ノーマン趣味悠々

アクセスカウンタ

zoom RSS ノーマン陶芸放浪記 絵付け練習 市松文様 ちょ〜難しい

<<   作成日時 : 2018/06/18 15:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

ワールドサッカーも始まり、しばらくは不規則な日々が続きそうです。 でも、最近の日本サッカーの低調で余り期待できないのかな。。でも応援はしたい。 ゴルフの方は、全米オープンが終わって、期待の松山も今年はもうひとつ。 今年は、16位かな? でも、予選落ちすれすれだったのが、最終は20位以内ですから、やっぱり、すごい選手なんですね。

それから、MLBでは、エンジェルスの大谷が故障、そして、ヤンキースの田中も。今年は、海外で活躍する日本人スポーツ選手にとっては厄年なのかななど思っている今日この頃です。

やはり、体力という言うか、基礎的な架台が根本的に違うんだろうね。 最近の若者は身長も伸び、体も大きくなってきたけど、やはり、黒人や白人選手たちとは、まだ差があります。 この差を埋めるのは、後一世紀位かかるかも知れないなと何の根拠もなく思ってます。 当面は、日本人は文化・芸術の世界で活躍をした方が良いのだろうか?


びっくりしたな! ”ど〜ん、ぐらぐら、ガチャン。” このブログを書いているいる間に、地震が。。今までは、こんな大きな地震を遭遇したこともなかったので、びっくり。

皆さんの安全を祈ってます。


画像

左の写真のように飾ってあった沢山の陶芸作品の内、数点が落下して割れてしまったり、食器棚のお皿が、滑り落ちそうになって、大事なものが数点お釈迦。 家では、地震対策をしていたので、ガラス扉が開かず、ドアに挟まれた状態で、最低の状況で済みました。


少し落ち着いてライフラインのチェックを、テレビはついているので電気は問題なし。 そして、ガスは非常停止が効いたのか、ストップ。 安全の為、取り敢えずこのままで。 水の確保。 先ほどのテレビニュースで、高槻と枚方を結んでいる淀川の上の水道橋の鉄管から、水漏れを起こしている動画が流れていた。 もしかしたら、水道が停止する可能性があり、取り敢えず、風呂に水を溜める。 良く見ると茶色水が出ている。 

慌ててスーパーに水の買い出しに。遅かった。 タッチの差で、全ての水が完売。 500mlがやっと一本。 皆さん、動きが早い。

今週、絵付けやった素焼きの6寸皿3枚の上にも、小物急須が載っている。 ”あちゃ〜、割れたか”と思いながら、そっとどかして見ると。 なんと奇跡が起きた。 全て無傷。 不思議。 湯呑サイズのものが落下しているのに割れてない。 そして、無傷。 これから、奇跡のお皿と呼ぼう。


画像

テレビで菅官房長官が官邸に緊急の対策本部を設置したと言っている放送がながれたけど、枚方の緊急情報の放送もないし、メールもない。 この国はこのような事態を想定して、いろいろな対策を講じているはずなのに何のリアクションもない、一体どうなっているんだろう? 結局は自分で自分をまもるしかないのか?


それにしても守られている。 今日は陶芸スクールは臨時の休講。 それでなかったら、京都からトンボ帰りになるところだった。 それから、今日は雨が降っていなかったら、早朝ゴルフへ高槻のゴルフ場で行っていただろうから、あの水道橋の下でゴルフをやっているところだった。 日頃の行いのが良いのかな?


それでは、奇跡のお皿を見てください。


画像

こちらが、前回の朝顔の絵付けです。大きく、二つの問題が。


もっとも悪いのが、骨書きの濃度。 絵付けの職人さんに見てもらったら、骨書きの濃度が薄い。だから全体的にぼやけて見える。 骨書きの濃さをもう少し付ければ、全体がもっと締ったシャープな絵になるとのことでした。 2番目は、だみの問題。 やはり、濃淡や筆先の跡が出ています。


画像

こちらが、今回描いた、6寸皿の”市松文様”です。 如何でしょう?

先週末には、割れた素焼き皿を持って帰って、だみの練習して絵付師さんに見てもらったら、”だみの練習をするのであれば、市松文様の練習をした方がいいですよ”と言われました。 ”だったら、たたらで素焼きの平皿を作って練習したらいいですか”と確認すると、””いや、やはり、お茶碗などの球面で描いた方がいい”と言われました。

そだね。 破片でやっても気合が入らないし。 本焼きをして見ないと分からない部分もある。 こまったな、今のところ、素焼き予定の作品はないし、どうしよう? そこで、閃いた


”窯元で、B級品や、不良品はありませんか?””捨てるようなものがあったら、安く引き取りますよ”と言うと”ありますよ”だって。 やはり、しめた。 そこで、倉庫に行くと、沢山の素焼き品や、本焼きされた販売用在庫とB級品と言われる、欠陥のあるものが沢山(これは、素人目では何が問題なのか分からに程度のもの)あります。また、窯元では廃盤になった商品も。 お宝ザクザク。  ”ほしいものと選んでください”と言われたので、今回の6寸皿を選んで来ました。 ”練習用ですから、出来るだけ安くしてください”と言って、わけて貰いました。 しめた、宝の山を見つけた。 それも、今回のお皿は磁器なんです。  絵付けをやりたいので、次は磁器をやろうとしていたところなので、万歳!!

