点以上。出来れば90点以上を目指します。間違った鍵盤を押すのは論外、リズム正しくやらないと80点はでません。

デモを何度も聞き、そして演奏するの繰り返しです。これを33フレーズもやるのですから、半端なく時間が掛るし、疲れます。でも、それなりの結果は出るもんで、16分音符の6連符や、ところどころ出て来るトリル(Tr)も弾けるようになって来ました。オジサンかっこいい!

でも、YOUTUBEは止めとこう。前回のビデオで、沢山の”ガッツ”を頂きましたから、次回はもう少しちゃんと弾かないと。



初めてのアップルパイつくり


自宅での自粛は時間があり過ぎて。今日は、アップルパイを作る事にしました。キーボードの練習で疲れたら時の気分転換。クックパッドの動画を見て。


IMG_4666.JPG

材料:リンゴ 2個、レモン、シナモン、バター、砂糖、玉子一個、パイ生地

IMG_4671.JPG

フライパンにバター20グラムを入れ熱し、溶けたらリンゴを入れ、蓋をして10分程煮ます。

砂糖、レモン汁を入れ水分がなくなるまで煮詰めます。リンゴを焦がさないように。別容器に入れて冷まします。

IMG_4672.JPG

パイシートはオーマイのオーブン用を。我が家にはオーブンがありませんので、オーブントースターを使います。

上の生地は、中のリンゴが見えるように切れ目をいれました。ストラップにしてもいいけど、面倒なのでこの方法を。ノーマン流。

後は、下の生地にアップルを載せ、上生地を重ね、刷毛で、卵の黄身を塗ります。

IMG_4677.JPG

オーブントースターで10分程焼きます。そしたら、こんな感じで焼き上がりました。

甘味は控えめで、リンゴの甘酸っぱい味と、シナモンの味が効いて美味しく出来ました。

パイ生地がカリっと仕上がったら最高ですが、オーブントースターで、下にアルミフォイルを敷くと水分が抜けてくれません。パイを一度冷まして、上をアルミフォイルで被って、もう一度焼くと結構カリカリのパイ生地がめくれるようになり、ほぼ完璧に仕上がりました。

こんな感じで、面白い一日でした。こんどはパイ生地からつくるか?

緊急事態宣言発布。陶芸スクールは当面休校。陶芸作品の施釉の技術と仕上げ。蛍彫り鋳込み楕円皿の本焼き

医学会や民意に負けて、やっと緊急事態宣言が発令されました。何をやっても後手後手に回る安倍政権。会見を見ていたら、やっぱり、中身がない。兎に角、該当する地域の人は自宅でじっと耐えて下さい。と言う事だけ。それだけで、一ヵ月で、コロナは終息方向へ向かうんだろうか?

米国、欧州であれだけのコロナの猛威で、都市封鎖がされているのに。

自宅で、不要不急の自粛。確かに国家がこの緊急事態を発布するだけで、それなりの重みはあるあろうけど。

でも、学校を休校にするかどうかは、自治体の判断に任せるとか。連休明けまで休校が多いようだけど。まず、大学生以下の対策。絶対に日本全国、休校にすべき。

そして最も、ウィルスを拡散しているであろう、60歳以下の現役。満員電車に乗って、多くの3密の環境で通勤、そして仕事。一部の酒飲み、遊び好きは夜な夜な徘徊。

毎日が土、日、祝日の私たちは自粛をしたとしても、政府の目論見の人との接触を8割削減するのはと到底不可能ではないかと思う。

この一ヵ月の国策により、コロナ問題が解決方向に向かうのは是非そうであってほしいし、その為に個人的には協力はします。

でも、この人との接触を8割下げると言っても、60歳以下、現役、学生達がそのような状況下にならないのであれば、それは無理。即ち、一ヵ月経っても余り効果はないし、今までのトレンドが継続してしまったら、感染者がネズミ算風に爆発する可能性もあるのではないか。

学校なんか、数か月休んでも大丈夫。人間、一生、毎日が学習だから、数か月の遅れなんか長い人生の中ですぐにでも取り返せる。

二兎を追うもの一兎を得ず。コロナの封じ込め、そして経済も持続。今の状況からして、こんなもの通じる訳がない。

東京の小池知事が”都市封鎖”を口にして、政界、マスコミでは大問題になっているようですけど、もし、一ヵ月で結果が出なかったら、そして、今回対象外の県でも感染者が急増したら、そちらの方向へ進まざると得ないのでないかと危惧しています。

経済は完全に破綻しつつあるし、五月の連休で、日本全国の人が、動きまわる。その結果はそうなるか。見えてます。ゴールデンウィークは、コロナ対策ウィークにして、日本全国ライフラインに関わる部分は全てシャットアウトにすべき。今の政府、マスコミは正直信用できない。



作品の最終の工程、施釉と仕上げ


緊急事態を受け、京都の陶芸スクールには一ヵ月の休学届を出して来ました。この休学前に、仕掛品は全て処理しないといけないので分刻みの忙しさでした。でも、ほとんどの人が休みに入ってしまって数名だけしかいませんでしたけど。

IMG_4656.JPG

春休みに絵付けをした作品の施釉。磁器物の施釉っていろいろと手間がかかるんですよ。ほとんどの作品が絵付けをしてありますので、釉薬は石灰透明か、青磁や青白磁などの透明系の釉薬になります。磁器ものは非常に薄く仕上げてます。そして、作品は鋳込みのもの、轆轤挽きのもの。蕎麦猪口から、37cm程の大物など様々ですから、施釉のやり方が変わって来ます。

IMG_4657.JPG

朝顔の皿、鎬の大皿はたらい見たいな容器に釉薬(青白磁)を移して左右の指2本づつを使ってずぶ掛け。小物の平皿は、鋏でずぶ掛け。鋳込みのタンブラーは、内外の掛け分け。掛け分けは、まず外側のみをずぶ掛け、そして、石油ストーブの上に載せ炙り、水分を飛ばします。そして内側を柄杓掛け。

花入は片手に持ち、ずぶ掛け。

これで終わりではありません。石灰透明は、垂れた釉薬がそのまま残ります。ですから、釉薬が完全に乾くのを待ち、丹念に修正します。

大皿や、内外掛け分けて作品は縁の釉薬を一度剥がし、釉薬を筆塗りします。

大きなお皿は、直径の三倍の円周になりますので、直径を30cmとすると円周が90cmになりますので、轆轤で回して筆塗るとしても簡単ではありません。

そして、磁器ものは高台の畳付きには、アルミナを塗って棚板への融着を防ぎます。こんな感じで非常に手間暇のかかる作業です。この内にビデオでも作ります。



今週の陶芸作品蛍彫り


IMG_4664.JPG

こんな作品に仕上りました。大柄の牡丹の花が生きてます。グラデーションを付けた葉っぱも上手く表現出来てます。グラデーションはもう少し濃くしてももっと迫力があると思いますが、良い絵付けだと思います。

IMG_4665.JPG

この作品の特徴は、この染付、楕円、そして、口縁には緩い切れ込みを入れて、口縁の揺らぎを付けてます。そして、ほたるを入れて見ました。

削り仕上げ後、5mmのドリルで穴を開け、素焼き。絵付けをして、施釉の前に穴を石灰透明で埋め、そして施釉。施釉後、釉薬が乾燥したら、もう、穴の部分の釉薬をチェックして、必要であれば、釉薬を筆塗りします。

やっぱり、5mmは大きすぎた。最初の本焼きでは、穴が2個ふさがりませんでした。そして、2回目で、一個。3回目で完成しました。その分、蛍の透明度が下がっちゃいましたけど。

蛍ようの釉薬は、もう少し透明度のある釉薬を調合するそうで、次回は手作りの釉薬で蛍を作って見たいと思います。

もちろんこの作品は、電動轆轤でどんぶり状の粘土原形を作り、それを曲げ、楕円に。そして、石膏型で圧力鋳込み用の型を作りました。

非常に長い時間と多くの作業をして来ましたが、それだけの結果は出たと思います。

この一ヵ月何ができるのだろう。大きな事を云ったけど、結構大変そう。取り敢えず、キーボードとブログの整理。そして、お天気が良ければ、ベランダで陶芸でもやるか?


それでは健康にご留意ください。

陶芸作品紹介 ワイドリム小皿 タンブラー等

来週から、京都の陶芸スクールの再開です。公立校の開校も自治体の判断でまちまちの様です。私は、大阪府の連休明けまでの休校が正しい判断だと思います。陶芸の方はどうなるのだろう。もし、非常事態宣言が出されて、大坂で、外出禁止になれば京都の窯元まで通う事が出来るのか心配です。当然コロナの方がもっと心配ですねどね。

でもコロナの話は止めましょう。アベノマスクで気力を無くした。楽しい陶芸の話を。

IMG_4639.JPG

こちらは、12cmのワイドリム小皿です。以前のブログで鳥獣戯画が記事を書きましたが、覚えてますか? その本焼きです。

IMG_4641.JPG

鳥獣戯画に良く出て来る兎とカエル。兎が蛙に飛び蹴りを食わしたところです。面白い絵ですね。

IMG_4642.JPG

こちらはカエルが兎を投げ飛ばしたところか?

IMG_4640.JPG

そしてこんな絵も。こんなお皿がテーブルにあったら、”これ何~”と話題になりそう。面白いけど、そんなにくどくなくて、パーティーの器などにいいかもね。


IMG_4638.JPG

こちらはタンブラーと蕎麦猪口です。

今回の本焼きの中で気い入っているものです。敢えて絵付けはしませんでした。口縁に少しの揺らぎを入れて見ました。そして、胴の部分に曲線を彫って見ました。タンブラーの方はほとんで目立ちませんが、蕎麦猪口では上手く表現が出来てますね。

もう一つのとう特徴が青白磁(月白=げっぱく)でのシンプルな仕上げです。写真では分かり難いと思いますが透明釉が少し青味を帯びたものと思って頂いたらいいですね。月白は、3号石灰釉に0.3%ほどの弁柄を入れたら、釉薬が作れます。鎬の大皿はこの釉薬で仕上げたいと思います。

IMG_4636.JPG

こちらのタンブラーはどちらかと言えば失敗作。この絵付けは余り気乗りしない作品だったんですけどね。

IMG_4653.JPG

我が家のリビングにはこんな掛け軸があります。山水画です。実は、私の母親の趣味の水墨画なんです。

水墨画を呉須で描いたことはありません。一色の色の濃淡で描くと言う点では同じと思いますが、縦長の2m位のものを15cm位の丸いものに描くのは難しい。

一言で言えば失敗。特にひょろひょろとした松が上手く描けませんでしたし、水の表現が悪く、遠方の岩山にある建物の骨書きが濃すぎて遠近感が崩れてしまいました。


こんな感じで、春休みは、絵付けとゴルフ三昧の長い3週間でした。これからは新年度。次の目標に向かって頑張りたいと思います。

それでは、又、Webb上でお会いしましょう。

気付きの積み重ねが成長を生む。今日の陶芸染付

先日のピアノの練習風景、厚顔無恥にもブログに動画を載せて見ました。皆さんから、反応があるかと思いきや、ほとんどない。でも、自分自身では良かったなと思ってます。もっと緊張して手が震えて弾けないかなと思っていたら、結構弾けるもんだ。最初から、上手く弾けないと言う事が分かっていたから、見栄を張る必要もないしね。

ギターの練習の方法で、自分の演奏を録音して見ると言う方法があるんだけど、これと同じですよね、自分の演奏を客観的に見れる。一番、驚いたのが、兎に角、手が黒く、見難い。手を見ただけで若くない事がバレバレ。ま~どうでもいい事だけどね。

始めて自分の演奏を見た。ミスをしている部分は同じ個所。ここは、指が間違っているから、スムーズな指運びができないんですよね。やっぱり、指は指示通りに動かさないと。。もっと早い曲になったら悲惨な結果になるだろう。

それとタッチが硬い。又、左手のコードが全く出来ない。そこで、Youtubeで”左手で、和音を上手く弾き方”を探したら、良い動画が見つかった。その動画は、初心者の為のビデオなんだけど、

