陶芸(2015.5.24)

 暑い日々が続いてます。 まだ、夏には早いのに暑い事。。。。屋外のアクティビティーですっかりガングロです。

<今週の本焼き>
画像
いずれの作品も、織部と透明釉薬で仕上げました
画像
小物のお皿5点です。 絵付けは、黒呉須とベンガラを混ぜた下絵具で、抽象的な文様を絵付けjをしました。 もう少し、小さな絵の方が良かったかも知れませんがほぼ、満足の出来栄えです。

画像
ゴルフボール大の急須3点。 全体に良い出来ですが、1点は注ぎ口の内径が細く、尻もれが出て使い物になりません。 これはたたらで作ったもので、加工の時に締め付け過ぎた様です。 水を入れるとちょろちょろとしか出ず、尻洩れが出ます。 注ぎ口から口で空気を入れると、スムーズに空気が通りません。 こんな所に尻洩れの原因があるとは初めて知りました。
画像
ホタル彫の器です。 ポンスで開けた穴が大きく、穴空きが心配でしたが、幸い全ての穴が、筆で塗った透明釉薬で埋まりました。 残念なのは、外に掛けた織部が穴に入り込み、透過する光が少なくなりました。

画像
25cm程のお皿です。櫛目に黒化粧で象嵌した波の文様が上手くでました。
画像
この皿もいい出来で、パスタを入れて食べたいと思います。 マイナスのポイントは、削りの時に柔らかすぎて上手く仕上がっていた底が若干波打ってます。 やはり、削りはベスト硬さでやるべきです。

<今週の作陶)


画像
南部陶芸教室での作品。 今週のテーマは筒物で花器を作りました。 2週に亘っての製作ですが、1週目で普通の花瓶を作り完成です。 2週目することがないので、思い切って変形をさせ、色々の付属の装飾を加えました。 お陰で、完璧な堕作になりました。
画像
バラの花と、葉っぱと枝を加えました。 実に野暮ったい作品ですが、何とか釉薬で誤魔化せないか思案中です。 実物はもっと良く見えるのですが、写真の作品は何となくぼってりの作品です。
自宅での作陶、お皿2点。
画像
26cmのお皿。 乾燥中ですが、内側に印花をしました。 ちょっとやり過ぎ。 ストリーが有りません。 成形は電動ろくろで、半磁土1kgを使い成形です。 筒上げがだいぶ上手くなって来たようです。 ぶれもなく綺麗な仕上げが出来ました。 後は、削りのタイミングを良く考えて仕上げたいと思います。。。。。削ろうとして見ると。。。大変。。。底に5cm程のクラックが入りました。 印花の後、念のため、しっぴきで再度切り離した時に多分ストレスが掛かったたのが原因かと???? 残念
画像
28cmのお皿。 半磁土1kg。 上と同じ作品を作ろうとしたのですが、淵の立ち上げを失敗して一度潰しました。 その後、もう一度、土を練り仕上げましたが、土が軟らか過ぎて菊練りが出来ませんでした。土殺しで空気をしっかり抜いたつもりですが、気泡が残っている可能性が有り、割れが心配です。 本当であれば、もっと乾燥させ土練りをしっかりし直した方が良いのですが、手抜きの作品です。 Good Luck!



画像
と言うことで、割れた皿をバケツで溶かし、練り直して作陶しました。 今度は、印花は最低限度にします。 今の状態で切り離してますので、印花の後は再しっぴきなしで行きます。 直径 25cm 土 0.9Kg
画像
もう一枚お皿を作ろうかと思いましたが、電動ろくろで丸い作品を久々に作って見ました。 底の部分をもう少し削れば、もっとスマートな良い作品になりそうです。 高さ、20cm 土、0.8Kg


 絶好調だったゴルフが低迷気味です。 恒例の会社のOB会では、76でベスグロに一打届かず。 又、同窓会のゴルフは、87の大叩き、出だしの一番ホールからなんと、Par5を8打です。 それ以来ゴルフに熱が入りません。 日常的な河原の練習ラウンドでも、Parプレイがやっと、悪い時は、バーディーなしの4オーバーの体たらくです。 取り敢えず、陶芸とギターに専念し、ゴルフのやる気が起きるまで、ぼちぼちやって行きます。

 猛暑の折、ご自愛ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

柴犬ゆうた
2015年05月28日 18:09
織部のお皿達は実に爽やかですね。そしてかわいいです。久しぶりに丸い花瓶、何時も素敵な形で、これぞノーマンさんのイメージです。
南部の私の作品も花瓶です。ドベを厚く塗り、ひび割れをさせて、釉薬の濃淡を出せたらいいなーと。でもどうなるやら?何時もの事ですが。
ノーマンリッチ
2015年05月29日 18:57
ゆうたさん
 どべでひび割れですか。面白い作品になることを祈ってます。
壺で、ひび割れをさせる方法があります。 成形が終わったら櫛でちょっと深めの傷を入れガスバーナーで表面を焼き、内部からさらに広げると、大きな割れが出ます。プロパントーチがないと出来ませんので、南部ではちょっと無理かも? 作品展で見せて下さい。
柴犬ゆうた
2015年06月01日 22:12
有難う御座います。バーナーで焼くと本当にひびがいったようになります。私のは、小さなタイルが、ばらばらになったような感じなんです。言葉では上手く表現できませんが、私のイメージなので、まっ!想像どうり出来たら作品展で見て下さい。私はまともな作品が作れません。前衛的になるので・・・おかしいね。

この記事へのトラックバック