絵付けをやるためには、割り付けをする必要があります。 割り付けは、段ボールに丸い枠線を、コンパスで書き、分度器で分割線を描きます。 又は、手回し轆轤の3分割のラインを使い、24分割ラインを書きます。 丸い線は、ろくろに載せ鉛筆で。 作品の中央などに分割ラインが見えますね。 そして、市松文様に。 そして、市松の枠線を骨書きで書きます。 この濃さが全ての基盤になりますので、水で少しずつ薄めて行って、試し書きをしながら、筆先がひっかからないベストの濃さを探します。 そして後は、枠線全てを骨書きします。 


画像

骨書きは慎重に。濃さや線の太さがかわらにように。この為には、筆に呉須を付けてやる方法と頻度が大事です。 骨書きようの呉須を少し浅めのさらに入れ、呉須を底から攪拌して、常に均一の濃度に。 呉須はすぐに底に沈殿しますので、そこから十分攪拌して、筆さき全体に呉須を付けます。 そして、しごき方は、何回どこをしごくかを決めてやります。 根元を3回、先を軽く数回とか。


つぎはだみ。 だみの調整。 先ほど骨書きの呉須を茶碗みたいな器に移します。 そして水を、加えて濃度を調整。 水を加えて、試し書き。 先ほどの骨描きの試し書きの上から書いて、少し、骨書きの線が見えるほどがベスト。 骨書きの濃度が試し書きが適度であれば、線は少し盛り上がった感じになります。 そして、その上に、だみ用呉須で書いてやるとその盛り上がった、ラインが見えます。 見えないのであれば、骨書きの濃度が薄過ぎたのか、だみが濃すぎる為です。 絵付け師がやると、骨書きの線が綺麗に見えます。 こればかりは経験ですね。 


画像

まだ、市松の説明ですが、結構いいできだと思います。 準備した、だみ呉須をたっぷりと筆にぬります。 これも経験で覚えていくしかありませんが、筆さきの呉須を塗りたいところの最初の部分にたっぷりと落として、溜りを作ります。 そしてこの溜りを筆先でひっぱって広げて行きます。 この溜りに筆毛に含まれた呉須が少しずつ連続的に供給されていく必要があります。 筆をたてれば、呉須が流れ出し、水平に近ずくと、流れが止まります。 又、逆に下を向くと、筆先が呉須を吸い戻します。

この原理を利用してだみをふせていくのですが、最初は筆を立てて、呉須を流し、器を傾けながら、筆先で呉須を引っ張り広げ、最後に来たら、筆を寝かせて余分呉須を、筆に戻します。 筆のしごきが少なくては、呉須があり過ぎると流れてしまいます。 でも、大丈夫、よっぽど多くない限り、骨書きの枠線が堤防となって枠からはみ出すのを防いでくれます。 最悪あふれだしても大丈夫。 鉄カンナの剣先で軽くこすって呉須を落とせば修正出来ます。 ですから、思い切って、呉須を溜めてやることを覚えてください。


市松の文様は、写真のせいもあり立派に見えますが、私も染付初心者です。 一度、染付をして見ると、濃淡はばらばら、上手く出来ているところもあるし、そうでないところがほとんど。 やはり、筆先が当たっている。又、呉須の攪拌も適当なのかと思います。 その、唯一上手く行っているところは、呉須をしっかり、溜めて、4画のマスから溢れそうになったところなんです。 骨書きが堤防となり、呉須を堰き止めてくれます。そして、筆を傾けて、最後の部分で毛先3本くらいで吸い上げてあります。

この作品は、だみを2回やってます。 これは、鹿児島辺りでもやる技法で、2回塗りすれば、筆跡もそれなりに消えてくれます。2回塗りでもたっぷりと溜めて最後まで筆先で広げて、吸い上げます。 少し、濃ゆ過ぎるかなと思ってますので、下の骨書きの線が見えてますので、焼き上がれば、それなりの仕上がりになると思います。


あとは、この応用。 何を書いてみるか迷った挙句。 結局は朝顔に。 NHKのイッピンで見たあの朝顔に少しでも近づきたい。 朝顔のだみが少し濃かったですね。 市松で使っただみ呉須をさらに2〜3倍に薄めたのに。まだ濃いですね。


骨書きは、それなりに描けていると思うのですが。。。。おっと忘れるところでした。 この6寸のお皿は磁器です。今までの、信楽のしろい白以上の鮮やかな青がでるのではないかと期待してます。


絵付け初心者の僅かな経験での意見ですが、兎に角絵付けは楽しい。 陶芸も没頭できるけど、絵付けはさらに面白く、世の中の嫌なこと全てをわすれて、没頭できます。 まだスタートしてない方是非お勧めしてます。 絵付けは楽しいよ。 後は、数をこなすこと。



余震が続くかもしれません。 もう一度地震対策を。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
なんだか地震で気分はブルーでしたが回復。
朝顔も市松模様も素敵ですね🎵 特に磁器だと真っ白ね。
Yokko
2018/06/18 20:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
ノーマン陶芸放浪記 絵付け練習 市松文様 ちょ〜難しい ノーマン趣味悠々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる