九州 陶芸 ぶらり旅 有田のやきものと歴史

IMG_3762.JPG

九州には、沢山の陶芸の産地があります。佐賀、長崎の伊万里焼。 その他にも、唐津や、宮崎の白石焼。

伊万里焼は、有田焼、波佐見焼、鍋島焼、伊万里焼を全てを含む、総称だったようです。 この地域で生産される、陶磁器が、主に伊万里港から積み出しされていて、消費地では、伊万里焼きと呼ばれていたそうです。

もちろん現代では違いますけどね。

波佐見焼は、私の枚方にとっても近いんですす。 それは、くらわんか茶碗がこの地で作られていたからです。淀川に行きかう船に、食べ物を販売するのに使われたお皿や茶碗がここで作られていたそうです。

明治以降、交通手段の発達で、有田周辺のものが有田焼、伊万里で作られたものが伊万里焼きと言われているそうです。 だから、古伊万里は、有田、伊万里などを指し、現在は産地ごとに、有田、波佐見、伊万里と呼ばれ、伊万里は、献上品として作られた鍋島焼と、それ以外の伊万里焼は厳密に区別されているようです。 少なくとも窯元では。 ”この伊万里いいですね”と言うと””鍋島”ですと、返事が返ってきます。 そこに、鍋島焼と言う歴史とプライドみたいなものが感じられます。

海外では、有田よりも、"IMARI"と今でも呼ばれるそうです。



有田焼の歴史(有田町観光ガイドより)


皆さんはご存じだと思いますが、有田焼は、17世紀初頭、朝鮮人陶工李参平達によって、磁器の原料となる陶石が発見され、日本で初めて磁器が焼かれたました。 発見された場所は泉山(いずみやま)と言うところで、流紋岩と言う、茶褐色だそうですが、これが、温泉効果で白色に変わったもので、今は、閉山され史跡になってます。そして、現代にいたるまで、約400年の間、食器や美術工芸品を中心としたものずくリが続いてます。

この頃は素地が厚く、染付だけだったそうです

そして、あの有名な有田の色絵は、1640年頃に初代境田柿右衛門が上絵に成功して、色絵が登場します。

1650年代にはオランダの東インド会社によって、有田焼が東南アジアや、ヨーロッパの国々に輸出されます。

ヨーロッパの王侯貴族の間では、磁器を持つことがステータスシンボルになっていたそうです。

そして1670年代から90年にかけて「柿右衛門様式」が流行。

柿右衛門様式は、濁手(にごしで)と呼ばれる乳白色の素地に、余白を残した絵画的な色絵を施すのが特徴だそうです。

この技法はドイツのマイセンなどでも模倣されたそうです。

そして、17世紀後半、有田にあった鍋島藩窯が、伊万里市の大川内山に移転され、「鍋島」と言う献上、贈答用品が厳格な藩の管理の元、鍋島焼としてやかれたそうです。

江戸 元禄期には「金襴手様式」現れます。

明治時代になると、廃藩置県となり、藩の代官所による、陶業の許可制がなくなり、製造が自由になりあす。

こうして、現地で聞いてきたことや、収集して来たパンフレットなどを整理していくと、更に勉強になります。



有田陶芸美術館


有田には沢山の美術館があります。 その内のいくつかを紹介しましょう。

最初に訪問した、有田陶芸美術館。なんと入場料は100円、私がその日の最初の客だったらしいです。

IMG_3766.JPGIMG_3763.JPG

静止画で撮ったものはあまりなくて、展示作品の一部で、古伊万里の壺、そして、佐賀県の重要文化財の「染付有田山職人尽くし絵図大皿」など、磁器創業期から、近代までの有田焼が展示されてます。

この美術館は明治7年に建てられた焼き物倉庫を改装されたもので、有田内山重要伝統的建造物の一つに指定してあるそうですよ。

職人尽くしの大皿は、大昔の磁器作りのプロセス全てを染付されてます。粘土の破砕から、水簸、練り、毛轆轤、窯焼きなど、興味深いもので、今回の旅で、数個見ました。

兎に角、時間が無くて駆け足状態ですので、ゆっくり説明を読む時間はありませんでした。でも、展示品を見て行くにつれ、有田の歴史や、朝鮮から連れてこられた陶工たちの苦労などがおぼろげに分かるような気がします。


陶芸ラバーの方は、機会があれば、是非訪問したいところです。

5月のゴールデンウェークには、100万以上の人がこの地を訪れるそうです。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Yokko
2019年08月28日 20:10
職人尽くしの大皿 興味深いですね🌷