九州ぶらり旅 有田 続編 有田焼の様式と有田 三右衛門

引き続き有田のぶらり旅。

400年もの長い歴史のなかで完成された有田焼は、一般的に「古伊万里」「柿右衛門」「鍋島藩窯」の三様式に分けられます。

「柿右衛門」様式は、乳白色の「濁手」釉と赤絵の美しい華麗な磁器で、輸出初期の花形として海外で高く評価されました。

「鍋島」様式は、鍋島藩の御用窯で焼かれた精緻で格調高い磁器で、幕府や諸大名、朝廷に献上されました。

IMG_3832.JPG

「古伊万里」様式は、柿右衛門・鍋島系を除く幕末以前の有田焼すべてを含んでいます。旺盛な時代感覚とバイタリティが赴くままの多様な絵付けが特長で、江戸期有田陶工の創造性が息づき、時代とともに美しく変貌する「古伊万里」ならではの魅力的な表情を秘めています。



古伊万里様式


肥前有田で江戸時代に生産された、濃い染付(そめつけ)と金襴手(きんらんで)と呼ばれる赤や金の絵の具を贅沢に使った様式のことです。当時、これらの磁器は有田に隣接する伊万里の港から船積みされたことよりこの名が付けられています。

染付とは、素地の上に呉須と呼ばれる青色顔料で文様を描き、その上に透明の釉薬を施して焼き上げた、白地に青一色の絵付けのことです

金襴手とは、色絵の磁器の上に金泥や金粉をあしらった金彩を施し、絢爛豪華に模様を描いたもののことです。



IMG_3762.JPGIMG_3763.JPG

柿右衛門様式


濁手(にごしで)とよばれる、透明感と暖かみのある乳白色のバックに余白を十分に残し、極めて繊細な黒い線と色鮮やかな赤・緑・黄・青で大和絵的な花鳥風月を左右非対称的で描写的に描いた様式のことです。図柄には「岩梅に鳥」「もみじに鹿」「竹に虎」「粟に鶉」などの典型的なパターンも特徴的です。

柿右衛門様式の色絵磁器は輸出用色絵磁器として飛躍的に発展し、数多くの作品がヨーロッパに渡り、ドイツのマイセン窯などでは、この模倣品もたくさん作られていました。同時に、磁器発祥の地とも言われている中国の「景徳鎮窯」にも多大な影響を与え、同様の作品が作られ、これらもヨーロッパのほうへ輸出されていました。

後期には、この4色に紫や金も加わるようになります。器の口縁に「口銹(くちさび)」と呼ばれる銹釉が施されている作品も多く見られます。


IMG_3947.JPGIMG_3951.JPG

柿右衛門窯

有田で共通ですが、格式の高いところはほとんどが、写真撮影は禁止になってます。右の柿右衛門の作品は入り口のところにあったもので、この写真一枚しかありません。でも、写真では、作品の本当の良さは分かりません。15代柿右衛門の繊細なあの線などは表現のしようがありません。

何かの機会に是非、本物を見て下さい。


鍋島藩窯様式


青みがかった地肌やくし高台、裏文様に特徴があります。

その技法は、染付と赤・青・緑の三色を基調とした「色鍋島」、藍色で精緻に描かれた「藍鍋島」、自然の青翠色の「鍋島青磁」があります。



有田の三右衛門


有田には、三右衛門と言う窯があり、それぞれ、違った様式で現在でもその技法が受け継がれています。柿右衛門は現在15代、今泉今右衛門が鍋島藩窯様式、そして、源右衛門窯は、古伊万里様式です。以下の紹介記事を引用してますので、参考にしてください。

この三様式と三右衛門の知識があれば、あなたも有田通でしょう。それぞれ、柿右衛門窯・古陶磁参考館、今右衛門窯・今右衛門古陶磁美術館、そして、源右衛門・古伊万里資料館があります。是非とも訪問したいサイトです。

柿右衛門が380年、源右衛門、260年、今右衛門 360年の歴史があります。



有田の三右衛門とは、日本で初の赤絵の技法を用いた柿右衛門様式を開発して一世を風靡した酒井田柿右衛門、また、今もなお、色鍋島の品格を固守している今泉今右衛門、そして、絵付けの柄をインテリアやアクセサリーにまで展開させた源右衛門の三つの窯元のことをいいます。

そして、柿右衛門窯は、柿右衛門様式を現代に伝える由緒ある窯元で、素地の余白を活かした明るく繊細で絵画的な構図を特徴とする色絵磁器は、華麗にして華美であることから、日本はもとより、世界中の人々を魅了し続けています。

また、今右衛門窯は、江戸時代、鍋島藩御用達の赤絵付師として活躍し、その色鍋島の技法が、国の重要文化財に指定されているなど、現在もその技法と伝統を守り続けている今右衛門窯は、格調高い有田焼の陶磁器を産み出しています。

さらに、源右衛門窯では、古伊万里洋式に、独自の現代的なアレンジを施した作風で知られていて、洗練された優美な文様が幅広い層に人気となっています。

このような歴史と品格を兼ね備えた風情ある窯元では、幾多の時代の推移があっても、本物の機能美を追求する姿勢は、今までも、これから先も、脈々と受け継がれていくことでしょう。


 源右衛門窯のホームページはこちらから 
今右衛門窯 ホームページはこちらから
IMG_3796.JPGIMG_3797.JPG左、今右衛門 赤絵、右、今右衛門 墨吹き(写真では、良さが伝わりませんね。この墨吹きの作品は素晴らし。 伝統にとらわれす、新たな領域も開拓しているその姿勢は感動ものです。)

ではでは。

陶芸の郷 ぶらり旅 有田 陶山神社、香蘭社

今日も有田のぶらり旅です。

作品の解説などはなしで、観光スポットの紹介させて下さい。

美術館などを訪問すると、やはり古伊万里が多いですね。 正直、個人的には余り古伊万里は余り好きではありません。 やはり、多くの磁器が海外向けに作られていて、九谷焼のような、少しけばけばしいものが多いからです。 

ところで古い九谷焼は、有田で作られたものが多いとの事で、有田で作られ、九谷に運ばれ、九谷焼として販売されたようです。有田の磁器の様式には、古九谷と言うものがあり、これは九谷の模倣ではなく、有田で作られた九谷様式を指すものだと言う事です。

有田で磁器の製造が始まり、江戸の幕末頃には、日本全国で磁器つくりが広まったそうです。

そして、あのマイセンさえも模倣品を作ってますので、当然でしょうけど。



有田の陶祖 李参平と陶山神社(すえやまじんじゃ)

IMG_3771.JPGIMG_3769.JPGIMG_3770.JPG

肥前磁器の焼造は17世紀初期の1610年代から始まった。豊臣秀吉の朝鮮出兵の際、肥前の領主であった鍋島直茂に同行してきた陶工たちの一人の李参平は1616年(元和2年)に有田東部の泉山で白磁鉱を発見。

近くの上白川に天狗谷窯を開き日本初の白磁を焼いたとされ、有田焼の祖である。

李参平は日本名を「金ヶ江三兵衛(かながえさんべえ)」と称し、有田町龍泉寺の過去帳などにも記載されている実在の人物。

有田町の陶山神社(すえやまじんじゃ)では李参平を「陶祖」として尊重し祭神としてます。

境内の大鳥居、狛犬、欄干などの多くが、磁器で出来ています。

この神社には有田焼創業300周年を記念して建てられた李参平の碑もあります。

有田美術館から、10分程度のところで、階段を上るとJR佐世保本線の単線の線路の踏切、一両編成の普通電車が踏切の警笛がなるなか通り過ぎて行きます。なんでも、日本では珍しい境内の中を列車が走る神社だそうです。/p>

少し急こう配の階段を上って行き本殿に着いて振り返れば、窯場や、有田の町屋が一望できます。



香蘭社古陶磁陳列館


IMG_3785.JPG

有田焼で有名な窯元の一つの香蘭社の陳列館で、宮内庁御用達用品をはじめとする古陶磁器や歴史資料を集めたギャラリー。


香蘭社は世界各国の万博で数多くの賞を受賞した製品などが見れます。上の写真は、香蘭社の創業者の家で、今でも使われているそうです。


香蘭社の創業は、今からおよそ三百年前、江戸文化が華麗に花開いた元禄の頃、初代深川栄左衛門が肥前有田で 『香蘭社』の前身となる磁器の製造を始めました。

そして日本に近代化をもたらした明治維新の激動期、有田焼は佐賀鍋島藩の一切の保護と支援を失いました。その再興に指導的役割を果たしたのが、八代深川栄左衛門でした。強い自立の精神が、当時の選りすぐりの陶工や絵付師、それに陶商達を一つにまとめ結社を作りました。これが『香蘭社』。

時に明治八年。その後、相次いで世界各国で行われた万国博で数々の名誉金牌を受賞。 海外でもその評価を高めるとともに、明治二十九年には宮内省御用達の栄にも浴し今日に及んでいます。

『香蘭社』の製品は、有田磁器独特の白く硬い透明な生地の上に、 優雅な染付と華麗な赤絵を配した典雅な文様、十八世紀フランスのセーブルを中心に、ヨーロッパで愛好された 金銀彩のルリ釉もの、さらに目にやさしく心がなごむグリーンシリーズ製品など多彩を極めています。

『香蘭社』の製品は、すべて伝統を誇る有田色絵磁器の多様な文様を集大成し、 有田の伝統様式を一歩前進させたとして評価され、世に「香蘭社スタイル」とも「香蘭社調」とも呼ばれ、 広く親しまれています。


IMG_3779.JPGIMG_3778.JPG

宮内庁御用品をはじめとする、香蘭社の歴史に残る古陶磁を集めたギャラリー。万国博をはじめ、世界各国で数多くの名誉金牌を受賞した、日本の伝統文化"有田焼"の名窯 「香蘭社調」


IMG_3777.JPGIMG_3784.JPG


IMG_3780.JPG

香蘭社の現代の作品は、香蘭社のホームページを見て頂ければ良く分かります。「香蘭社調」の少し派手な商品が掲載されてます。写真などもプロがベストの状態で撮ってますので、きっと好きなものが見つかるでしょう。 香蘭社ホームページはここをクリック

有田の案内も簡単に詳しく載ってます。(事前に読んでいたら、もっとましな観光が出来たかな? でも無理だな。大体、香蘭社の名前も知らなっかたし)  あなたは、ラッキー。 このブログのシリーズが終わった頃は、肥前についての知識で頭が一杯でしょう。 そして、是非行ってみたいなと思う事でしょう。