ノーマン趣味悠々

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本の製造業の心を失った富士通パソコン

<<   作成日時 : 2017/06/22 19:59   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

最近は東芝半導体会社の身売りとか、つい最近まで、シャープが台湾メーカーに買収されるなど、ものつくりが得意がった、大手のの製造会社の体たらくが目立ってます。

私にパソコンは今年の2月に、OSのVISTAのサポートが停止されるのに合わせて買い替えたものです。
画像

真っ白な富士通製のWindows10を搭載した商品です。 最近は動画、写真編集などに使いますので、ハイスペックのパソコンがないと使いものになりません。 最近まで、機嫌よく動いていたのですが、最近は問題も。次の写真を見て下さい。
画像
このキーボードの”に”のところを見て下さい。 ”!”に見えますが実は、”i"です。
画像
画像
”K"の部分は右端が消えかかってます。 そして、Nの部分も消え始めてます。
最初気づいたのは先週位なんです、キーボードはブラインドタッチですから、ほとんどキーボードを見ません。でも、iの文字を探したら見当たらない。 そこで、文字が消えかかっていることに気づいたわけです。 よく見ると他のキーボードにも。。 ”これいったい何”。。パソコンを使い始めて、3か月位しか経っていないのに、文字が消えている。

 そこで、富士通のFMVと言うコンピューターのサポートセンターに電話をして、症状を説明したら、その答えがビックリ仰天。 相手は、小川さんと言う女性の担当なんですが。。
 ”パソコン一日どれくらいお使いですか?”と聞くんですね。 ”普通に”と答えると”ユーザーが触る部分は保証対象外”ですと言うようなことを言うんです。 ”嘘やろ” ”キーボードは触るもん違うの” ”たった数か月で文字が消えるなんてありえない”といったら、”数か月ではなく、2月からですから、4ヵ月です”と答えるんです。 

 ここでほとんどぶち切れ。。これあり得ない。 安物のDELLでも、品質・信頼性の高いPanasonicでも、キーボードの文字が消えるなど、5、6年使ったものでもありません。 唯一あったのは、10年以上経っている、PanasonicプラズマテレビのBSボタンがかすかに薄れている程度です。

 キーボードの文字は最近はコストダウンの為、ほとんどがシルク印刷です。 でも、文字消えを無くすために、対耗テストを繰り返して、信頼性の保証をやってますので、ほとんど、製品の寿命までは持つように設計されてます。

 文字が、消えることは保証外、それも、4か月程度でですよ。 そして、交渉していると不承不承それでは、保証扱いとします。 でも、修理の後、3か月経った後は、保証外になりますと言います。 ここで又、ぶち切れ。。3か月程度で文字が消えると言うことは、シルク印刷に問題があると言うことです。 原因がインクにあったり、又、印刷技術に有ったりすると、又、同じ現象になる可能性が高くなります。 これは、明らかに”欠陥商品”なんです。 

 おまけに、無償で交換しますから、パソコンを送ってください。 そして、修理期間は7日間かかりますと、言います。 パソコンが一週間以上もなくなると、困ったことになります。 そんなことは出来ない。 と言うことで、誰か修理員を派遣して家でやってくれと言うと、それでは、5400円位頂きます。 これで、又、ぶち切れ。

 こうなると責任者を出せと言う事です。 後から、電話をして来た責任の話もチンプンカンプン。。こうなると、こちらのトーンもかなり過激になって来ます。 担当者が言っている社内の規定のオーム返しなんです。 自分たちが中国製にも劣るような欠陥品を販売しているのにその自覚もありません。 長くなりますので、短くしますが、こちらからの要求は『無償修理、修理期間を短縮すること。 その検討をして再度連絡してくること』そして、電話がかかって来て結局は”無償修理。 引き取りを25日の日曜日で30日に届けます”でした。 

 責任者としては、このクレーマーみたいなおっさんに最大の対応をしていると思いますが、やはり、パソコンが五日間もなくなるのは困りますし、 パソコンには、いろいろな個人情報がありますので、これを外部に出すのは危険です。 と言うことで、この話は終わりにしました。
 この文字消えの情報をパソコンの製造元にフィードバックさせるとの約束をさせました。

 この会社はダメですね。 機械ものは数パーセントの確率で壊れます。 でもこの症状は数パーセントの話ではないのです。 この商品は欠陥商品。 リコールに値する症状です。 たぶん、このモデルをもっているユーザーの文字はいづれかは消えると思います。 故障と欠陥は違います。 当たり前に使っているのに文字が消える。。ありえない。 商品も欠陥なら、この設計・施造をやっている事業場の品質保証体制も大きな欠陥があるのでしょう。

 この機種だけの問題かも知れません。 でも、私にとっては、初めてのFujitsuでこれが100%です。
念の為に品番を書いておきます。

 FMV A50A3WP Made in China

 やっぱり、中国製。 設計は日本かも知れませんが、作っているのは中国ですから、たぶん現場の品質管理は現地に任せっぱなしなんでしょう。 日本の強みの製造産業が衰退しているのが分かりますね。 利益のみの追求で、日本の強みの高品質・信頼性を忘れてしまったのでしょう。 なんで中国なんだよ。。日本製品はDellなどの海外メーカーよりも、品質・信頼性・サポートで絶対に勝っていると思って買ったのに見事裏切られました。

 皆さん。 富士通の中国製のパソコンはしっかり考えて買いましょう。 ある日、キーボードの文字が消えているかもしれませんよ。 それも短期間で。。そして、それを問い合わせたら、キーボードを叩く、あなたが悪い見たいなあほな回答が返ってきます。 

 ものつくりに携わってきた経験から、シルク印刷の製造過程での問題だと思います。

 いやはや、日本製造業の衰退は速そう。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本の製造業の心を失った富士通パソコン ノーマン趣味悠々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる