陶芸 (花器 透かし彫り)

透かし彫りの花器3点を紹介します。
画像透かし彫りの花器は、2重の壺になってます。中に、円柱のものがあり、その外の部分にナイフなどで透かしの模様を入れる技法です。正式には教えてもらってませんので自己流ですが、中の円柱の筒は、たたら(粘土をのばした平板)で作り、外は首の部分まで紐作りで粘土を積み上げて行きます。 首の部分まで外側が立ち上がり、膨らみ等が出来たところで、中用の円柱を差し込み、首のところで、外の花瓶の部分をすぼめて行き、内部の筒と外側の部分が合わさり、後は、首を立ち上げて行きます。
 当然ながら、外にナイフで模様を切り取ると、そこから水が漏れますので、2重にします。



 透かし模様のタイミングですが、削りの後でナイフなどで粘土を切り、模様をつけます。 私の場合は、作陶が終わり、一晩位乾かすと粘土が固くなり始め、外圧で変形をしなくなります。 外周 及び、高台等の削りを終え、透かしを入れますが、余り粘土が軟らかいと上手く切れません。又、固くなりすぎてもこれも難しくなります。
 作陶時は、余り厚く作らないこと。 厚すぎると切るのが大変です。 又、切りくずを出来るだけ、内部に落とさないように注意しましょう。 切るのに時間がかかるようであれば、通気性の少ないビニール袋に入れておけば乾燥を遅らせることが出来ます。 ある程度更に固くなった段階で、エッジ等の処理を入念にやると奇麗な作品が出来ます。 施釉は、ずぶ掛けでも、吹き付けでも可能です。 2重部の筒への施釉薬は余り、入念にやる必要はないと思います。
画像粘土: 赤
釉薬:鉄赤、 上部: 赤鉄に白萩の2重掛け 
透かし模様: 薔薇
 薔薇の模様はそこそこ表現出来ていると思います。 模様を見ていただければ分かりますが、穴と穴の距離は少々近くとも結構上手く加工出来るもんです。
 墨や針などで下絵を描き、その線に沿って焦らず、粘土を切って行きましょう。 何度も繰り返しますが、粘土は軟らかすぎず 又、固すぎずです。 
 又、肉厚も厚すぎるといけません。 花瓶が2重になっている事もあり、総重量も厚いと相当重くなります。



画像粘土: 白
釉薬: 天目 上部: 白萩の吹き付け
模様: 幾何学模様(適当)
口縁: 切れ込みを入れ、花ビラ模様を付加(写真では、見え難いですが、口縁を厚めに作陶し、轆轤で回転させながら、針で切れ込みを入れます。 切れ込みの部分を、木ゴテなどで数ミリ開き、3カ所程開いた部分を閉じます。



画像粘土:白
釉薬: 下 天目、 首 及び 内部 黄瀬戸釉
模様: 適当



画像穴あけ用の道具ですが、丸い穴であれば、陶芸ショップでポンスと言う道具を、1000円位で売ってます。数ミリから、7~8mm程度の穴をあける真鍮の道具です。 買うのが勿体ないのであれば、壊れた傘の骨を切り、グラインダーか、やすりで斜めに削れば、穴あけの道具になります。土に刺し、くるくると回します。 これと、百均の小型のOLFAのナイフを使えば十分です

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック