陶芸(2015.1.15)、音楽

寒い日々が続いてます
皆さんお元気の事と思います。お正月もあっと言う間に終わって、成人式も終わり、もう一月中旬です。
今年も、全く季節感のないお正月でした。 子供たちが海外から帰って、久々に家族全員で過ごせたのが唯一の良い思い出になりました。

 ちょっといい話!!!

  • その一: 陶芸を再開:
    冬場の自宅の陶芸は寒くてつらく、当面止めとこうと思ったのですが、陶芸の虫が動き出した様で、寒さに震えながら作陶しました。 後は、楽寿荘での月一回の陶芸教室。 そして南部の生涯学習センターでのグループ陶芸です。 これには参加の予定はなかったのですが、メンバーが足りないと言う事でお誘いを受け参加することにしました。 一人当たり、9Kgの土で自由作品です。 室内で電動ろくろが使えます。 今週の作品を含めて10点程作陶中です。

  • その二:失くした小銭入れ:
    最近は良くものを失くすのですが、先日も小銭入れをなくしました。今回で2回目ですが、2回とも見つかりました。 親切な方がおられるもので、拾ってゴルフ場に届けてくれてました。 大したお金が入っている訳ではないのですが、ものを無くすとこれが気になって気になって仕方がありません。 最近は日本人の美徳が失われつつある中、まだまだ良識(心?)のある人たちも沢山いるんですね。

  • その三・ギター;
    自分で言うのも何ですが、古賀メロディーがうまく弾けるようになって来ました。 また途中でギブアップすると思っていたのですが、毎日、朝昼晩と計5時間程練習を続けてます。 やれば何とかなるものですね。 次のステップを目指して、ギタースクールに行くようにしました。 沢山のギタースクールがある中で無償体験を受けさせて貰って、ヤマハの大人のギタースクールを受講する事にしました。 やっぱり、基本が大事で、何事も基本から外れると結局は遠回りをすることをゴルフや、絵画の経験で知っているからです。陶芸も全て基本が大事ですよね。ヤマハは全国展開をしているだけあって、お値段もTopクラスですが、体系的な指導をしてくれそうです。。。
    余談ですが、先日、第一楽器さんの教室に体験学習に行って来ました。 いろんな話をして結果は、この先生とは余り上手く行きそうにないので止めにしました。個人教授ですので、やはり、先生とうまが合わないと結果は分かってます。 その時、自分で言い出してギターを始めてから、一か月の成果をお披露目することを申し出ました。曲目は「古賀政夫の酒は涙か溜息か」です。全く厚顔無恥無知と言うか???? 楽譜を見ながら弾いたんですが、途中でひっかっかり、とたんに、足ががくがく、手がぶるぶるで、体が固まってしましました。 元々上り症ですので無理からぬ話です。 後から考えると、恥ずかしい。。。。友達も同じ様な経験をしているそうで。家ではうまく弾けるのがライブハウスで人の前で演奏すると全く私と同じ症状で、家での十分の一程しか演奏出来ないそうです。 一か月のど素人ですので当然ですよね。。。

  • その四: Blog1周年;
    先日、Biglobeから一周年の連絡を貰いました。 一昨年の末から開始をして、良くも一年も続いたものだと自分自身感心してます。 やっぱり、暇なのかな? 陶芸のHomepageの更新が出来てませんので、そろそろ更新をしたいと思います。 面白くもないBlogを閲覧いただいた方々には感謝感謝です。

  • その五:三等列車と三年;
     昔々の話ですが、人生の師匠とも言える高名な方のお二人のお話です。①長い間生きていると色々な人に出会うものです。でも、立派な人にお会いする機会はそんなにありません。 ある人曰く、「三等列車に乗っている人は、三等の人にしか逢わない」。 今や三等列車などありませんが、今はエコノミークラスですかね。 でも、これは金持と貧乏人という意味ではありません。 仁徳とか、心の在り方。 結局はその人の命のレベルと言う事でしょう。 私なりに解釈すれば、結局は自分が三等列車にしか乗れない人間と言うことでしょう。 もっと、磨いて行かなければ。 その②三年:何か事をなそうとした場合、「三年やれば、プロ並みのレベルにはなれる」と言うことです。 兎に角、一生懸命三年やれば、それなりのレベルに達する事が出来ると言うことです。 その時大事な事がやはり、人との出会いで一流の師匠に出会えば、結果は目に見えてます。 残念ながら、まだそんな人にはなかなか出会う機会がありません。 でも、生徒さんで良いものを持っている人は沢山います。 だが、残念、その人が良い物を持っているのを気付いていないのです。 磨けが石ころが玉になるのに。。。もったいない。。。早く、一等車に乗れるようになりたいな。。。「石の上にも3年」という言葉もありますが、こんなものくそくらえと言う感じです。 先が見えているのに3年も待てるか。。突っ走るまでです。
  • その六:目まい
    MRI検査を受け、異常なしでした。 良かった!!!!!友達に散々脅かされて内心は心配していたのですが、やはりお医者さんの診断通り、加齢とストレスの様です。今はお医者さんがくれた薬を毎日服用して全く問題なしです。 いつもであれば、治ったらすぐに薬を止めるのですが今回ばかりは、最後まで服用するrことにしました。 今回ばかりは、歳と死を感じました。自分では若くて健康なつもりですが、やっぱり歳をとっているようです。 でも良かった!!!!

今週の陶芸作品:
 相変わらず、蓋物が多いです。 陶芸教室では、たたらで作品を作って行きたいと思います。たたらは焼成で曲がったり、剥離したりしますので本当は好きではないのですが、電動ろくろと違った作品が出来ます。 上手な人は、紙型を作って、その上、スタイラフォームなどで型を作ってやってます。しかも、仕上げが丁寧で、長時間、綿密な作業をやってます。 丸ではなく、異型の良い作品が出来てます。
 
画像
画像


今週の本焼き:
 たたらで作ったフルーツバスケットです。剣山を使えば、活け花の水盤にも使えると思います。全体に印花で文様を押しまくり、バケツの底を使って(型)、丸いたたらで作った円盤の粘土に六ヶ所に切れ込みを入れて作等。 釉薬は印花の文様が出る様に飴釉です。まずまずの出来でしょう。 でも、センターがずれていること、又、内部の釉薬が厚すぎて印花の文様が隠れてます。 作品がでかすぎて、釉薬のバケツに入りきらず、柄杓で掛けた結果、釉薬の厚塗りになったのが原因です。
画像
画像


 トロフィーの修正品: 以前に制作した同窓会のゴルフコンペ用です..ブログで、窯入れの時、右端の耳(?)が折れたことを書きましたが、どう見てもバランスが取れません。 そこで、別途、右側の飾りだけを作って接着することにしました。 折角ですから、6期生の6と学校の校章を付けて見ました。接着は、陶器用の二液性のもので、約8時間で固まるものを使ってます。 今は位置決め用にテープで押さえてありますので、これを差し引いて見てください。 見栄えが格段良くなったように思えます。
画像
画像


左:修正後、 右:修正前 ビフォア、アフターです。

 今週は、特に文字が多くなってしまいました。 申し訳ありません。 それでは Good Bye!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

柴犬ゆうた
2015年01月19日 07:28
ブログ、一年オメデトウ御座います。これからも幅広く更新お願い致します。楽しみにしております。

この記事へのトラックバック