ノーマン趣味悠々

アクセスカウンタ

zoom RSS ノーマン陶芸放浪記 大鉢の装飾

<<   作成日時 : 2018/11/27 23:54   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

もうすぐ12月。 今年も僅か一ヵ月を残すだけの時期になって来ました。 今年の目標は達成されましあでしょうか?

今年、意を決して臨んだ京都陶芸スクールも早いもので半年。 最近は、ほぼ目標として来た作品が続々と出来て来てます。

画像

この作品も前回に続いて、大鉢です。


この鉢は、今年の私の目標を総括するような作品です。 主なスペックを紹介しましょう。 
直径 23cm、高さ 9cm  100%磁器土。

重量は約700グラム。 これだけの大物の作品で、しかも磁器で、僅か700グラムの作品が出来るとは思いもしませんでした。


画像

内側には、朝顔の絵付けです。 呉須による、骨描きとだみ。 そして、下絵具での着色。 更には、赤と緑の上絵具で、朝顔の花の着色をしてます。


当初は上絵付をするつもりはなかったんですが、下絵具の赤の発色が悪く。 予定を変更して、上絵で着色したものです。 これが、今回の反省点なんですが、着色は、事前にもっと計画的にやるべきですね。

私の下絵具の赤は、Brick redと言う種類の赤で、色合いがその名の通り、レンガの赤に近い色です。 本当は、ピンクの着色をしたかったのですが、自宅にピンクの絵具がなく手持ちの赤でやった結果の失敗でした。

上絵は今回が初めてなんですが、上絵はもう少し、不透明なものかと思って居ましたが、以外に、下絵具の色が出てしまいます。 又、特に赤は顔料ですので、しっかりと顔料をガラス板で擦りこんでやらないと、グラデーション風に着色すると顔料の粒が斑となって出てきます。

画像

上絵付について少し説明しますね。 まず、絵具には、二つの種類があります。 洋絵具と和絵具。 洋絵具は、膠を混ぜて使います。 そして、和絵具は、ふのりを入れて使います。 どちらも、糊剤として入れるものです。

 そして、和絵具は顔料ですので、細かな粒です。これは、ガラス板に載せ、各乳棒でしっかりと擦って、細かにして使います。 細ければ細かいほど発色が良くなります。上絵具を塗る時には、絵付けの表面の埃はたきなどでしっかり取ります。 そして、薄いゼラチン液を表面に塗り着色します。

そして、もっとも大事な事。 上絵付けは800度位の上絵付窯で焼成します。

800度位だから、素焼きの温度と同じじゃないのと思う人もあると思いますが、上絵具は湿度を嫌います。 湿度があると絵具が飛んでしまいます。 となると、一般の陶芸教室のレベルでは、上絵付けの窯があるところは稀ですので、現実的には出来ないという事になります。

では、どうするか。 その答えは、下絵具で、しっかりと着色をすることですね。 この時大事なのが、絵具の濃さで、強い色を出したいがために、濃ゆくべたべた絵具を塗り重ねる人がいますが、これは避けるべきです。

余り分厚く塗ると、絵具が釉薬を弾いて、縮や、剥離の原因になります。

初めて下絵具を使う時は、必ず、色見のサンプルを作ります。 御猪口位の大きさのものに、数種の濃さの線を描きます。 持っている絵具全てで、線を描けば、多分一個の御猪口で色見のサンプルが出来ます。 この時大事なことは、素地と釉薬を本作品と同じにすることです。盲目的な絵付けは失敗の元です。

画像

こちらが外側の朝顔の絵付けです。 轆轤線が一部滲んでますが、それ以外は文句の付けようのない仕上がりです。 轆轤線の滲みは、釉掛けをする際に、呉須を触ってしまったようです。 もったいない。

私的には、この染付の方が好きです。 磁器の真っ白な地肌に透明感のある呉須が良い発色をしてます。 この呉須の発色に関しては、何といっても、還元焼成が大きいと思います。 酸化焼成では、色が少し黒ずみます。


最後に装飾に関してもう少し説明をすると、口縁には、口紅を塗ってます。 少し茶色の線が、良いコントラストを出しているように思います。 そして、内側の上部には、イッチンで、点々を点描してます。 イッチンの材料は、磁器土をどべ状に溶かし、ふのりを入れたもので、白い磁器土の点々が作品に少し高級感を与えているように思います。


以上のように、トンボ、へら、だんごの三種の神器による、磁器土の作陶に始まって。 超硬カンナでの削り仕上げ。 湿台の使い方もほぼ問題なくできるようになってます。 そして、染付、イッチン描き、下絵付け、上絵付をした作品で、この半年間に学んだ、全ての技術が網羅された作品になりました。 まだまだ、プロの領域には近ずくことも出来てませんが、着実に、そして予想以上の速さで技術の習得が出来ているのではないかと思える作品です。



それでは。又。
Have a nice pottery day!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ノーマン陶芸放浪記 大鉢の装飾 ノーマン趣味悠々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる