陶芸 (練り込み)

新年明けましておめでとうございます。 本年も健康で輝かしき年でありますようお祈りいたしております。

画像


画像
ベニスビーチ Photographed by Julian T. (次男)
画像
クインシー(ボストン)
  綺麗な太陽 世界中、どこに行っても同じはずが、中近東では灼熱の鬼の太陽。。見方、環境で同じものも違って見える。。。これ不思議。。

  • 今日も新年の暖かな日差しが窓から差し込んで来ます。。。やはり、太陽は命の元なんですね。。。暖かな太陽を浴びると、今日も生きていて良かった。。。今年も頑張ろうと言った感じになります

  •  それにしても、年末から年始にかけて忙しかったこと。 実は二人の息子が、アメリカと南アフリカから帰ってきました。 それにうれしい事に、南アフリカから、長男のフィアンセを伴って。。。ブルーの目をした『マッサン』のエリーをちょっと、若く、そして、気持ち強い感じ。。。。

  •  お陰で毎日が英語での生活に。。。ああ~疲れた。。。やはり日本語がいいですね。
  •  結婚式は4月に南アフリカのダーバンで。。。飛行機で約24時間かかります。。。本当に地球の裏側へ行く感じ。
  •  2年前にアメリカに久々に行ったときに、疲労で体調をくずしましたので、果たしてこの気の遠くなるような旅行に耐えうるのか? 心配。。。。。

  •  でも、南アフリカも行って、色んな所を見たいし、なんせ、長男の結婚式なんだから、行かん訳には。。

  • 孫が、出来たら。。青い目をした可愛い孫ができるでしょう。。。。

  • 南アフリカから、黒い可愛いフィアンセを伴って来るのかと、 一時は思った事もありましたが。。。

  • 福岡の実家の近くの佐賀市で食事 青い目の嫁さんが、魚類はダメとの事。 佐賀牛で有名な『季楽』で親戚との食事 南アフリカは日本の気候に似て、四季があり、海に近いのに、食用の魚の種類は少なく、魚は下流階級が食べるものらしいです。。。何と勿体ない。。寿司も、刺身も、貝も ロブスターも食えないって、食文化の半分以上をミスっているのがわからないのでしょう。。。肉と、野菜だけの食生活なんて。。びっくりポンです。。
  • 画像
    ホームページより、鉄板焼き:

    ニューヨークの”べにはな of Tokyo”と言うロッキー青木のお店を思い出します。 神戸牛の高級レストランです
    シェフが、大きなフォークと包丁を回しながら、お客さんの目の前で肉と野菜を大きな鉄板の上で調理するパーフォマンスがアメリカ人に大受け。。。包丁をくるくる回して、肉を切って、最後は鞘に納めるしぐさがサムライのイメージと重なるようです。 これでロッキーは大成功をし、アメリカンドリームを果たすことになります。。。。。

  • 特上の佐賀牛。。。最初出てきた時は、牛脂かと思いました。 《あれ? まだ肉は出てこないのと思わず言ってしましました。。。》 そしたら、兄貴が、そいが肉じゃけん。。佐賀牛の最高の肉たい。地元の人間もこの肉をたべたがっとるけんね。。。誰かが、神戸牛も、松坂も種牛は、元々は佐賀牛ちゅていいますもんね。。。》100グラム 3000円もする肉です。 テレビで時々見る、舌の上でとろける~~と言った肉です。 私の庶民感覚では、どう見ても脂にしか見えませんが。。外人さんは神戸牛とか、松坂を食べると皆驚きますよね。。エリー(本名はCailin アイリッシュ系の名前か?)に聞いたら、やはり、この高級肉が、この店で出るステーキ肉より美味しいとの事でした。 へ~~!!! でも、私にはあの噛みごたえのあるアメリカンビーフの方が肉を食べている感じがして好きです。。やはり、貧乏育ちにはこれが合うのでしょう。。
画像
時間の関係で、ランチです。 
写真のコースで、4900円 その内、手前の肉だけで、殆どか。。。

(九州弁で) そればってんほんなこて皆喜んで貰って良かったとね~~ 肉も旨かかばってん、 サービスもほんな事よかけん、来てよかったばい なつかし、兄弟、親戚の会話でした。。。きつかったけど、久々に皆に会えてよかったと。。。!!
 このレストランは、博多や東京にもあるそうです。 佐賀の地元の人もめったに行けない高級店とか。。と言っても大阪・東京には、高級ステーキハウスが沢山ありますから、何と言う事ないですけど。。

マッサンカップルに、親戚に南アのお土産を持ってくるように言ったら、やはり、ルイボスティーでした。 安くて軽いと言うことでしょう。 親戚に配ったら喜んでくれました。 皆、ルイボスは知っているし、飲んでいるんですね。。。知らんかった。 ルイボスティーを飲むことで活性酸素を除去し抗酸化作用で老化防止、美肌、健康を目指しましょう! などなど、ネットで沢山の宣伝や説明があります。 最大の特徴は、やはりカフェインフリーと言う事、そして、カフェインによる害がないことでしょうか?
画像
ルイボス。 針葉樹様の葉を持ち、落葉するときに葉は赤褐色になる。南アフリカ共和国は西ケープ州ケープタウンの北に広がるセダルバーグ山脈(英語版)一帯にのみ自生する。乾燥した30度以上の温度差の高い場所を好むため、セダルバーグ山脈以外での栽培は失敗に終わっている。 ウィキペディアイボスティーより

 今週は、最近取り組んでいる、バラの練り込みです。 もっている顔料の関係で、青と緑で練り込みました。
青はこんな感じ、緑は本焼き中。 本命のピンクは4点中3点が、乾燥で割れてしましました。 部屋の温度が
低すぎて、歪が出たのではないかと??
画像
苦労に苦労を重ねた結果の作品ですが、8つのレイヤーのグラデションは良くでてますね。。。これを出すための粘土の練り込み、そして、色の薄い順での重ねと伸ばし。。本当に手間のかかる作品です。
画像
この作品もレイヤーはOK。 最後に巻き込む、ピースの大きさと数をしっかりすれば、バラのイメージがもっと出るでしょう。 今回は巻貝のイメージと言う事にしましょう。


 しつこく、これでもかと言わんばかりにYoutubeに練り込みの技法をアップして見ました。 全体を動画で取って編集した方が簡単かも、でもまだそこまで腕が付いて行ってません。。参考になれば、幸甚に思います。
 
練り込み顔料の比率ですが、Youtubeでは数%と書いてますが、メーカーや色などで違うようです。 ピンクは2%程練り込んだんですが、若干不足のようです。 メーカーに問い合わせたら、5%~10%ととの事でした。 又、失敗か? 緑は上手く行くと信じてます。。 テストピースを作成した方が良いですね。。。
メーカーもラベルに記入したら良いのに。。。。不親切。。。


今年も、気持ちを新たに陶芸、ギター等の趣味にチャレンジして行きたいと思います。
ブログは2周年、ギターは一年、陶芸は5年、ゴルフは数十年、絵画は数年。何とまた世の中の役に立たない事ばかりやっているのか。。でも、でも、 年末には、もっと高きレベルを目指します。

 愛犬ゆうたさん、年金漁師さん(Jimmy?)、Tomさんなどなど、コメント有り難う。 また、コメントお願いします。

Have a nice day!!

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

柴犬ゆうた
2016年01月04日 21:01
「新年明けましておめでとう御座います」本年もびっくりぽんのブログを楽しみにしております。
今回はお正月にふさわしいお話で私の顔も緩んでおります。早く青いおめめのお孫さん抱っこ出来るといいですね。

この記事へのトラックバック