基本的な手の形から、”頂きます”のように手を合わせて、指を少しずつ曲げて、手の中にボールを持った形にします。その形を保持して、鍵盤に載せます。これが基本。そして、指で弾く。

”そうなんだ!”手を動かすんではなく、手の全体はボールを持った形を変えず、指の上下で弾く。そうだったんだ!道理で鍵盤をたたく音が強いし、キーボードが揺れまくっていた。

そして、鍵盤をたたいたら、その指はある程度鍵を押さえている必要がある。知らんかった。LEDが点いたら、そのキーをたたく。だから音が、ぶつぶつと切れてしまう。その他には、指の運びは基本的には、手のフォームを変えずに移動して行く。

たったこれだけだけど、音が全体に流れるようになって来た。そして指がじたばたしない。

しつこいけどもう一つ、最初は右手だけをある程度マスターしてから、左手、そして両手の演奏。決して間違った方法ではないと思うけど。200曲位のを次から次へと弾いて行くのはまずいみたい。それよりも、数曲に絞って徹底的に練習した方がよさそう。

こんな感じで、沢山の気づきがありましたよ。陶芸も結局、その気付き見たいなものが沢山あればあるほど、技量は高くなるし、結局は人生も同じで、気付きの連続なんだよね。いろいろなコツ。人間関係であったり、ゴルフで会ったり、そして、音楽も陶芸も。。。気付きの多さや、そのコツをつかめるかどうかで、その人の人生も大きく変わっていくんだろうね。 少し大げさだけど、そう思います。

IMG_4651.JPG

上の染付は如何でしょう。

写真で見ると本焼きに見えるけど、直径12cmのワイドリムの小皿に呉須で絵付けをしたものです。絵柄は、リムの部分が七宝。轆轤線を三本引き。それに半円を描いて行くだけなんだけど。

円の大きさを均等にするために6分割を3回割っています。6 x 2(分割)=12 12 x 2=24 24 x 2=48分割。そして鉛筆で下書き。後は地道な呉須での筆描き。ポイントは二つ。細く、そして均一な濃さに。

そして内側の底には、楓を描きました。楓の葉っぱは7枚です。描き方は、彩色筆(付き立て筆)を使います。呉須を付けて、容器の縁でしごいて三角にします。この三角で、葉をを一枚づつ描いて行きます。筆の方向を変えるだけどよ。薄だみで、薄い葉を描くと絵に遠近感がでますよ、



IMG_4647.JPG

こちらは如何ですか? フェニックスの絵付けです。ハリーポッターに出て来るあの不死鳥ですね。

中国の龍も迫力があるけど、フェニックスも西洋文化の迫力のあるモチーフです。こちらは、鋳込みのタンブラーと蕎麦猪口に描いて見ました。フェニックスの絵は細かな線が沢山出て来ますので、結構神経を使う絵付けです。

パソコンで画材を探して鉛筆で下書きをするか、印刷してカーボン紙で転写しても良いです。

IMG_4650.JPG

目指すは細かな生きた線を描くこと。当然、濃さは均一にしたい。

細かな線は筆次第です。私たちは巻軸の筆を使います。そして出来れば新しい筆の方を使いましょう。

筆は、使っていると毛が抜けたり、轆轤線などを引くと毛先がすぐに摩耗します。こうなると細い線を引くのは至難の技です。

どんなに頑張っても線が太くなったら、線間の隙間が潰れたりしますね。そこで裏技。太くなった線は、鉄製のカンナで削ります。そして、潰れた線の間は、錐などのシャープな金属で、呉須を掻き落とします。これを陶芸の用語で”きしり”と言います。鉄で、”がりがり”やりますので、軋る音がするからでしょう。この方法は極細の線が描けますので是非やって下さい。


こんな感じで、全てが勉強ですね。この一つ一つの積み重ねが絵付けの技量を高めたり、作品の質を上げて行きます。やっぱり、コツと言うか勘所と言うか、これしかありませんね。

キーボードはもっと上手くなったらアップします。では。