ノーマン趣味悠々

アクセスカウンタ

zoom RSS 楽寿荘陶芸教室 

<<   作成日時 : 2017/07/08 20:02   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

今日は楽寿荘陶芸教室の日でした。 南部の方に手が取られてしまって、楽寿荘の第2土曜日の教室は久々です。 久々に教室に行って、何か相当長い間陶芸をやっていないような感じで、自分の作品を作れるのは最高。
画像

みんなでワイワイガヤガヤと陶芸をやれるのは楽しい。

今日も、ルーシー・リーみたいな作品を作ることにしました。 本当は、スリップウェアーをやりたかったのですが、教室にイッチンがない。。そんな。。以前はあったのに、自前のイッチンを持っていくべきでした。 スリップウェアーにはいろいろな技法があるんですが、現代の日本では、高温度で焼成する化粧土を使った技法になってます。 欧州では、色土を掛けて、いろんな文様を楽しんでいたそうですが、今はあまり盛んではないようです。 その当時は1000度くらいで焼成をしていたそうです。

話を本題に戻して、この写真を見て似たような作品を作ることにしました。 でも、どうやって作ったらいいのか分かりません。 こんな背の高いそして、口縁のバカでかい作品を電動轆轤で作ったんでしょうか? いずれにしても、楽寿荘には電動轆轤はありませんし、こんな作品を今の私が作れるわけはないので、手回し轆轤で、紐作りで作ります。 

粘土は、半磁土の白 1kg 作陶時間3時間ほど。 厳しい条件ですね。 
画像

こんな感じです。 胴が狭いのは、土の分量を減らすためです。 やはり、少し、迫力がなくなりました。 

画像


胴の部分を作るのはむずかしくない。 真っ直ぐに筒上げをして、肩より少し上の首の部分を3cm程に締めてやって、後は、柄ごてで赤道の部分から、膨らませて、それを中心に上下を広げて行きます。 ルーシーの作品は、下から数センチ、そこから、大きく膨らんでいます。 これいいですね。 でも、これもパス。 重心が高くなり直ぐ転倒して壊れそう。 膨らませんる時は、柄ごてで内から、そして、平ごてで外から締めて芯を出して行きます。 一度部ロスト収拾がつかなくなります。 この辺りまでは30分。
画像
首の部分だけを作りことにしました。 高く、高く。 この鶴首の部分は、ルーシーのように細くするには、電動轆轤かたたらで作るしかありません。 この作品の首の部分をさかさまにした形で、紐積をしていきました。 13cm程です。 この部分が指が一本入る程度の穴を立ち上げていくのは実に難しい。左手の人差し指を穴に入れて親指で締め、そして右手の親指で寄せて行きます。 これって本当にうまい人しかできません。 おまけに、内側を綺麗に。 そしてもっとも大事な芯をブラさないこと。

そして、広いカーボーイハットの縁の部分はたたらで楕円形をくり抜き、貼り付けました。 これ失敗。 この写真を見ても貼り付けましたと言う感じです。 紐を巻いてしっかりと形を整えるべきでした。 おしいな。 ちょっと違和感があったんだけど、太い紐を巻いての伸ばしながら形を整えたら、こんな感じでは、なかった。
画像
 この広いわっかの部分には、レース文様を付け、花瓶は上から下まで飛びカンナです。

後は、両方のピースをヘヤ―ドライヤーでこれでもかと言うくらい乾かして、どべで接着。 紐を外から巻いて、成型です。 両ピースを接着する時、 見事に上下の大きさが同じで、どべのみで良さそうな感じでした。 これで、高さは28cm程。 おまけに耳をつけて、丸いリングを両方に。。このリングは、”風遊管”とか言うそうです。 本当は耳の輪っかの部分に引っ掛けるそうです。 でも、ネットで探しても、この名前は出て来ません。 風にあおられた、輪っかが揺れるのを評した言葉かと思います。 どなたか正式な名称が分かる人教えてください。

こんなダサイな作品でも、3時間弱で、1kgの粘土で作れるのは、自分でもすごいと思います。 教室の男性の生徒さんは、何やら女体に見えるとか言ってました。 ほんまかいな?

ルーシーの作品をもう一度見ると、鶴首の部分はそれ程細くはないのではないでしょうか? 要するに全体とのバランスで、胴体が大きければ、首は細く見えます。 首は高台の半分、胴の三分の一程もあるように見えます。 そうなんだ、これって芸術感覚の問題なんだ。。違う言葉で言えば、センス、感性の違いでしょう。 たたらの部分も5mmが良かったか?

でも、久々の皆との作品作り、楽しかったな。 又、作りたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
楽しく作陶が出来て何よりです🎵 わたしはカウボーイハットの部分が好きなのでカウボーイ花入はいかが💮 
Yokko
2017/07/08 20:55
バーナード・リーチ風のスリップウェアーが好きです。挑戦したいのですが南部でも楽寿荘でもスリップウェアーの作品を見たことがありません。ノーマンさんの作品期待してます🎵
Yokko
2017/07/08 21:42
お早うございます。作陶の後「楽しかったな」これにつきるかと思います。陶芸は楽しくないと。挑戦して下さい。何時ものノーマン氏で。
柴犬ゆうた
2017/07/09 08:25
追伸
忘れていました。私、今から小学校の同窓会に行って来ます。お隣のクラスの同窓会なのに毎回呼んで下さいます。毎年お会いするのに話が途切れません。じゃ
柴犬ゆうた
2017/07/09 08:40
カーボーイハットはテンガロンハットとも言います。Ten Gallon Hut
よく見ると、耳のところが、紐に見えて。 テンガロンハットを被った若い女性かなと言うことで、テンガロンハット花入とします。
へっへへ(~~) スリップウェアー。 墨流しも、モカもスリップです。 自由作品で、墨流しでやって見たら如何? 私は作れませんので、残念ですが。。今回の自由作品は、2kgで一点ですが、セットであれば、2点できますよ。 1kgであれば、25cm位の中皿は作れますので。。x 2です。
ノーマン
2017/07/09 08:44
テンガロンハット花入🌷いい名前です。お皿を2枚作るのはいいですね。何を作ろうか迷ってたので。1枚はスリップウェアでもう1枚は飛びカンナ掛けようかな〜🎵
Yokko
2017/07/09 09:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
楽寿荘陶芸教室  ノーマン趣味悠々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる