normanrich陶芸悠々

 今晩は、今日は朝から雨でうっとうしいですね。 この寒さで、陶芸の方は相当スローダウンの状況です。
話は変わりますが、陶芸の方は、南部の陶芸教室を一区切り付け、やはり、念願の陶芸スクールを目指そうと思います。
画像
norman.tomita陶芸悠々に”二体型 成型のやりかた”の記事をアップしました。)

 この一年間の南部の陶芸教室はどうだったんだろうと考えるんですけど、正直、余り得るものがなかったように思います。 でも、最近この考えかたじたいが間違っているのではないかと思います。 陶芸教室のスタッフはあくまでも、ボランティアの活動で、その活動で何かを得ることを考えるの間違いではないかと思ってます。
 そうなるとやはり、このスタッフ申し出を受けたのが間違いだったと思います。 当初の思い通り、断るべきだったと思ってます。 スタッフの方々が16名程居られますが、その方々の苦労が分かったように思います。 でも、一部には、ボランティアでないそう側面を持った方もいますが、僅か16名の組織で、人の塊と言うのもいろいろとあるもんです。

 真面目に陶芸講座をよくしようと努力しようとする人もいれば、長年のやり方に安住して、反対ばかりする連中も。 いくら、ボランティア団体と言えども責任者レベルのスタッフには制限を付けるなどして、若手にバトンタッチして行くべきと思います。 陶芸講座での活動は何も問題はなくても、この組織のごたごたは閉口しました。 

 この一年間の無駄を取り返す意味でも、陶芸スクールに行くことにしました。 と言っても、これは私の選択ではなかったのですが、陶芸スクールが定員一杯と言うことで、言わば、ウェイティングの状態だったんです。 
 再度連絡を取り、面談を受けるまで漕ぎつけました。 窯元の陶芸スクールと言うだけあって、多分、若手の育成の場ではないかと思います。 将来の陶芸界を担う人たちの養成スクールと思います。

 その意味では、年齢的に失格かも知れませんが、入学が出来るように面談で頑張るつもりです。  昨年は、
YouTubeがかなり伸びました。 なんとアクセスが23万回、そして、チャンネル登録者が550人にもなり、特にチャンネルの登録者は550名を突破しました。

 ブログの方は、各ブログともに月々3000~5000のアクセスがあります。 これもひとえに支えていただいと陶芸の友人たちのお陰と思ってます。 感謝いたしております。 今後とも厳しい指摘をお願い致します。 
苦言は薬、甘言は毒
と言う言葉もあります。 いろいろな指摘やアドバイスを受けながら、少しづつ改善をしてきました。

 今の問題はこのブログで。 他のサイトとの連携が出来ないし、記事は一度読んだら終わりにしかならない構成ですので、当初の予定どおり、他のブログへ移行すべきではないかと思ってます。

 そこで、この一年間手つかずのnormanrich陶芸悠々に移行して行こうと考えております。 この際、ブログの名称も変更します。

  normanrich陶芸悠々から、ノーマン陶芸悠々に変更します。 URLにあくせス変更はありませんので今まで通りのアクセスで問題ないと思いますが、問題があれば下をクリックしてください。

       norman.tomita陶芸悠々 http://www.ichiban-1.com/  どちらでもクリックでサイトへリンクします。

海外からのアクセスがありますので、こんな英文入りの名称にさせて下さい。

 今後とも宜しくお願いします。 当面は、このブログは陶芸を主とした日記的に、そして、norman.tomita陶芸悠々は、陶芸のバイブル見たいに情報を蓄積して行きます。

 宜しくお願いします。
 
 

 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック