ノーマン趣味悠々

アクセスカウンタ

zoom RSS ノーマン陶芸放浪記 絵付け師のイッチン描き

<<   作成日時 : 2018/10/23 06:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

空気が澄みきったすがすがしい秋の空。 今日も頑張るぞ。

昨日は、大物作品本焼きが沢山出来ました。油滴天目の大鉢、綺麗な油滴が出ました。 やった。 でも、少し残念なことが。 それは後日。 ブロンズ釉の大鉢。

そして褐色の綺麗な飴釉の作品が3点。 自作の飴釉の作品。



画像

そして、2枚のご飯茶碗のイッチン描き。 左の写真を見て下さい。 少し、写真撮影のライティングが悪いので、見難いですね。 これはプロの職人さんの作品なんですが、昨日はこの絵付けをやってました。

桜の花びらが咲き乱れている絵付けです。 桜の花びらなんて簡単に描けるよね。 と思っていませんか。 私もそう思っていたんですが。 桜のはなびらは5枚。 これをフリーハンドで下書きなしでイッチンで描くんですけどね。

結論から先に、これ以外に難しい。 花びらの大きさがバラバラになるし、6枚になったりして。 絵付師さんのイッチン描きは線が細く同じ大きさ。 そして、バランスが良い。

試しに鉛筆でノートに書いて見て下さい。 最初は綺麗な桜にならないと思いますよ。 絵付師さんに鉛筆で書いて貰って、それを真似しようとしても、綺麗さが全く違う。

絵付け師さんにイッチンで書いて貰ったら、凄いし、早いし、綺麗。 参りました。 

話は少し変わりますが、一ヵ月程前に作った、小ぶりのご飯茶碗ですが、100%磁器土なんですが、プラスチックの保存箱からだしたら、いまでもしっとりして、色々な加工が出来そうです。 削りも線彫りなども出来そうです。 

この作品に職人さんに描いて貰って、自分で描き始めたら、バチンと割れてしまった。 ”オーマイガッド” 又、やった。 これで、何枚目だろう。 兎に角、磁器土は弱い。 断面を見ると、超薄。 軽量にしようと玉ねぎの皮を最後の2枚程に削ったものですが、ちょっとやり過ぎたかな。 これで、3枚作ったお皿は後残すところ一枚。

画像

これが職人さんのコーヒーカップ。 白い磁器肌に描かれた、ピンクをベースにした絵付け。 持ち手の仕上げや接着なども非の打ちどころありません。 プロと言うのは、全ての作業に全神経が集中されて作られているんですね。

と言うようなことで悲喜こもごもの一日でした。

 

今までは、基本的な技術を取り敢えずやって見ようとして来ましたが、これからは、その質を高めながらやると言う事が必要かなと思ってます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ノーマン陶芸放浪記 絵付け師のイッチン描き ノーマン趣味悠々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる