今日もほかほか展示会最終日

紅葉の中の陶芸展の最終日が終了しました。ご来場いただいた方、そして、作品をお持ち帰り頂いた方、来たいけど来れなくて心で応援してしてくれた方々ありがとうございました。

IMG_4188.JPG

小物が半分ほど消えました。そして、何よりも嬉しいのはご購入頂いた方から、作品を見ているとに思わず、笑みがこぼれるとか、心が暖まると言うコメントを頂いたことです。

一部は、これ持って行ってなどと、押し付け販売見たいなこともありましたけど。

基本的には、値付けはしませんでした。自分の作品に幾ら位の価値があるのか分からないし、そもそも売ろうなどと思って作ってないんですからね。

基本方針は、”言い値でお分けします。””お支払いいただけるだけで結構です”。でも、他の人たちが高い値を付けているし、ただ見たいな値付けをしたら、一生懸命売ろうとしている人に申し訳ない。だから、サインには、小物400円~1000円。そして、値段は相談に応じますと書いてました。

”これ幾らですか”と聞かれると”いくらなら買いますか”と聞くと、ほとんどの人は困ったような顔をします。”それじゃ、ワンコインでどうですか”と言うと”本当にいいですか”と言われる。”いいですよ。おまけに一個これもどうですか”と言った感じ。現代のお客さんは、メーカーが値段を決めるとことに慣れ過ぎていると思うね。こちらは、自分の作品にいくらの価値があるか知りたいのに。



ベストセラー


IMG_3031.JPG

今回の展示会のベストセラーは左の写真でした。小さな赤い衣服を来た幼稚園児みたいな女の子がこれを買ってくれました。

 ”これがほしい”だって、”それじゃお金払ってくれる”と言ったら、隣のお母さんが”いくらですか”と言うから、指を一本立てて、”ではこれでと言ったら、1000円ですかと言うから、ワンコインでと言ったら、500円と思ったらしい。いいえ、100円でけっこうです”


IMG_3032.JPG

”それじゃこれも、おまけするね”と言うことで、瓜坊の絵付けを1つ上げた。包んで女の子に”はいどうぞ”と言って渡して、””それではお金頂戴”と言って100円を頂きました。多分、お金のことなんか分からない年齢だけど。帰りにご両親が深々と頭をさげて”ありがとうございました”だって、こちらも元気が出て”お買い上げありがとうございました”と元気な声でいっちょいました。

これは、私の夢だったんです。可愛い子供が買ってくれるのを思いながら、題材を探して描いたものです。

この100円、銀貨に見える。

話は変わるけど、”私は人間嫌いなところがあって、人間関係がめんどうくさい。そう思ってたんですけどね。

でも、今回自分が友人や知人に如何に守られている事を思い知らされました。

申し訳ないけど、来てくれないかなと声を掛けると遠方から沢山の知人や友人が来てくれました。陶芸に興味がなくても、体に故障があっても、そして暖かいメッセージや励ましたの言葉が飛んでくる。

やっぱり、人のつながりは大事なんだな。。

と言うようなことで、学びの多い展示会でした。



ご支援ありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

柴犬ゆうた
2019年11月25日 18:52
ノーマンさん今晩は。私は2014年から拝見させて頂いておりますが、今日のブログが一番、心に響きました。ノーマン氏の人間性が良く出て、何時もは言いませんが優しい人だなーと突き刺さりました。歳なんか、何か解りませんが、鬼の目
に涙が溢れ美人がだいなしです。こんな経験が出来たのも陶芸のお陰かな?
お疲れ様でした。